だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 表現は自由?だけど下品なフランスの新聞 semスキン用のアイコン02

  

2015年 02月 04日

私はアジアでもヨーロッパでも、海外で麺を食べるときには絶対に啜(すす)って食べることはしません。
また、日本に外国人の客が来て麺を一緒に食べるときも啜りません。
私のある知人は、蕎麦は音を立てないでもぐもぐ食べると美味くないし、この美味さをガイジンに教えるのだと言ってわざとやっていましたが、わたしはたとえ不味くなっても音をたてません。

ほとんどの国では食べ物を音を立てて啜って食べることは下品なことで、その音を聞くと外国人は気分が悪くなるからです。
もちろん普段日本のソバやでざるそばを食べるときは、大きな音で啜って食べますよ。
<今日の写真は文とは関係がありません>
c0134569_19462822.jpg

先日パリで起こったフランス紙襲撃テロ事件は、フランスの風刺新聞がイスラム教の預言者ムハンマドを題材にした風刺画を度々掲載していたことがきっかけのようです。
もちろん私もテロを正当化するつもりはありません。
しかし、この事件後もフランスでは表現の自由を守るべきという意見と、そのようなイスラムを侮辱する行為を法律で禁止すべきだという意見の対立が起こっているんだそうです。
c0134569_19465212.jpg

私は争点が違うと思うんです。
これは表現の自由なんていう大義をかざすようなことではありません。

なぜこの新聞社がムハンマドを題材にした風刺画を掲載するのか・・・それはそれを面白がる読者がいるからです。

ある国(宗教)の人たちが嫌がることを知っていて、それを自分は平気だからやってしまうということは、ただただ下品なことです。
もし嫌がる人がいるということを知らないのであれば教養が無いということです。
c0134569_1947396.jpg

風刺画を載せる新聞とそれを読むフランス人は、自分たちは外で靴を脱ぐ習慣がないからといってタイの寺院で靴を脱がないフランス人(そんな人は実際はいないでしょうけど)と同じです。
下品なことは法律で縛るのではなく知性と良識で排除するものです。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2015-02-04 20:37 | バンコクの風景