だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 日本へのタイ土産はデンファレ semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 08日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

タイに行ったときの日本へのお土産は何にしますか。

私は最近はどこへ行ってもまったくお土産を買わなくなってしまいましたが、一時期、必ず蘭の花(デンファレ)を買って帰りました。
このデンファレ、バンコクの空港でも売っており、そのまま機内持ち込みができますが悪徳商法のバンコクの空港ですから、値段が異常に高いです。

植物を日本に持ち込んではいけないと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、切花は問題ありません。但し日本の通関を通る前に、少し手前の検疫のデスクに行って花を見せて虫がいないかどうかを確認してもらう必要がありますが5分ですみます。

これはパーククローン市場で売っているデンファレ。
c0134569_2124315.jpg

空港での値段と比べればここで買えば、タダみたいな値段です。
c0134569_21245162.jpg

デンファレだけだと単調なので、少し花束のように加工しています。
c0134569_21264571.jpg

これができあがり。
c0134569_2127410.jpg

おばさんはこれかお食事のようですね。
c0134569_21272513.jpg

パーククローン市場はたくさんの種類の花が売られているので、デンファレ売りはそのうちのごく一部だけです。
c0134569_2128332.jpg

ここの市場で買うのが一番安いのですが、日本の検疫では花に虫がついていないかどうかがチェックされます。
ですからここで買っていくのは少しリスクがあるんです。

私がいつも買っていたのは、バンコクの伊勢丹の一階にある花屋さん。
市場で買うよりは相当高いですが、このデンファレは空港で売っているのと同じように、一本一本に水の入った小さなボトルがセットされていて、長持ちするようになっています。(家で花瓶に挿す時にボトルごと茎を切ります)
ここには日本人の店員さんがいて、その場でも買えるし、ヤマト便で日本へも発送してくれます。

これが値段表 (最近やっと為替がよくなってきました。1バーッ=3.3円で換算してください)
本数 日本宅配価格 持ち帰り価格
15本 1,100バーツ 300バーツ
20本 1,200バーツ 400バーツ
30本 1,500バーツ 500バーツ
40本  1,800バーツ 600バーツ
50本  2,000バーツ 700バーツ
持ち帰り価格でも、輸出用の箱に入れてくれるので最終日に買ってタクシーで空港に向かえば手間は空港で買うのと大差ありません。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
1クリックいただくと10ポイントがこのブログに加点され順位が決まります。
最近の状態ですと、あなたのワンクリックで夢の一位にさせていただけるかもしれません。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-03-08 21:59 | バンコクの市場