だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 路地裏のメコンで写真の練習 semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 01日

バンコクのトンローで写真の撮影の練習をします。
写真の撮り方に関するものをいろいろ読むと、光の向きをよく考えなくてはいけないと書いてあります。ですから日中よりも明け方、夕方の方が光が斜めになっていいとのことです。
例えばこれがバンコクの夕方5時半の順光
c0134569_216835.jpg

これを逆光で撮るとこのようになります。
c0134569_2163935.jpg

逆光で撮ると強く陰影が付いて面白いですね。
もう一度順光で、
c0134569_2183515.jpg

少し角度を変えて撮ると、
c0134569_2191760.jpg

この違いも面白いです。
ファインダーを見るだけではわかりにくいのですが、ちょっとした角度の違いでこれだけ違います。
写真の上手な方は光の向きだけで、撮らなくてもどのような写真になるのかイメージがわくのでしょうね。

このお米は、お店の中にあるので光が直接当たっていません。
しかし袋の一部が明るく見えるのは、外から反射してきた光があるからです。
これもファインダーを覗いているときは気がつきませんでした。
c0134569_21134047.jpg


ここの路地はもう全体が日陰になっています。南京豆に露出を合わせたので売り子のおじさんの顔は真っ黒になってしまいました。
まさにこういうときは、自分が何を撮りたいのか考えなくてはいけないのです。
c0134569_211616100.jpg

今度は南京豆を撮りたい、と思った写真です。
撮影に関して私はだいたい露出優先モードにして、露出補正を+1から-1の範囲でするのですが、他にも調整できることがたくさんあって、きりが無いくらい奥が深いと思います。
c0134569_21172726.jpg

まだ夕方6時前ですが、路地裏ででおじさんが一人で一杯やっていました。
安酒で有名なタイウイスキーもこうして見ると、なかなか美味しそうです。(タイトルにはメコンと書きましたが、このウィスキーのブランドはメコンではないですね)
c0134569_21201024.jpg


横長の写真以外は、このブログのサイズに合わせるためほとんどトリミングしています。
トリミング前の写真を見ていただける方は、右上の「私の写真の物置はここ!」をクリックしてみてください。写真の大きさが違うと感じも違うと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-09-01 21:36 | バンコクの風景