だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 ウナギダニとはどこでしょう semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 19日

バンコクのカオサンを出て歩いているうちに道に迷ってしまいました。
バンコクはそれなりに詳しいと自負していましたが、それはスクムビットからサイアムぐらいまでの一角だけ。
知らない場所ではどこの道も同じように見えてしまいます。
道路標識はあるのですが、聞きなれない地名ばかり。
そこで後でどこに行ったのかわかるようにビルの看板の写真を撮っておきました。
ここは曼谷会計律士事務所というビルです。英語で判断すると意味は会計・司法書士事務所ということでしょう。
c0134569_16355914.jpg

ところでバンコクのことを中国語で曼谷と書きます。
最初見たとき、私はこれが読めなくて頭の中ではウナギダニと読んでいました。
という字に似ているのでこう読んでいたのです。
曼谷がバンコクだと気がついたのはタイに数回行った後のことでした。
c0134569_16502025.jpg

これは漢字の当て字なのですが、以前台湾人の同僚に、中国語では外来語の固有名詞にどの漢字を当てるのかは一体誰が決めるのかと尋ねたことがあります。
彼は人事のように、新聞が決めるんじゃないの、と言っていました。
日本でも初めてマスコミに出てくる外来語固有名詞のカタカナ表記は新聞によっても様々で、何回も出てくる内になんとなく統一されてくるんですよね。
スクムビット通りが日本で有名になったら、スクンビットになるのでしょうか、スクムビットになるのでしょうか?

ところでやはり、ここがどこなのかよくわかりません。
ファラン(西洋人)の旅行者らしき人たちが歩いてきます。
c0134569_1725587.jpg

お坊さんも歩いてきます。
c0134569_1743412.jpg

まあ、わからなくても宿泊先のアソークに帰るには、タクシーに乗ってしまえばいいのですから気が楽です。
c0134569_1753736.jpg

ところでタイの人たちは鯰(ナマズ)を食べますが、鰻は食べるのでしょうか。
まだタイの市場で鰻は見たことがありません。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-10-19 17:19 | バンコクの風景