だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:バンコクの風景( 268 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 お坊さんの袈裟はカヌン色 semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 01日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

最近はタイのフルーツも日本に多く輸入されるようになり、タイ産マンゴーなどはスーパーの棚にいつも常駐しています。
ところがタイの街角では、どこでも見かけるのに日本ではほとんど見かけないフルーツ、これがカヌン(ジャックフルーツ)です。
タイ語名「カヌン」の“ヌン”というのが、『支える』『援護する』という意味なので、このカヌンの木を裏庭に植えるとよいとされてるんだそうです。

私はタイに行き始めた最初の頃は、カヌンとドリアンの外観の区別がつかなくて、二つのフルーツを混同していました。
写真を見ていただければ、一目瞭然なのですが、両方ともスイカより大きいゴロンとした形が混同した原因です。
日本で1万円で売っているらしい5Kgもののカヌン
c0134569_19252312.jpg

とげとげの大きいこちらがドリアン
c0134569_1926744.jpg

実だけパック積めにして売っているドリアンは焼き芋の皮をはいだような感じです。
私はこのパック売りのものを初めて食べたとき、これはドリアンではなくて何か別なものを食べたに違いない、と思うほど納得のいかない味でした。
ドリアンはあまりにも臭い、濃厚な味とだという二つのことが有名で私も知っていましたが、その点に関して期待に応えてくれなかったからです。
c0134569_19351737.jpg


日本ではカヌンはドリアンほど有名ではありませんので、タイで初めて知りました。
カヌンは香りが良いので、濃厚な味をイメージしますが食べると意外にあっさりした甘さです。
バンコクの街角でも屋台でカヌンを切りながら売っていました。
c0134569_19401268.jpg

カヌン売りのお姉さん、薄いゴム手袋をしているでしょ。私は衛生面に気遣って手袋をしているのかと思いましたが(実際そうかもしれませんが)カヌンの硬い殻の部分を切ると、樹脂状の白い樹液が出てきてくっつくと取り難いんだそうです。
ゴムの木のようなものですね。
c0134569_19443086.jpg

うまく実を取り出すのは慣れが必要なようです。
c0134569_19454957.jpg

ここでは取り出した果実はこのように売っていますが、タイのスーパーではどこでもパック入りのものが売られています。
c0134569_1946489.jpg

見たことありませんが、インターネットでカヌンの缶詰が売られていました。300円です。
c0134569_19475645.jpg


ところで、タイのお坊さんの袈裟の黄色がかったオレンジ色は、このカヌンの木から取った染料でできているんだそうです。
もっとも最近は化学染料が多いようですが。
c0134569_19495574.jpg

ついでに調べてみると、インドのお坊さんの袈裟はターメリック(ウコン)で染められていたようです。カレーの黄色の色のもともターメリックですからね。
同じような色でもインドの袈裟はウコン染め、タイの袈裟はカヌン染めということでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらタンブンだと思って一日一回ワンクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-03-01 20:09 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 アヌサワリーチャイ 一廻り semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 27日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ビクトリーモニュメント(アヌサワリーチャイ)を時計回りに一廻りしてみましょう。
c0134569_20325511.jpg

ここにはあらゆる種類のバスが停まっています。
c0134569_20342877.jpg

何と書いてあるのかわかりませんが、これは長距離を走るミニバスだと思われます。
c0134569_20353399.jpg

お坊さんも、バスを待っています。このお坊さん、顔つきが学校の先生という感じでした。
c0134569_20361570.jpg

歩道橋を降りる途中に、盲人らしき方が楽器を奏でていました。
c0134569_2038436.jpg

一周廻るのには歩道橋を降りたり上ったりしなくてはいけません。
c0134569_20393431.jpg

c0134569_20395656.jpg

歩道橋の上でも商売しています。
c0134569_20405393.jpg

警察官が取締りをしているようですが、一人の警察官が写真を写している私を見ているようです。
c0134569_20415542.jpg

まだ見ています。悪いことしていませんが、いちゃもんつけられたら困るので早く立ち去らなければ・・・
c0134569_2043432.jpg

日本語学校の看板です。大きいです。
c0134569_20433453.jpg

たこ焼き型ホットケーキのようです。これ買って食べました。全部食べたら飽きました。
売っている人はたこではありません。
変な顔に撮ってしまってごめんなさいね。なぜ写す瞬間にこんな顔になってしまったんでしょう?

c0134569_20441875.jpg

ゆっくりぶらつきながら、30分ほどで一周しました。
c0134569_20453313.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったら、一日一回ワンクリックをお願いします。
タンブン、タンブン

                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-02-27 20:54 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 ただいまパッポン製作中 semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 10日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイを訪問する日本人観光客が一度は訪れるパッポン通り、ここはまた昼間と夜がまったく違うことでも有名です。
ここへ初めて行った日本人が昼間にパッポンどおりを見ても、まさかこの道にあの巨大な夜店街ができるとは想像もつかないでしょう。

今午後5時です。すでにただの道であったパッポン通りには屋台用のコンテナが運び込まれています。
c0134569_22572757.jpg

ここの作業員たちも、モタサイの運転手同様、ビブスをつけていますね。きっと仕切る人がいてXX組みたいな組織があるのでしょう。
c0134569_2259775.jpg

コンテナはすべて所定の位置に置かれました。
c0134569_2302315.jpg

コンテナが配置されると、人夫たちは次の作業まで一旦休憩です。
c0134569_2334370.jpg


ただ今、午後5時40分になりました。屋根がかけられて、照明の取り付け作業が始まっています。
c0134569_2314743.jpg

c0134569_235577.jpg

子供も邪魔にならないように手伝ってるのでしょうか、それとも親と夕食をここでするのでしょうか。
c0134569_238815.jpg

だいぶ出来上がってきました。
あと30分ほどで開店できそうです。
c0134569_2392271.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑タンブンだと思ってクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-10 23:11 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 正しいマモアンを食べ方 semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 09日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイのマモアン(マンゴー)はうまいです。
最近は日本のスーパーでも売っていますが、タイやフィリピンからの輸入品で高いうえに、なぜかスジが多くスジが歯に挟まってしまいます。
c0134569_1923126.jpg

私はタイのフルーツ(ポンラマイタイ)で一番すきなのはこのマモアンです、マンクッ(マンゴスチン)もいいんですけど、当たりはずれがあるのと食べるのが面倒ですね。

これはアソークのロビンソンの下のトップスで買ったマモアン。高級マモアンですね。
シールに残留農薬無しと書いてあります。ということはやはり他のマモアンには残留農薬の恐れがあるということか?
c0134569_19324234.jpg

写真を見て今ごろ気がつきましたが、12月24日以降に食え!と書いてあります。(ちなみにこの日は12月23日)

さてマモアンの食べ方は解説するほどのものではなく、ただ皮をむいて食べるだけなのですが、私の食べ方があります。
ホテル(キッチンのあるサービスアパートメント)、に買って帰ります。服に果汁が飛ばないように少なくとも上半身は裸になります。皮を食べるわけではありませんがタイの野菜やフルーツは農薬が心配ですので、マモアンの皮を良く洗います。
c0134569_19383314.jpg

そして流しの上でナイフを使って皮をむきながら、ナイフでマモアンを切り分けながら、そのまま立って食べるのです。
食べながらマモアンの汁がぼとぼと流しに落ちますがまったく気にする必要はありません。最後は種の部分をシャブリつきです。マンゴの種の部分をしゃぶりつくなんて人前ではできません。
食べ終わると、そのままシャワーに直行です。
下品な食べ方ですが、誰にも遠慮せずマモアンを堪能することができます。
キッチンのあるサービスアパートメントはコレができるから好きです。
c0134569_19444614.jpg

すみません、汚いですがマモアンを食べたあとのキッチンでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑ここのところ順位が急落してしまいました。内容がつまらなかったかな?
タンブンだと思ってクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-09 19:51 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 年配のご婦人が好むもの=ビンロウ! semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 06日

前々前回に載せました、年配のご婦人が好むものの情報をお願いしたところ、Soi23さんからコメントをいただきました。

「ご指摘のとおり、これはビンロウです。ゆで卵のように見えるのがビンロウ、タイ語でマーク、緑の葉がキンマ、タイ語でプルー。キンマでビンロウを包んで噛むと覚醒作用があります。赤い汁が出て歯が黒く染まります。タイでは女性の嗜好品ですが最近の若い女性でたしなむ人はいませんね。」

Soi23さん、ありがとうございます。
ビンロウは台湾では男性のモノというイメージが強かったので、まさかタイで女性が好むとは予想がつきませんでした。
いずれにせよなぜ、フロントの女性が少し恥ずかしそうに説明したわけがわかりました。
c0134569_20124612.jpg

インドではパーンといいます。昨年ムンバイに行ったときはほとんど気がつきませんでしたが、私は20数年前、これをインドで初めて見ました。ニューデリーのあちらこちらの道が、吐き出したパーンの赤い色で染まり、流血か?と驚いた記憶があります。
改めて「ビンロウ」で検索したところ、丁寧な説明と一緒にこの写真と同じものが載っていました。
ビンロウ=プルー=パーンが何であるか、ご興味ある方はどうぞ

http://www.yonemura.co.jp/main/engei/mame/003/003b.htm

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑タンブンだと思ってクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-06 20:25 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 舌に国旗が・・・ semスキン用のアイコン02

  

2008年 01月 01日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

2008年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

おなじみのバンコクのBTSにある、広告。じっと見てみてください、何の広告でしょうか?
c0134569_945985.jpg


最初見たときはなんだろうなと思いましたが、ペアになっています。
c0134569_953232.jpg


2枚を見ると想像がつきます。英語、米語学校ですね。97%成功するっていうところがリアリティがあり。
c0134569_961794.jpg

好き嫌いはあるかもしれませんが、結構インパクトがある広告だと思います。

日本の昔と今がごっちゃになって存在している国、タイです。
これが魅力なんですよね。
c0134569_99199.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

↑今年もクリックよろしくお願いします。
[PR]

by travel-arrange | 2008-01-01 09:15 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 だまされたって いいんだよ semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 13日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
 遅くなりましたが、このブログのタイトル「だまされたって いいんだよ」について書いてみます。
私の海外旅行の楽しみは、行く前の準備半分、いってからの驚きが半分です。

 行く前にガイドブックを本屋で立ち読みしたり、Webで皆さんの情報を読むことは大きな楽しみです。学生のとき海外旅行をしたときも徹底的に調べていきました。
 ところが調べれば調べるほど、ここのお店はうまい、まずい、高い、安い。ここのタクシーはこういうように乗らないとぼったくられる、など諸先輩方のアドバイスが気になって、だまされないようにとついガイドブックを持って街を歩くことになります。(今でも海外では持って歩いている人多いですよね)
しかしガイドブックを持って歩いていると、たいていは書いてある通りの事しかできなくなってしまいます。書いてある事どおりに行動すると結構神経が疲れるんです。書いてあるレストランを一生懸命探し、書いてある観光地へ道順どうりに行き・・・
そしてそのレストランで思うことは、書いてあったことと何が違っていたかということばかりです。

 私も今でも初めての場所を訪れるときは、高いなあと思いながら「地球の歩き方」を買ってパラパラと読みます。しかし最近は買うことがあってもそれを海外に持って行かなくなりました。

 ある旅行の掲示板に、タイの空港から市内までのTAXI料金をぼられた、という投稿がよくあります。ガイドブックにも丁寧に行きかたが書いてあります。バンコクのスワンナブーン空港から市内まで30Km程度の距離です。

ここを移動するための値段が高い順番は、
1、ガイドつきのお迎えを日本の旅行代理店に頼む 2500バーツ程度(9000円程度)
2、一流ホテルのお迎え 2000バーツ程度(7000円程度)
3、空港のエアポートリムジン 700バーツ程度 (2500円程度) 
4、普通のタクシー 250バーツ+高速代65バーツ これに加え空港から市外へいく場合は+50バーツ (1300円強程度) 但し場所によりメーターと高速代は若干異なる
5、エアポートバス 150バーツ(500円程度)

私はもっぱら4の普通のタクシーを使います。確かに運転手によっては、メーターを倒さず500バーツと言ってきたり、一度だけ携帯電話を運転手がかけだしたとたんに、メータが電波に反応するようにしてあるのかすごい勢いで上がったことがありました。
だけどどんなに運転手がずるかろうと、1000バーツになることはありません。しかも大抵は、毅然と「メーターメーター」と言えば「こいつはだめか」とぼったくるのをあきらめる運転手が多いです。もし言い返せなくても絶対に日本の旅行代理店に頼むのよりは、はるかに割安です。
はたして上の一覧で一番のぼったくりは誰でしょうか?
こんなつまらないことに神経を使う方がはるかにもったいないと思います。
いいじゃないですか、多少ぼったくられても。
だまされたっていいと思うと、とたんに海外旅行が気楽で楽しくなりますよ。
だまされた、ぼったくられたは帰ってからガイドブックを読んで、後から知って土産話にするのが一番です。
c0134569_21393416.jpg

と言いながら、スクムビット ランスワンからバンコクのスワンナブーン空港までのTAXI料金のメーター表示の写真です。早朝、渋滞なしで223バーツこれに高速代65バーツで288バーツですから、普通は300バーツでお釣りはチップというところですが、気持ちの良い運転手で親切だったので太っ腹になった私は400バーツ払いました。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-13 21:47 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 海外での食事 semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 26日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
海外にいるとき一人で食事をするのは寂しいですし、新しい食べ物に挑戦することもできません。もし現地語で書いてあるメニューを適当に頼んで、食べきれないほどの量が出てきたり、くせが強くて食べられないものだったらなんともならないですよね。
海外出張初心者の頃は、マクドナルドで寂しい食事をすることが多かったのですが、このごろはなんと言って日本食です。
学生のときは、海外に行ってまで日本食を欲しがるなんていうのは堕落しているなんてほざいていたような気がしますが、おじさんになってしまってからは、お腹を壊すことも無く、安心して注文でき、大きなはずれが無い日本食が一番です。
日本食自体が世界でもポピュラーになってきたためか、ヨーロッパでもアジアでも大きな都市に行けば日本料理屋は必ずあります。
バンコクでは「らーめん亭」が日本人の集まるところあちらこちらにありますので、ここは便利です。店は場末の中華料理屋という感じですが、メニューは場末の中華料理屋と同じく豊富ですし、店の戸を開けると「いらっさいまーせー」という勢いのある声が聞こえます。調理人のタイ人たちも手際よく働いています。
3年ほど前に初めてタニヤのお店に入ったときにはじめて食べたラーメンは日本で食べても平均以上の点が付けられるものでしたし現地の価格レベルと比較すれば高いかもしれないけど、東京のオフィス街で昼ごはんを食べるよりもよっぽど安いのも嬉しいところです。
しかしこのところ物価上昇のせいか行く度に値段が上がっているような気がします。これはホテルの値上がり以上の値上げですね。
今(2007/SEP)正油ラーメン150バーツですけど、つい数年前は100バーツもしなかったんじゃないかなあ。
メニューは当然バーツですから、今(2007/SEP)の為替ですとこれに3.3倍すれば日本円になります。150バーツは約500円といったところです。
c0134569_1802930.jpg


c0134569_1805922.jpg
もし掲載が関係者の方のご迷惑であればご連絡ください。削除します。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-09-26 18:03 | バンコクの風景