だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:タイ列車の旅( 8 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 マハーチャーイは漁港なのである semスキン用のアイコン02

  

2014年 05月 12日

タイ マハーチャイ線のマハーチャイ駅からの散策
漁港に魚がたくさん水揚げされてくるので、ここの市場は鮮魚が特徴。
c0134569_10391284.jpg

赤いから鯛のようだけど、目が小さくて鼻が長いから私がカワハギタイと名付けよう。
c0134569_1041950.jpg

こうやって蟹がひもで縛られているってことはまだ生きているんだろうなあ。
c0134569_10423216.jpg

別な種類の蟹
c0134569_10425228.jpg

そして私好きなイカイカ。
c0134569_10433463.jpg

イカを干したらスルメになりますよ。
マハチャーイ市場の中で最も大きいスルメを買ってきてあります。
17日に代々木公園に持っていきますからね。
c0134569_1050935.jpg

昨年のタイフェスは雨でさんざんでした。
今年もkimacafeさんが気合の入った準備をしていただいているようです。(←クリック)
今年の天気は現在の予報では晴時々曇、降水確率20%のようです。
到着は午後になりますが名古屋から駆けつけます。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-05-12 07:10 | タイ列車の旅

semスキン用のアイコン01 タイのマハーチャイで賀茂郵便局の自転車が走る sanpo semスキン用のアイコン02

  

2014年 05月 10日

ウォンウェンヤイ駅からマハーチャイ線に乗ってマハーチャイに着きました。
c0134569_1085651.jpg

事前にnaozoさんからマハーチャイは散歩するのにいいよー、という話を聞いていたので、駅を出てあてもなく歩き回ります。
c0134569_108425.jpg

おっ、日本で見慣れた赤い自転車。
郵便配達の自転車のようですね。
c0134569_107434.jpg

日本のどこから来たのかな?
新潟県防犯登録、加茂警察署という文字が見えます。
郵便局の自転車、普通の自転車と比べて造りがしっかりしていますからね。
きっとこのマハーチャイでまだまだ現役生活を続けることでしょう。
c0134569_1112272.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-05-10 10:13 | タイ列車の旅

semスキン用のアイコン01 タイのマハーチャイ線に乗るのは命がけ semスキン用のアイコン02

  

2014年 04月 19日

バンコクのウォンウェンヤイ駅からマハーチャイ線に乗ってマハーチャイに行きました。
(以前ここでスルメを買ったことを書きましたね)
タイ国鉄のマハーチャイ線はウォンウェンヤイ~マハーチャイ間31.2kmを結ぶ路線です。
c0134569_21405655.jpg

もちろん電化してはいませんからディーゼルカーです。
こうして写真で見ると意外に新しい列車のように見えますね。中はぼろですが。
c0134569_21462766.jpg

マハーチャイから次のメークロン線に乗るためバンレム駅に行くには、ターチン川を渡し船で渡らなければいけません。
これが地図ですよ。
c0134569_21474146.jpg

さてこのマハーチャイ線
歩く方が早いのではと揶揄されるほどスピードが遅いのですが、その理由はコレでした。
線路がガタガタ。
ここを日本の電車のようなスピードで走ったら、素人目で見ても脱線は確実です。
c0134569_2152411.jpg

ここはマハーチャイ駅の中なのです。この部分の線路は今は使っていない引き込み線か何かで、まさかこの線路の上は走らないだろうと思っていましたが、列車はのそのそとこの線路の上を走っていきました。
c0134569_21545970.jpg

走ってきたところを動画でお見せしましょう。
(この動画、You Tubeにアップしてリンクしているのですが、iPadからでは見られないようです)



JR北海道でもこんな線路だったらもっと早くに速度を落としていたことでしょう。
これみるとタイ国鉄のマハーチャイ線やメークロン線に乗ることは結構冒険だと思いますね。
c0134569_21592024.jpg


バンコクもヤンゴンも写真ネタはまだまだあるのですが、明日から上海に行ってきます。
以前は時間はあるけどネタは無しでしたが、最近はネタはあるけど時間なし。
どっちもどっちだ。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-04-19 22:05 | タイ列車の旅

semスキン用のアイコン01 ごみは車窓から投げ捨てる semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 29日

列車はBangkhen駅を出て7分走り次はLuksi駅に到着。
c0134569_1663492.jpg

次はドンムアン駅。
c0134569_1671351.jpg

Luksi駅から乗り込んできたと思われる、車内販売の売り子さん。
スルメとのしイカでしょうか。
c0134569_1684446.jpg

売り子さんを眺めているとやっとドンムアン駅に到着。
フォアラボーンからここまで1時間5分かかりました。
昔からタイのガイドブックでこの国鉄で空港から市内まで行けと薦める本はありませんでした。
とりえは安さだけ。
過去のドンムアン栄光の時代でさえこの駅はローカルでした。
c0134569_1691558.jpg

ずさんな新空港のおかげで今も国内線の一部が飛んでいますので、駅から空港へ歩いていく歩道橋がそのまま残っています。
c0134569_16172668.jpg

タイ国鉄のローカルな駅は、人は少ないですがこざっぱりきれいにしてあります。
駅員さんが丹精こめて花の手入れをしていることが伺えます。
Rangsit駅
c0134569_16251623.jpg

売り子さんは色々な人が入れ替わり立ち替わりやってきます。
c0134569_16265976.jpg

乗客たちもこの売り子さんたちからよく物を買い、よく食べ、そして驚くべきことに食べたあとのごみは躊躇無しに丸ごと窓から投げ捨てていました。
昔は日本も同じだった様な記憶があります。何しろ40年ほど前まではローカルな列車のトイレは線路に垂れ流しだったんですから。

次はBang Pa-In駅
c0134569_16255640.jpg

14:50分、とうとうアユタヤ駅に予定より22分遅れ、ファラボーンから1時間55分かけて到着しました。
c0134569_1630468.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-03-29 16:41 | タイ列車の旅

semスキン用のアイコン01 だってタイの鈍行列車ですから semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 28日

最初の駅SAMSENをほぼ定刻どおりに発車した211鈍行列車、時間通りに進んでいくかと思いましたが、ここはタイ、やっぱり期待を裏切りません。
バンスージャンクションの手前で完全に止まってしまいました。今は13:30分、駅が見えているのにもう10分停まったままです。
c0134569_2135743.jpg

どうもジャンクションで他の列車を通過待ちしていたようです。後ろから別な列車が通り過ぎていきました。もっとダイアをうまく作るか待避線をつくって待ち時間を短くすればもっと利用者が増えるのではないかと思うんですが。
ここがバンスージャンクション。
c0134569_2155923.jpg

左に行くとタイ国鉄南線に入り、ナコンパトム、スンガイコーロックを過ぎて線路はマレーシアまで続いています。南に行くためにここまでわざわざ30分以上北上しなければならないんですね。
c0134569_2161985.jpg

ジャンクションを通過したのが13:42ですから、ここまでで約20分遅れです。
車窓からはまだローカルな民家が見えています。
c0134569_2195523.jpg

何か気になるのがいくつも続く作りかけのコンクリートの橋脚。BTSの橋脚に似ています。もしかしたらドンムアンまでBTSが延びる予定があったのに途中で空港移転が決まり工事をやめてしまったものかもしれません。
c0134569_211246.jpg

c0134569_21123339.jpg

13:49Bangkhen駅に到着しました。遅れを少し取り戻したようでここで17分遅れです。
c0134569_2116071.jpg

赤い線の入った帽子をかぶっているのはBangkhen駅の駅長さんでしょうか。
c0134569_21174089.jpg

もう1時間近く経ちましたが、まだドンムアン駅にも着きません。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-03-28 21:29 | タイ列車の旅

semスキン用のアイコン01 タイ 鈍行列車の車窓から semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 27日

列車に乗り込むと、車窓から蒸気機関車が展示してあるのが見えました。
c0134569_21145976.jpg

昔の国鉄のような垂直に立ったシートに座って出発を待っていると列車が動き出しました。
時計を見ると12:55です。
すごいです。ここはタイなのに。なんと予定時間どおりに動き出しました。
c0134569_21183170.jpg

3等車ですから、エアコンはありません。窓が開け放たれていて勢いよく入ってくる風が気持ちいいです。
運河を渡ります。
c0134569_21194835.jpg

列車は建っている家すれすれのところを通過していきます。
c0134569_21204035.jpg

踏み切りの遮断機が降りた交差点を過ぎてゆきます。
c0134569_21213630.jpg

車内は4割ぐらいの乗車率です。
c0134569_21222682.jpg

改めて列車の時刻表を調べてみました。
Webに載っていたのは古い時刻表で、私が乗ったこの列車より5分ほど時刻が遅いですがまさに私の乗った211鈍行列車が載っていました。
c0134569_21254092.jpg

出発してから14分過ぎた13:09 最初の駅SAMSENに到着しました。
ここまで時刻はぴったりです。この調子なら本当に切符に記載の通り14:28にアユタヤに着いてしまうかもしれません。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑面白かったらワンクリックをお願いします。
コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-03-27 21:42 | タイ列車の旅

semスキン用のアイコン01 バンコクからアユタヤまで運賃は50円 semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 26日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

タイ国鉄に初めて乗ってバンコクからアユタヤに向かいます。今は12:41です。
時刻表で調べておいた乗るつもりの特急列車の時間にはまだ早いのですが、とりあえず切符売り場で今から一番早く乗れる列車の切符を買ってみましょう。
しょせん急ぐ旅ではありませんので、アユタヤに着きさえすればそれでいいんです。
c0134569_21511382.jpg

「アユタヤ!ヌーン」
おっ通じたようです。うなづいた駅員の前の印刷機から切符が出てきます。
「スィップ ハー バーッ」
ええ?いくら?まさか15バーッ(50円くらい)ってことはないでしょう、とりあえず100バーッ札を出してみると、おつりが返ってきました。
c0134569_21545280.jpg

やはり15バーッです。切符にも書いてありますから間違いではありません。アユタヤまで2時間ちかくかかるんですよ。安いとは聞いていましたがこんなに安いとは!
切符にはこう書いてあります。
列車番号211、 普通列車、 バンコク発 アユタヤ行き、 
出発時間12:55、 到着時間14:28、 3等車、 運賃15バーッ
c0134569_2201679.jpg

出発まであと10分ほどしか時間がありませんからホームに向かいます。
この列車のようです。
c0134569_2211491.jpg

3等車しかない鈍行列車です。大世辞にも綺麗な列車ではありません。
c0134569_222255.jpg

ちょっとワクワクします。
c0134569_2232123.jpg

ディーゼル車ですね。おんぼろの鈍行列車ですけど、運転手の格好はきまっています。
c0134569_2241551.jpg

どうせ遅れるんでしょうけど出発時間が近づいてきました。
さあ、列車に乗り込みましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
今日、朝から今の時間まで一位にさせていただきました。
これもひとえに皆さんのおかげです。ありがとうございました。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-03-26 22:28 | タイ列車の旅

semスキン用のアイコン01 ロッブリー行きの列車に乗る semスキン用のアイコン02

  

2008年 01月 18日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

以前書いたように、アユタヤ駅前のレンタルバイク屋で知り合ったトゥーンといっしょに、アユタヤからロッブリーまで列車で行くことになりました。
彼がトゥーンです。
c0134569_22122782.jpg

前日にトゥーンが駅に行き、翌日のロッブリー行きの列車の時間を確かめると、朝の列車は6:05とのこと。
早すぎると思いましたが、ロッブリーまで列車で1時間、更にヒマワリ畑まで1時間と聞いていたので、そのまま当日ロッブリーからバンコクに帰ることを考えるとやむを得ません。
トゥーンが朝5時45分にホテルに迎えに来てくれると言うのでこの列車に決めました。
タイ人はよく時間に遅れるということは知っていましたが、2回夕食を一緒にして話をして受けた印象から、彼に対してそんな心配はまったくしていませんでしたし、実際約束どおりに来てくれました。
出発の朝、もう一度「今日一日、いくら払えばいいのか?」としつこく聞きますが、相変わらずはっきりと答えてくれません。
ただ少なくとも、今日の費用はすべて私持ちのつもりです。
アユタヤ-ロッブリー間の切符を駅で買います。
もうタイ国鉄の値段の安さには驚きませんが、一人13バーッ=約50円です。
c0134569_22221046.jpg

値段の拡大
c0134569_22223378.jpg

6:05分発予定のこの列車、写真の記録ではほぼ正確に出発しました。
朝早い列車ですが、シートはほぼ7割ほどうまっています。
列車に乗っていたおばさんですが、タイではときどきこんな顔をした女性や、赤ちゃんを見かけます。タイの女性はタルカンパウダーを良く使いますが、これはそれではないですよね。
日焼け止めかもしれませんが、なぜこんな目立つものを人前でつけているのでしょう。
c0134569_22251053.jpg

タイの列車も全面禁煙です。
ところが、列車の連結器のところは日本のように幌をかぶっていなくて、ここは喫煙してもいいんだそうです。
私はこういうように全部きちっとしていないタイが気に入っています。
ブレていますがトゥーンが、何か考え事をしてタバコを吸っているようです。
c0134569_22285393.jpg

列車はほぼ予定通りロッブリーに近づいているようです。
ロッブリーに近づいてくると途中から通学の中学生が乗ってきます。思春期で発育が早い背の高い子とそうでない子がいていかにも中学生と言う感じです。
c0134569_22342866.jpg

背の高い子が小さい子を小突いたり、ヘッドロックをかけたりしてふざけあっています。一見いじめのようですが、小さい子も嫌がりながらも一緒にじゃれあっています。
c0134569_2236536.jpg

ロッブリー駅に着きました。9:20分です。1時間20分かかりました。
c0134569_2237195.jpg

列車はホームに着かないので、乗客は線路に降り線路をまたいで駅舎に向かいます。
c0134569_22392399.jpg

この列車はここが終点なので、乗客は全員降りました。
c0134569_22403095.jpg

右(すなわち南):バンコク、左(すなわち北)チェンマイ、と書いてありますが、隣の駅を書いてあるのではなく上りか下りの方向を示しています。
c0134569_22421832.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑アジア旅行の3位以内を目指していましたが、上位3人の方には程遠くあきらめました。とは言うものの、なにとぞワンクリックでご協力をお願いします。

またパソコンや回線によっては、このブログが重たすぎるようでしたので、1ページ3話にレイアウトを変更しました。このブログを開くのが軽くなったことと思います。
以前のページは一番下の「次のページ」を押してください。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-01-18 22:53 | タイ列車の旅