「ほっ」と。キャンペーン

だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:タイ・アユタヤにて( 9 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 それはソーニーのテレビです semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 03日

海外で日本語を習っている人たちを見ると嬉しくなります。
外国語を習うときはやはりマンツーマンレッスンが一番。
発音しているときの先生の口を見ることが大事なんですね。
先生大きな口をあけて発音しているのを見せているでしょ。
c0134569_9241211.jpg

・ここはがっこうです。
・そこはぎんこうではありません。
・あそこはかいしゃですか。
・いいえ、あそこはかいしゃではありません。

・ロータスはどこですか。

・これはどこのテレビですか。
・それはソーニーのテレビです。


ソーニーと書くあたり、かわいいですね。
そうですよ、タイではSONYはソニーではなくてソーニーなんですからコレでいいのです。
c0134569_9242790.jpg

タイのアユタヤにある外国語学校の授業風景でした。
c0134569_9243866.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-09-03 09:34 | タイ・アユタヤにて

semスキン用のアイコン01 アユタヤの美容院へ行く semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 29日

先日、私が外国で床屋に行くということを書きましたが、アユタヤでは美容院へいきました。
自分が髪を切ってもらっているところの写真があれば証拠写真になるのですが、残念ながらありませんのでお店の中の写真を載せましょう。
これがその美容院の入り口です。
英語でさえ書かれていないので何がなんだかわかりません。
c0134569_17105316.jpg

私が髪を切ってもらっていると、お母さんらしい人が子供をつれていました。
変わった服を着ているので私が不思議そうな顔をしていると美容師さんがカタコトの英語で、子供が劇に出るために髪をセットするために来た、というように教えてくれました。
c0134569_1711377.jpg

このラメの入った青い服と白いパンツが劇の服なんだね。
c0134569_17111047.jpg

これが美容院のご主人。少し英語が話せます。
c0134569_17111877.jpg

前髪がワックスでセットされてピンとしてカッコいいね。
c0134569_1711259.jpg

劇の出演のために、美容院で髪をセットしてもらう男の子。
うーん、日本でもここまではあまりしないですね。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-29 17:23 | タイ・アユタヤにて

semスキン用のアイコン01 おもろうて、やがて悲しきタイの象 semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 13日

アユタヤには世界中から観光客が来ます。
その観光客のためにアユタヤの町の中を象に乗せて案内してくれる象使いたちがいます。
ここが象ステーション。空車待ちのタクシーのように衣装を着て待っています。
c0134569_1692562.jpg

象使いたちも、象とおそろいの衣装を着ています。
c0134569_1610092.jpg

私も以前チェンライで象に乗ったことがありますが、けっして乗りごごちのいいものではありません。
c0134569_1611821.jpg

ですが、象の背中の上に乗ると驚くほど視界が高くなって、それはそれで面白いものです。
c0134569_1612614.jpg

象乗り場では、ショーもやっているようで、こんな象もいました。
c0134569_16125396.jpg

体を青く塗っているんでしょうね。
ピンクの象もいますよ。
c0134569_16133159.jpg

象を保護するようなことを何もしていない私が言うのはおこがましいとは思いますが、色を塗られた象たちを見ると、少し物悲しい気分になります。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-13 16:17 | タイ・アユタヤにて

semスキン用のアイコン01 アユタヤの涅槃仏 semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 02日

アユタヤで有名な涅槃仏の一つ、ワット・ロカヤ・スタ Wat Lokaya Sutha
ここを目指していったわけではありませんが、レンタルバイクでアユタヤの島の一番端まで走っていったらたまたま着きました。
ですからこの名前は今、Webで調べて書いたものです。
(時々書いていますが私は歴史、名所旧跡に対して興味が薄いんです)

仏様がとぼけて笑っているように見えます。
c0134569_19501045.jpg

漆喰だから露天で黒く汚れてしまうのでしょうか。
全長は52メートル、高さは8メートルあり、煉瓦で形を作ってのちに漆喰で固めた物であるそうな
頭から見たところ
c0134569_195747.jpg

全景を撮りたいと思って足の方に廻っていきます。
c0134569_195801.jpg

足です。バンコクのワットポーの涅槃物のように足の裏に細工があるわけではありません。
c0134569_2002968.jpg

背中はどうなっているんだろう?
c0134569_2024922.jpg

見に行くほどのものではありませんでした。

涅槃仏の前のお土産やさん。
c0134569_204682.jpg

これはお土産やさんで売っているお供え用の蓮の花。
c0134569_2045659.jpg

私は日ごろからタンブンする習慣が無いのでしませんでしたが、このとき来ていたシンガポール人の皆さんは熱心にお線香や金箔やお花を買ってタンブンされていました。
c0134569_2084442.jpg

お供えされた蓮の花は、しばらくするとそれとなくまたこのお店に戻ってくるような気がします。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-02 20:22 | タイ・アユタヤにて

semスキン用のアイコン01 アユタヤのタニヤ semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 23日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

バンコクのタニヤほどの規模はありませんが、アユタヤにも日本人用カラオケ屋街があります。”街”といっても何件ものお店が軒を連ねているわけではなく、一つの地域に点在していると言う感じです。
地図の矢印で示すあたりがその場所です。
c0134569_1823016.gif

アユタヤで日本人が泊まるようなホテルは川と線路をはさんだあたりに多いので、川沿いのホテルに泊まった方は、アユタヤに日本人用のカラオケがあることは知らないで帰ってしまうかもしれません。
この地区のランドマークになるのはアユタヤグランドホテルです。
c0134569_1828396.jpg

モタサイなどでホテルに行くと衣料品を中心とした露店がいくつもあります。このあたりに20-30軒の日本人用のカラオケ屋が点在しています。
昼間歩きましたので、まだネオンがついていませんが、このお店「小雪」が一番立派そうでしたね。
c0134569_18301382.jpg

日本食レストランとカラオケ屋さんです。
c0134569_18304959.jpg

私がここで一番気に入ったものは、グランドホテルの向かいにある、何の変哲も無いマッサージ屋です。
c0134569_18315337.jpg

中が良く見えないので少し警戒しましたけど、ごく普通のマッサージ屋でした。
c0134569_18353369.jpg

値段は普通のタイマッサージ2時間、300バーッでした。外の値段表を撮ろうとしたら中から店のお姉さんが顔を出してきてびっくりしました。
c0134569_18381030.jpg

何が気に入ったかと言うと、マッサージの技術です。
いままでバンコクを中心にタイではあちらこちらで数え切れないほどタイマッサージはお願いしてきましたが、ここの技術は少なくとも私の経験からはタイで一番でした。
マッサージは痛くなく、しかし弱いわけでもなく、ツボを完璧に捕らえたようなすばらしいものでした。
一日目に行って、感激したので2日目も行って同じ人を頼んだら、その人は休み。
やむなく別な人がマッサージをしてくれましたが、この方も前日の方と少しマッサージスタイルが違うものの、同じように大満足でした。
彼女が二日目にお願いした方。
c0134569_18434375.jpg

どうもこの人形が目印だよと言っているようです。
タイですから、もし3人目の方にやってもらったら、素晴らしいかどうかは保証しかねますが、次にアユタヤに行くことがあたったら、絶対にまた行こうと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらタンブンだと思って一日一回ワンクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-23 18:48 | タイ・アユタヤにて

semスキン用のアイコン01 ふくよかな小学生たち semスキン用のアイコン02

  

2008年 01月 27日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

アユタヤのチャオ・サン・プラヤー国立博物館
一応行って見ましたが、歴史が不得意の私はどうしても展示物には興味がわきません。
博物館の外に、遠足できたらしい小学生の団体が、観光バス?に乗っていました。
c0134569_15545589.jpg

ちなみにタイの学校制度は日本と同じ6-3-3制だということです。この子達の年恰好を見ると小学校5-6年生でしょうか。
c0134569_15555027.jpg


c0134569_15565794.jpg

運転手でしょうか、それとも引率の先生でしょうか。
c0134569_1558194.jpg

男の子ばかりです。お菓子の食べすぎかふくよかな子供が多いですね。子供たちの顔を見ると、やはりタイは豊かな国なんだなあと思います。
タイは子供がレストランやバスの中などでふざけていても、怒らない親が多いと聞きます。
それでタイ人は自己中心的な性格になってしまうんだとか・・
日本人も大差ないような気がしますが。
c0134569_15583470.jpg

このくらいの子供たちですと、成長の早さが違うので大きい子と小さい子がいます。黄色いポロシャツやTシャツは子供たちの間でもやはり定番です。
c0134569_15584666.jpg

みんなカメラを向けるとポーズをとってくれました。サングラスの子供、体も大きくて、少しませた兄ちゃんのようです。
c0134569_15593693.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑皆様のタンブンで数日「アジア旅行」で3位を維持しています。クリックで今の状態をご覧ください。

                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-01-27 16:17 | タイ・アユタヤにて

semスキン用のアイコン01 正しいカフェローンの淹れ方 semスキン用のアイコン02

  

2008年 01月 12日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
アユタヤの有名な遺跡の一つであるワット・プラシーサンペット。
今日はこの遺跡ではなく、遺跡の前のコーヒー屋台のお話です。
c0134569_22155857.jpg

12月は暑いアユタヤでも比較的過ごしやすい季節のようですが、遺跡を歩き回っているとやはり暑い。飲み物が欲しくなります。
以前チェンライのホテルでタイ式コーヒー、カフェローン(ローンは暑いまたは熱いの意味)が気に入ったので、暑いけれどもこの熱いカフェローンを注文してみました。

ちなみにタイ式コーヒーは、煮出した濃いコーヒーにたっぷりミルクを入れて甘くしたもので、たいてい日本人はこれを飲むと、ウェー甘すぎる!とつぶやくことになっている飲み物であります。私は元来甘党で、最初はびっくりしましたけど気に入っているのです。

三つの土鍋には、別々の飲み物が沸かされていて、向かって左がコーヒー、向かって右は香草の入ったお茶のようなものでした。土鍋やかんの下には火のついた炭が入っています。
c0134569_2255998.jpg

まずグラスに甘いコンデンスミルクを4分の一ほどスプーンで入れます。
c0134569_2291067.jpg

これに沸かされているコーヒーを注ぎます。
c0134569_229584.jpg

コーヒーを入れたら、今度は缶入りのコーヒー用のクリームを入れます。これは最初のコンデンスミルクの缶ではありません。ほら缶を傾けただけで出てきているでしょ。
c0134569_22125115.jpg

スプーンでかき混ぜて、グラスから紙コップに移して出来上がり。
お値段は10バーッか20バーッでした。
c0134569_22153613.jpg

おばさん、試してみる?これは元気が出る飲み物だよ、と言って私に右側の土鍋のお茶を少し別の紙コップに注いでくれました。
飲んでみると薬草っぽいウーロン茶と言う感じでしたね。
カフェローンをふうふう冷ましながら飲んでいると、落花生売りのおじさんが過ぎていきました。
c0134569_22192462.jpg

12月。朝の9:45、これからワット・プラシーサンペットに観光客がだんだん増えてきます。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↑ワンクリックでランキングにご協力をお願いします。クリックすると人気のブログのリストが出てきますよ。
                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-01-12 22:32 | タイ・アユタヤにて

semスキン用のアイコン01 100バーッのゲストハウス宿泊者の国籍 semスキン用のアイコン02

  

2008年 01月 07日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

さて、話は相変わらず前後しておりますが・・・
バンコクのファラボーン駅から70Kmの距離を鈍行列車で約2時間、やっとアユタヤ駅に到着しました。
c0134569_2126527.jpg

初めての場所で、しかも観光地ですから、だまされたっていいんだよ、と思いつつも駅前にたむろす客引きには警戒してしまいます。
荷物を引きずった私を目ざとく見つけ、何人かの客引きが言い寄ってきました。
私はさも迎えが来るように装い、駅の出口の端まで歩いていきそこでタバコを吸ってあたりの様子を観察します。
地元の女学生がたむろしています。
c0134569_21262740.jpg

こういうところは安全です。
というものの客引きも近寄ってこなくなり、さてどうやってホテルに行けばいいか思案していました。するとその様子を観察していたらしき先ほどの客引きの一人がまた近寄ってきて英語でどこへ行くのだ、と聞いてきます。
ところが人相があまりにも怪しいので、なおもためらっているとなおもしつこく、ホテルか?観光か?と聞いてきます。
まあここは、”だまされたっていいんだよ”です。ホテルの名前を言い、いくらか?と聞くと50バーッと言います。
フィフティ・・ナ、ノットファイブハンドレッド・・ナと言いながらこの爺さんの車に連れて行かれることにしました。
そうするとこの車です。ピンクの軽トラックです。
c0134569_21265292.jpg

写真を撮らせてくれと言うと、笑って自分を撮らせてくれました。いかにも怪しそうな顔つきでしょ
c0134569_21271175.jpg

車はピンク、おまけにシートにはドラえもんのプリントです。
爺さんが運転席に回って、私が荷台に乗り込むと、驚くことに助手席に婆さんと孫が乗っていました。こういうパターンはまあ安心です。
爺さんサングラスに無精ひげで客引きをしない方がいいのに・・・
c0134569_21273787.jpg

爺さんはホテルで私を降ろすと、しきりに市内観光を進めてきました。爺さん英語が流暢にできるので一応電話番号を聞いておきました。
ホテルでチェックインし、今日からの足になるものを探さなくてはいけません。いざとなったら先ほどの爺さんを雇うつもりです。

モタサイでホテルから駅に戻り、レンタルバイク屋を探します。
すると2軒ありました。私が選んだのはここ、MINT GUEST HOUSEという駅前の路地を入ったゲストハウスでした。
c0134569_21295222.jpg

この青い服のおじさん(後で年を聞いたら42歳とのこと)は少しの日本語と英語ができます。
交渉して1日200バーッのところを3日で550バーッにしてもらいました。
c0134569_2129012.jpg

借りてもとりあえず急いで行くところも無いので、この青服おじさんとおしゃべりをしました。
c0134569_212817.jpg

このMINT GUEST HOUSE、部屋の中まで見たわけではありませんが値段はすごく安いです。
シングル100バーッ、ダブル150バーッだそうです。私の泊まるホテルの10分の一以下の値段です。食事も安い!
c0134569_21303395.jpg

面白いのはこの国旗のついた表です。
宿泊者の性別、国籍だそうです。
c0134569_21301316.jpg

これによると、日本人は男が3名、女が3名宿泊したことがあるようです。日本の女性もがんばってますね。
一番はオランダ男12名、2番はフランス男です。ヨーロッパ人が多いのが特徴的ですね。
そんな話をおじさんとしていると、もう一人の兄ちゃんが話に加わってきました。
この兄ちゃんの方が英語が上手です。
彼が明日のロッブリー行きを誘ってくれた、トゥーンでした。
c0134569_21322290.jpg

話をしてみると彼は大学でビジネス英語を専攻し、日系のベアリング会社の人事のスーパーバイザーだったらしいのですが、今は失業しこの店の客と話し、職探しと英会話の練習を兼ねて通ってきているそうです。
私も暇でしたから彼を夕食に誘いました。話をしているうちに彼が最近ロッブリーに客を連れて行ったという話を聞き、あさって私をそこへ連れて行ってもらうことにしました。
困ったのが、何回聞いても私が彼にいくら払えばいいのかを言わないことでした。
インド人は最初に交渉して約束しても必ず後からまた吹っかけてくる。タイ人は最初に吹っかけてくることがあっても、支払う段になって最初の約束を覆すことはしない、というのが過去の私の経験ですから、これには困りました。
どうなったかは後日にします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑なにとぞワンクリックでご協力をお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-01-07 21:44 | タイ・アユタヤにて

semスキン用のアイコン01 アユタヤに行く予定のある人は見ないでください semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 31日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

アユタヤの有名なお寺(廃寺)の一つが、このワット・マハータートです。
この名前を知らなくても、木の根で覆われた仏頭の写真はあまりにも有名ですからご存知の方も多いでしょう。
下にその写真を載せます。将来このお寺に行く予定のある方は感動が薄れてしまうかもしれませんから、これから下は見ない方がいいかもしれません。

アユタヤのお寺は拝観料を取るところが多いです。ここがワット・マハータートの入場料徴収所です。
c0134569_1334332.jpg

入場料は30バーッでしたが、2行目にはなんて書いてあるのでしょうか?外国人にはタイ人より高い入場料をとるところが多いタイですから、少し怪しい気もしますが書いてある数字は90?かな。90バーッだったら違いますね。
c0134569_1352422.jpg


さてワット・マハータートこの仏頭だけが見所と言うわけではないようですが、やはり一番先に見に行きたくなります。
ところが場内には何も案内が書いてないし、私にはガイドがついていませんから、中をぐるぐる回って結局最後に見ることになってしまいました。入り口を入ったらすぐに右に行ってください。
今日は平日、朝10時です。今の時間お客さんはほとんどいません。
さあ見えてきました。
左側に警備の人が座っていますね。右側の大きな木の根元がチェーンで囲われています。
c0134569_13165450.jpg

本当にいいんですか?これから10枚ほど近づいた写真を載せますよ。



木の後ろには崩れたレンガ造りの壁があって、この木はその壁と一体となって立っているようです。
c0134569_1318374.jpg

木下の方に仏頭が見えてきましたね。
c0134569_13183992.jpg

近づいて向かって左側から良く見てみましょう。
c0134569_13191040.jpg


c0134569_13193021.jpg


c0134569_13201555.jpg


正面です。
c0134569_13203958.jpg


c0134569_13205337.jpg


c0134569_1321594.jpg


望遠でアップしてみましょう。
c0134569_13213858.jpg


少し右側から
c0134569_1322065.jpg

この角度がいいですね。本来の安置されている姿ではないのですが、自然の木に身をゆだねている仏様と言う感じがします。
c0134569_13221783.jpg


c0134569_13223282.jpg


c0134569_13224876.jpg


もう顔が見えなくなりそうです。
c0134569_13231387.jpg

それでは皆様良いお年をお迎えください。

↓面白いと思われた方はワンクリックで、ブログランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

人気ブログランキングへ
[PR]

by travel-arrange | 2007-12-31 13:49 | タイ・アユタヤにて