だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:タイ・ロッブリーにて( 13 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 君はなぜ檻の中に入っているの? semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 10日


アユタヤ北部のロッブリーにある有名な遺跡プラ・プラーン・サーム・ヨートです。
これはかつてヒンドゥーの神を祭っていたクメール様式の三つの塔が、その後スコータイ王朝、アユタヤ王朝により仏教寺院に改められたものとのことです。
c0134569_19503444.jpg

ここにもサルたちがたくさんいます。駅前のプラーン サーム ヨット寺院から隊列を組んで遺跡にやってくるサルたち。
c0134569_19531828.jpg

遺跡に近づいてみましょう。
c0134569_19541058.jpg

とうもろこし型の塔の形が面白いですね。
c0134569_19571862.jpg

この塔の窓に鉄格子がはめられているのは、サルが中に入れないようにしているのです。
サルは外を自由気ままに歩いていますから、サルはおりの中に入っている人間たちを見物しています。
c0134569_19591543.jpg

塔の中に入ってみましょう。早速サルが近づいてきました。
サルが言っているようです。「なぜそんなおりの中に入っているんだい?」
c0134569_19594721.jpg

この二匹のサルはどこが頭でどこが尻尾かわかりません。
c0134569_2021671.jpg

世の中混沌としているのです。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-10 20:08 | タイ・ロッブリーにて

semスキン用のアイコン01 プンプイな踊り子のお姉さま semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 22日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

昨日は「ここで驚くべきことが・・・・・」などともったいぶったことを書いてしまいました。すみません。
c0134569_20463285.jpg

タンブンの踊りが終わると、ちょうど昼の12時です。
立ち去ろうとすると、踊り手のお姉さんたちが声をかけてきます。
「コンイープン?」
私の知っている数少ないタイ語の一つです。「日本人?」ってことです。
「ポム ペン コンイープン カップ」私は日本人です。と答えます。
私のタイ語が通じたのか、お姉さんたち喜んでいるようです。
「クン チュー アライ カア?」名前を聞かれました。「ポム チュー スクムビット カップ」名前を答えたらどっと受けました。(もちろんスクムビットのところは私の本当の名前が入ります)
c0134569_21193630.jpg

私のタイ語はここまでです。
おばさんたち色々なことを言ってきますが、良くわかりません。皆さん、休憩でご飯を食べ始めるようです。
c0134569_21203472.jpg

まだ何か言って手招きをします。
どうもいっしょにご飯を食べていけと言っているようです。
c0134569_2122475.jpg

少し座らせてもらって飲み物だけいただきました。
c0134569_21231548.jpg

このお姉さん方すこしふくよかでいらっしゃいますね。ポッチャリ体型はタイ語で「プンプイ」だったと思いますが、そんなことここで口に出してはいけません。

どこかで見たなと思ったら、目の前のお猿さんの体型に似ていました。
c0134569_21262432.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
読み終わったら一日一回ぜひワンクリックをお願いします。
コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-03-22 21:33 | タイ・ロッブリーにて

semスキン用のアイコン01 表情が硬い奉納タイ舞踊 semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 21日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
サルで有名なロッブリーの駅の近くのワット・プラッ・カーン。
サルの隣で、奉納のタイの舞踊を披露していました。
このような奉納をバンコクの中心部のエラワンで何回も見たことがあります。
c0134569_2294713.jpg

エラワンの舞踊と比べると何か少し違います。踊っている人の表情が硬いのか、
c0134569_22105233.jpg

踊っている人の年齢層が高いのか、
c0134569_22184242.jpg

美人度合いが今ひとつなのか
c0134569_22113061.jpg

いずれにしても最も違うのは観客が一人もいないこと。見ているのが私一人なので、踊り子さんたちの視線が集中するような気がしてしまいます。
c0134569_221322100.jpg

そろそろ踊りが終わりそうです。

カメラをしまい他の場所に移ろうとすると
ここで驚くべきことが・・・・・
と言ってCMに入る、あざとい民放番組ばかりで最近テレビを嫌っている私ですが、明日に続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
読み終わったらぜひ応援のワンクリックをお願いします。
Shiftキーを押しながらクリックすれば、この画面は消えません


コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-03-21 22:32 | タイ・ロッブリーにて

semスキン用のアイコン01 写真を撮っていいですか? semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 02日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイのロッブリー駅です。
c0134569_20575152.jpg

最近日本では、見知らぬ人の写真を撮ろうとすると、肖像権とかなんとかを主張されて怒られてしまいそうな気がしますので、なかなかシャッターが切れません。

確かにWebやブログがここまで一般化すると、勝手に撮られた写真がインターネットに載って
しまう恐れがありますので、心配する気持ちもよくわかります。

先日、日本の中のタイ、ということで日本の中のムエタイジムで写真を撮ろうとして、トレーニングをしている女性に、写真を撮ってもよろしいですか?と聞いたら、一言「だめです」と言われてしまい引き下がりました。

ということで、人の写真を撮るときは必ず声をかけなければいけませんが、外国ですと言葉がわからないのでカメラを見せジェスチャーで撮っていいか聞くことにしています。

タイではサワディカップと言いながらカメラを見せると笑顔を見せてくれることが多いですね。
ロッブリーの駅ではなぜかおじさんが何をするのでもなく立っていましたので、おじさんたちに挨拶しまくりで撮りました。

暢気そうなおじさんです。
c0134569_2165133.jpg


下のおじさんが首から提げているのは、最近はやりのお守り。ごついのを3つもつけていました。
c0134569_21938100.jpg


このおじさんにも挨拶したんですけど、笑顔はありませんでした。
c0134569_21101597.jpg

何をしているんでしょうか。
列車から知り合いが降りてくるのを待っているんでしょうか。
次に行くときは、「写真を撮っていいですか」のタイ語「コォー ターイ ループ ダイマイ カップ」を覚えていきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったら一日一回ワンクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-03-02 21:20 | タイ・ロッブリーにて

semスキン用のアイコン01 靴磨きは重要な任務であーる! semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 29日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ ロッブリーのヒマワリ畑の見学が終わり、PASAK JOLASID DAMに行きました。
ここは外人観光客が来るような所ではなく、ローカルの皆様の遠足の場所、デートの場所のようです。
これは清く正しい男女交際。
c0134569_19333452.jpg

案内してくれたタイ人のトゥーンも写真を撮られたがります。
c0134569_193739.jpg

ホントに何も変哲も無い人造湖です。
c0134569_19371984.jpg

たいくつであくびが出てしまいます。まあ平和でよろしいですね。
c0134569_19483364.jpg

おっ、この方、ダムを守る軍の兵士でしょうか?
トゥーンに聞くと、ただのガードマンだそうです。
c0134569_19401225.jpg

ガードマンのところに、近くの乾物屋の旦那がやってきました。私にも干し海老を2つ3つくれました。買いたいんだったら、あっちに店があるから寄ってきな、とのことです。
c0134569_19474953.jpg

おお、ガードマン、こんどは靴磨きをはじめています。
まあガードマンは身なりが大事ですからこれも重要な任務なんでしょう。
c0134569_1944527.jpg

ピカピカの編み上げ靴ですが、こんなのここで一日中履いていたら水虫になりそうです。
やっぱりここは平和なダムです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらタンブンだと思って一日一回ワンクリックをお願いします。皆様のタンブンのおかげで、ここのところ「アジア旅行」でここ数日2位をキープしています。
最強1位常連の方の後姿が、かすかに見えてきました。
もしかしたら・・・
春を待つスクムビット

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-29 19:51 | タイ・ロッブリーにて

semスキン用のアイコン01 「凧揚げ」は隠語で・・・ semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 11日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ロッブリーのヒマワリ畑では、急ごしらえの色々なお店が軒を並べています。
蜂蜜屋さんはすでにご紹介しましたので、そのほかのお店です。
まずはひまわり。もともとヒマワリを栽培しているのは食用にする種を取っているからで、当然ここでもヒマワリそのものが売られています。おおきいヒマワリの花の枯れたものが15バーッのようですね。
c0134569_2217468.jpg

次はおなかのすいた方のために鳥のから揚げ屋さん。
c0134569_22193179.jpg

ヒマワリグッズ。世の中のヒマワリグッズをすべてそろえてしまったのではないかと思えるほど、ヒマワリの小物が豊富です。
c0134569_22204178.jpg

c0134569_22205467.jpg

タイですからヒマワリキティちゃんもあります。
c0134569_22212837.jpg

このピンクの卵ははゆで卵でしょうか。
c0134569_2222687.jpg

タイの凧も売っています。ビニール凧ですが、コレが伝統的なタイの形だといっていました。
案内してくれたトゥーンはタイ語で「凧を揚げる」という言葉が、持った糸を上げ下げする様子から、もう一つ隠語として別な意味があるとバカな説明をしてくれました。(説明しませんのでご想像にお任せします)
c0134569_22231771.jpg

このフルーツはタイ名ノーイナー(シャカトウ=釈迦頭)です。形がお釈迦様の頭に似ています。
c0134569_22304148.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑タンブンだと思ってクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-11 22:34 | タイ・ロッブリーにて

semスキン用のアイコン01 タイ人はミイラがお好き semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 10日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ、ロッブリーでヒマワリ畑を見学したあとで、貸切ソンテウの運転手が山奥のお寺に連れて行ってくれるそうです。
見えてきました。あれがその山です。
c0134569_8345885.jpg

山に近づいていくと、山と言うより大きな岩の塊のようですね。群馬の妙義山地方のような性質の岩です。
c0134569_8362463.jpg

c0134569_8374443.jpg

この山の上にお寺があるそうです。
この祠は未だ中腹です。
お寺は山の岩の岩盤をくりぬいた中にあります。
c0134569_839362.jpg

中腹から下界を眺めたところ。
c0134569_8383385.jpg

お寺の入り口に到着しました。
c0134569_8414421.jpg

入り口から階段を上っていくと、岩をくりぬいた中にホールがあり、お坊さんにお祈りしてもらっている家族がいました。
c0134569_8424787.jpg

このお寺の見ものは、このお寺の一番偉いお坊さんだった方のミイラが展示してあることです。
これが生前のそのお坊さんの肖像画
c0134569_8435658.jpg

像もあります。
c0134569_844201.jpg

このお坊さん、このお寺の大変りっぱなお坊さんで、ミイラになったのはそれほど昔のことではなく、つい20年ほど前のことのようです。
ミイラは棺に納められていてふたは開いているので、見ることができますし、(触るつもりは無いけど)触ることもできます。
c0134569_847299.jpg

写真を撮っていいかと聞くと、どうぞ、ということなので撮らせてもらいました。
ということで、こういうものが気持ち悪いと思われる方は、これ以上下は見ないようにお願いします。
























c0134569_8474234.jpg

タイでは新聞にも事故の死人の写真がそのまま出るし、どうもこのようなものがお好きなようです。写真は撮りましたが、あまりいい気持ちはしませんね。
c0134569_8494248.jpg

このあたりがタイ人の気持ちの良くわからないところです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑順位急降下中!タンブンだと思ってクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-10 08:54 | タイ・ロッブリーにて

semスキン用のアイコン01 坊主ではない坊主頭の少年たち semスキン用のアイコン02

  

2008年 01月 25日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ロッブリーのヒマワリ畑の見学が終わり次にチャーターしたソンテウの運転手が連れて行ってくれたのは、PASAK JOLASID DAM、ダムによってできた人造湖です。
広々したところですが、こんなものは日本のガイドブックには載っていないでしょうね。
売店群があって、巨大な人工のダムと湖があります。
小学生が遠足に来て、お弁当を食べて変えるにはうってつけですが、ひとことで言うとつまらないです。

ダムの上の道には観光客を乗せた客車を大型トラクターで引いていく、観光用列車?が行ったり来たりしています。
おお、向こうからやってきましたね
c0134569_20542680.jpg

どうもお客はおそろいの青い服を着ています。どういう団体でしょうか。
c0134569_20554282.jpg

近づいてきました。青い服はジャージのユニフォームのようですね。
男ばかりでみんな坊主頭です。
c0134569_2056499.jpg

姿から少年院の生徒たちの団体のように見えます。少年院に遠足があるのもおかしいような気がしますが。いずれにしてもあまり近寄りたくない団体です。

案内してくれたトゥーンに「彼らは一体何?」と聞くと、彼らは近くの軍の学校にいる生徒たちだと言うことです。高校生ぐらいの年齢のようです。軍の学校で勉強し兵隊になるそうです。
売店のあたりに戻ると、一足先に彼らは着いて休憩していました。
c0134569_212419.jpg

タバコを吸っている子がいますがいいんでしょうか。
c0134569_2111849.jpg

おそらく彼らは軍の学校の寄宿舎にでも入っているのでしょう。おそらく家族に電話をするらしく、公衆電話に行列ができています。
c0134569_2132326.jpg

坊主頭でいかつい恐い感じがしますが、公衆電話に並ぶ姿はかわいいです。
もう日本では公衆電話に並ぶなんていう風景はなくなってしまいました。
c0134569_2141120.jpg

最近の近況報告でもしているのでしょうか。
勉強してりっぱなタイ兵として活躍してください。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑タンブンだと思ってクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-01-25 21:13 | タイ・ロッブリーにて

semスキン用のアイコン01 ヒマワリ畑でタンブンする semスキン用のアイコン02

  

2008年 01月 21日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
またまたロッブリーのヒマワリ畑に帰ってきました。
ヒマワリ畑は季節限定ですし、あまり日本語のガイドブックにも載っていないようで、日本人には一人も会いませんでした。観光客はタイ人ばかりです。

ヒマワリ畑の外側には土産物屋が並んでいますが、畑の中では何をするのでしょう。
もちろん一番はヒマワリを見ることです。
だけどヒマワリを見るのは1分もあれば終わってしまいます。次は何をしましょう。

写真ですね。
c0134569_2015038.jpg

やっぱり観光客は記念写真です。ヒマワリ畑だけでは飽きますから、ちゃんとこんなヒマワリも用意していますよ。
c0134569_2025138.jpg

写真も撮り終わりました。だけどまだ畑に入ってから5分もたっていません。

おや、この籠は何でしょうか?
c0134569_2041528.jpg

一つ一つの籠の中には、スズメがひしめき合っています。
そうタンブン、タンブン。
この広大なヒマワリ畑ですから、スズメも逃がしてやると嬉しそうです。バンコクの街中でタンブンするよりより多くの徳が積めるはずです。
(タンブンがわからない方へ:タイ人は輪廻転生を信じていて、現世で徳を積めば積むほど、来世でより良い生活が送れると考えています。タンブンとは徳を積むこと、ですから僧や寺に寄進することもタンブンですし、このようにスズメを買ってスズメを放してやることもタンブンで功徳を積んだことになります)
c0134569_2062031.jpg

おや、ここにもタンブン用のスズメがいますが、ペットボトルの下の洗面器に入っている生き物は何でしょうか。
c0134569_20143634.jpg

なにやらゴソゴソ動いています。あっ亀ですカメです。
c0134569_20162391.jpg

ああ、カメもタンブン用なのですね。
ちなみにタオライカッ?(いくらですか)スズメは160バーッ、カメは100バーッですって。
なんとなくカメの方が高いはずのような気がしますけど・・・

・・・・・そうか、カメの方が逃げても簡単に捕まえてこられるから安いんですね。

もし私がタンブンで徳を積めたとすれば、捕まえてくるタンブン屋さんはどうなってしまうのでしょうか。
さて私はタンブンしませんでしたので、もうヒマワリ畑はおしまいです。

と思っていると、おお、人のいるところには現れるタイではお約束の象さんです。
象さんもヒマワリ畑に出張でお仕事に来ていましたか。
c0134569_20215081.jpg

ここで乗ることもできます。
c0134569_20221830.jpg

「乗らないかい?象の背中に乗ってヒマワリ畑を見ると、より雄大に見えるよ!」
本当かなあ?
c0134569_20235120.jpg

象さん、落し物ですよー!!!
c0134569_2026402.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

↑「アジア旅行で」の3位はやはり瞬間風速に終わりました。
象さんの落し物なんて見たくない方はクリックで他のブログに飛んでください。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-01-21 20:34 | タイ・ロッブリーにて

semスキン用のアイコン01 人間に興味が無いロッブリーの猿 semスキン用のアイコン02

  

2008年 01月 20日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ロッブリーの駅の端近くにワット・プラッ・カーンというお寺があります。ロッブリーはヒマワリでも有名ですが、またこのお寺にサルが多いのでも有名です。
ヒマワリは季節ものですが、サルたちは一年中いますから。
c0134569_18175249.jpg

↓ここがワット・プラッ・カーンだと思いますが、たくさんのサルに気を取られているうちに中に入ることを忘れてしまいました。
c0134569_1819232.jpg

日本にもサルがたくさんいる観光地がありますが、行くとサルが凶暴な顔つきで襲ってきたり、人間の持っている食べ物を奪ったりして不愉快なことが多いですよね。
ですから私はこのサル寺には興味がありませんでした。
ところがこのサル寺のサルたち、人間に興味が無いのか人間を無視した態度のサルが多いのです。
c0134569_1823438.jpg

不思議だなあと思って歩いていると、食べ物がたくさん置いてあるところがありました。最初猿が群がっていないので、食べ残りのごみかと思いました。
c0134569_18243559.jpg

置いてあるのは、バナナとゆで卵です。
しかし、バナナは房ごとあっても、サルの餌の奪い合いはありません。写真には写っていませんが、この餌の周りにもサルはたくさんいます。
c0134569_1912857.jpg

サルたちは少しだけ食べ物をとるとすぐに去ってしまいます。
飲み水もありますし
c0134569_18264147.jpg

おばさんは乳酸菌飲料をお皿に注いでいます。
c0134569_18272170.jpg

サルが人間に近寄って来ない訳がわかりました。
サルの餌が十分すぎるほどあるのです。サルたちは食べ物が十分あるので、食べ過ぎるぐらい食べて人間を襲ったりしないのです。
c0134569_1924095.jpg

日本のサルのいる観光地ではサルが人間を襲わないように苦労しているようですが、逆転の発想ですね。有り余る餌を準備しておけばサルは人間を襲ったりしないはずです。
もちろんここにこれほどの餌があるのは、ワット・プラッ・カーンにお参りに来た人たちがタンブンとしてバナナやゆで卵を寄進するためですから、なかなか日本のサルの観光地はまねできないとは思いますが。
このサルは食べ過ぎて太りすぎてしまったのでしょうか?こんな太っているサル見たことが無いですね。もしかしたら病気でしょうか。
もし太りすぎだとしたら、こんなに餌を与えていること自体が動物虐待と非難されてしまうかもしれませんね。
c0134569_1945733.jpg

ここのサルはニホンザルと似ていますが当然のことながら少し違うように見えます。タイ猿という種類は無いでしょうけど。
c0134569_1974686.jpg

サルをいつまでも見ていてもしょうがないので、線路の反対にあるプラッ・プラーン・サーム・ヨットに行くことにします。
c0134569_1984621.jpg

見えてきました。
あれがプラーン・サーム・ヨットです。
c0134569_1992993.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

↑「アジア旅行で」瞬間風速でしょうけど3位になりました。
なにとぞ、もうワンクリックでご協力をお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-01-20 19:28 | タイ・ロッブリーにて