だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:香港にて( 7 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 台風の風で倒れそうな2階建てトラム semスキン用のアイコン02

  

2014年 07月 25日

159番のトラム
c0134569_2183835.jpg

コーズウェイベイには、今でもこんな2階建てトラムが走っています。
この台風の風で倒れそうな2階建てトラム、観光資源でもありますがりっぱな市民の足です。
c0134569_218491.jpg

香港はイギリス領でしたから、トラムがイギリスから来たであろうことは容易に推測できますが、今2階建トラムが走っているのは、イギリスのブラックプール市とエジプトのアレキサンドリア市しかないそうですよ。
c0134569_219163.jpg

1955年当時のコーズウェイベイだそうです。ウィキに載っていました。
c0134569_219121.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません




にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-07-25 17:06 | 香港にて

semスキン用のアイコン01 銅鑼湾=コーズウェイベイ=トンローワン semスキン用のアイコン02

  

2014年 07月 24日

香港の地名はわかりにくいんです。
今回私が泊まっていたのはコーズウェイベイなんですが、一つの地名に1中国表記、2英語表記、3中国読み、4英語読み、5中国読みの英語表記とあって、それと日本人だから中国語を勝手に頭の中で6日本語読みしてしまう。
それでは順番に、
1銅鑼湾、2Causeway Bay、3トンローワン、4Tung Lo Wan、5Tung Lo Wan、6どらわん
地下鉄の乗っても車内アナウンスとマップ上の漢字が、まったく合致しないので困るんです。
c0134569_2153121.jpg


銅鑼湾の商業地の賃貸料は、2013年の統計においてニューヨークの五番街などを凌ぎ、世界で最も高い

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-07-24 17:53 | 香港にて

semスキン用のアイコン01 香港のトリさま、日本のウナさま semスキン用のアイコン02

  

2014年 07月 23日

中国の工場で作られたチキンナゲットが騒動になっております。
その工場がテレビ局に取材されていると、「食べても死ぬわけじゃないし」という従業員の声が聞こえてきました。

これは香港で食べたチキンです。
ははーん、こうして頭を載せておけば、インチキの鶏ではないですよという証明になるということなんですね。
c0134569_2018263.jpg


またグロテスクなものを載せて・・・と顔をしかめた方のために。
こちらは先日、三島でいただいたウナギです。
蒲焼の表面がカリッとして絶品。
c0134569_20204128.jpg

値段も絶品ですけど。

このウナギの写真、新しく買ったシャープのスマホで撮ったものです。スマホのカメラもブログレベルの写真だったら十分ですね。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-07-23 20:23 | 香港にて

semスキン用のアイコン01 本物を感じる香港のスターフェリー semスキン用のアイコン02

  

2014年 07月 22日

1978年の1年間だけ、私は横浜の桜木町から関内まで毎日歩いて通っていました。
私の中ではちょっと昔のことのように思えますが、もう36年前のことですね。
そのころ桜木町はさびれてうらぶれた昔の繁華街で、馬車道を過ぎ関内から横浜港の方に進んでいくと、ハイカラという言葉がその当時でもまだ似つかわしい港町の様相でした。
田舎から出てきた私は、関内の歴史を感じる古い建物の太い石の柱や、洋食レストランのかをりの白い皿に、本物の力強さを感じていました。
この柱も、洋食屋のお皿にさえも横浜の生きた歴史がある。

今のみなとみらいの街もいいとは思うんです。
だけどその立派な近代的な建物や、きれいに整備された歩道などには、どうしても薄っぺらさを感じてしまいます。
確かに立派で綺麗だけど、歴史を感じさせてくれることがない。
だから地方都市にある、どこでも同じパターンのショッピングセンターと紙一重なんです。

昔話が長くなりました。
その1978年の横浜と同じような歴史と本物感を感じるのが、香港のスターフェリー、そして今のうすっぺらいみなとみらいを象徴するのが背景のビル群です。
c0134569_21225187.jpg

1888年に設立された「カオルーン・フェリー・カンパニー」によって、イギリスの植民地であった香港島と中国大陸側の九龍の間を繋ぐ公共交通手段として運航を開始した。
その後の「阿片戦争」の終結と南京条約の締結を受けて、イギリスと清の間で、九龍以北、深圳河以南の新九龍及び新界地域の租借が締結された後の1898年に、イギリス系の「スター・フェリー」社によって会社そのものが引き継がれることとなった。


1997年のイギリスから中華人民共和国への租借地と割譲地域の返還以降、凋落傾向の香港。
あと50年ぐらいすると、香港の存在そのものが本物の20世紀の繁栄の歴史遺物になってくるかもしれません。
c0134569_21291633.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-07-22 21:32 | 香港にて

semスキン用のアイコン01 ヤンゴンのカタキを香港で-瀬尿蝦を食べる semスキン用のアイコン02

  

2014年 06月 09日

中国も香港も食の都ですからね。
ここのところブログネタももっぱら食べ物の話ばかり。

さて、香港では狙っていた食べ物がありました。
それはヤンゴンで見た超巨大シャコ。
ヤンゴンの路上で見たお化けのような巨大シャコ、もし言葉がわかる人と一緒にいても食べなかったと思います。だってエビ、カニ、貝の類は新鮮じゃないと危ないですから。
蝦蛄もエビに似ているから同じじゃないでしょうか。
香港でも有名な魚介類の中華料理店。
c0134569_20313215.jpg

店に入るとすぐに水槽があって、巨大シャコがたくさん泳いでいます。
c0134569_2032299.jpg

この生きた蝦蛄、お値段は?
一匹で288香港ドル、なんと4,100円ほどしますよ。
もちろん調理してのお値段ですが、それにしても高い。
ヤンゴンだったらいくらだったのでしょうか。
c0134569_20393016.jpg

それでもこれがお目当てでしたから、注文します。人数が5人いましたので3匹も。

ところでシャコという字は中国語(広東語でしょうけど)では瀬尿蝦と書くようですね。
食欲をそそらない漢字だなあ!
とりあえず、ビールを。
お店の人がチンタオか?と聞くので、あえて逆らってブルーギャルというのを頼みました。
c0134569_20403969.jpg

さあ出てきました、瀬尿蝦
このお店の特徴的な調理方法は大量のニンニクと唐辛子を揚げたものといっしょに炒めることのようです。
大きさがわかるように横にたばこを置いてみました。
c0134569_2042645.jpg

味は、美味しい!
食感は海老のプリプリ感で、味はいわゆるエビ臭さがない。
しかもこれだけ大きいと食べごたえがあります。
甲羅をむいて身が出てくると、寿司ネタのシャコと同じような赤紫のスジが見えました。

ところで、写真に写っているタバコ。
セントレアの免税店で買ってきたものですが、香港のタバコ持ち込みの免税限度数量ご存知ですか。
なーんと、19本なんです。19カートンじゃないですよ。
いやだいやだ、タバコが麻薬みたいな扱いをされる世の中になってきた。





にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-06-09 20:48 | 香港にて

semスキン用のアイコン01 7年ぶりの香港に来ました semスキン用のアイコン02

  

2014年 06月 07日

先週は上海、一度名古屋に戻って、今週は香港です。
日本は大雨のようですが、こちらは日本の真夏のように蒸し暑いです。

上海ではこのエキサイトブログは全く繋がらなかったけど、香港では高速に快適につながります。
そこで蛇シリーズはひとまず置いて、速報を。
c0134569_1127031.jpg

香港はかつて中国ビジネスの中継地として大きな意味合いがありましたが、今や中国ビジネスの中心は上海。
前にここに来たのが2007年ですが、なんとなくその凋落の雰囲気があります。
c0134569_11304735.jpg

それでも
この二階建て路面電車は以前のまま。
久しぶりで懐かしいです。
c0134569_1131552.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-06-07 11:32 | 香港にて

semスキン用のアイコン01 香港 コーズウェイベイの裏通り semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 07日

香港のコーズウェイベイ(銅鑼灣・Cause Way Bay)と言えば、高級デパートや専門店のひしめくショッピング街です。そごう(中国語では崇光)もここにあります。
c0134569_1240858.jpg

なかなか観光に行った日本人は気がつかないかもしれませんが、少し通りの内側に入ると昔ながらの庶民のお店があります。(2007年7月現在)
c0134569_12441212.jpg

そごうで売っているものも、一方裏道に入ると安く買えますが、ここでは日本語はもちろん英語も通じないことがしばしばです。
ホテルやデパートの中は冷房がガンガン効いているので、外に出てすぐですとカメラのレンズが曇ってしまいます。
c0134569_12465398.jpg

c0134569_12471239.jpg

肉屋さん、上半身裸です。
この蒸し暑い中、肉がこのようにむき出して売られていると腐ってしまわないかと心配になってしまいます。逆に超新鮮だからこのように売っても大丈夫で、傷む前に売り切ってしまうのでしょうね。
c0134569_1249423.jpg

豚足も、豚舌もグロテスクですが、もしこの場でこれを料理してもらって食べられたらうまそうです。
c0134569_12491985.jpg

これは卵屋さんの店先に並べられていた卵ですが、ピータンでしょうか?
c0134569_12532143.jpg

外国人の多い街ですが道端の食堂は、香港人専用食堂と化しているようです。
何をどのように注文していいのかわかりません。
c0134569_12571181.jpg

c0134569_12572839.jpg

c0134569_12574224.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-07 12:59 | 香港にて