だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:伊太利亜にて( 26 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 ヨーロッパの二つの文化 semスキン用のアイコン02

  

2009年 04月 07日

イタリアで地震があって、たくさんの方が亡くなったようですね。
イタリアは火山がありますから地震があってもおかしくないのでしょうが、地震の話はあまり聞きません。
今日テレビで大学の先生が、倒壊した建物の写真を見て、柱が細いとかレンガを積み上げた塀に耐震性がないとか解説していましたが、火山国でも地震の頻度が少なくて地震の備えがないのでしょうかね。
まあタイの建物の柱よりはましだと思いますが。

今回のイタリアの地震はイタリア中部だとのことですが、以前私が行ったイタリアの街は北部です。
これがボローニャの駅前商店街。
c0134569_2005538.jpg

りっぱなアーケードが続いていますが、しっかりした造りに見えます。
c0134569_201852.jpg

ここは、ボローニャから電車で一時間ほどのフェッラーラという街。
世界遺産の街なんだそうです。
c0134569_201248.jpg

これらの建物、少なくとも百年以上は経っていそうなものですので、その間地震がなかったのか、それともしっかり作られていて耐震性があるのか。
c0134569_2013470.jpg

イタリアのことですから、たまたま地震がなかっただけではないかという気がします。
c0134569_2014699.jpg

これは世界遺産の街の中心部にある領主のお城です。
c0134569_2015529.jpg

仕事でドイツ人と飲んでいて聞いた話。
ドイツ人「ヨーロッパは大きく分けて二つの習慣、文化がある。何だと思う?」
私「ラテン系とゲルマン系かなあ」
ドイツ人「うーん、おしいね。一つはイタリア、もう一つはそれ以外のヨーロッパ!」

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-04-07 20:20 | 伊太利亜にて

semスキン用のアイコン01 プロの撮り方を読む semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 02日

来週からのタイ行きを前にして、写真の本を読んでいます。
ナショナルジオグラフィック社の「旅行写真 プロの撮り方」と「人物写真 プロの撮り方」の2冊です。
この本の中にも書かれているように、部屋の中で本を読むより外に出て実地で写す、のが第一なのですが、たまには本を読むことも必要でしょう。
c0134569_19272396.jpg

本の中で印象に残った言葉をいくつか挙げると
「旅行地の第一印象をメモに書く」
「町の人にその町のいいところが何かを聞いて、理由を知る」
「その風景の印象はいつの時間の光が適当なのか考える」
「その場所を説明するときの形容詞を考える。その形容詞で望遠か広角かが決まる」
「何がその被写体の特徴なのか、自分はこれについて何が言いたいのか考える」
まだまだたくさんありました。
近頃本屋に並べられている一眼デジカメのHow toが書かれた本と比べ、カメラのテクニックより「あたなたいったい何が撮りたいんですか?」と問われているような気がしました。
カメラの操作は、目をつむっていても出来ることが前提のようです。(私はそこから始めなければいけませんが)
c0134569_19283099.jpg

ためになる本でしたが「旅行写真」の方のサブタイトルである「だれでも簡単 傑作写真の撮り方」というのだけはウソでしょう。
全然簡単ではありません。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-01-02 19:48 | 伊太利亜にて

semスキン用のアイコン01 トイレの中のスイカ冷やし器 semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 19日

マニラ行きが中止となり、いよいよネタ切れとなってまいりました。
ということでろくでもない写真でご勘弁ください。

イタリアのホテルのトイレ。
フタの上にある大きな長方形のものが水を流すボタンなんです。
最初はことを済ませてから、あれ?どうやって水を流すんだろうって迷ってしまいました。
こうして写真を見ると、これしかないってすぐにわかりますが、実際座っているとこんな大きなものが目に入らないんですよ。だいたい自分の座った向きの真後ろについていますし。
このトイレの大きなボタンはイタリアに限らずヨーロッパでは珍しくありません。
c0134569_20564023.jpg

さてトイレの横にある、一回り小さな便器みたいなものは何でしょうか?

昔々、学生の頃ヨーロッパでこれを初めて見たときは全く想像もつきませんでしたが、その後しばらくしてからこれがビデというものだとわかりました。
まあその頃これで顔を洗ったり、スイカを冷やしたりしなくてよかったと思います。
しかしいったいどうやって使うものなんでしょうか。
まあ、男性である私が知る必要も無いことですが、またがったら痛そうだし、お尻を入れたらはまってしまいそうですし。
まあ、使っているところを見せてくれる方もいないでしょうから、私にとっては今後も永遠に使い方がわからないものの一つになることでしょう。
c0134569_211143100.jpg

イタリアのホテルの不思議なところ、もう一つ。
トイレとビデの間に、白い薄っぺらの布がかけてあるでしょ。
私はトイレの雑巾かと思いましたがこれ、タオルなんです。
ホテルのタオルといったら、白いふかふかのものが普通だと思いますが、どうもイタリア人はこの日本手ぬぐいのような薄いタオルがお好きなようです。
c0134569_2131955.jpg

ところでビデの使い方を改めて検索してみたところ、本来の使い方のほかに、男性でも足を洗ったり、小物の洗濯に使うようなことが書いてありました。
確かに蛇口付き洗面器だと思えば、何をしてもかまわないですよね。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-19 21:41 | 伊太利亜にて

semスキン用のアイコン01 外敵から身を守る街 semスキン用のアイコン02

  

2008年 11月 17日

伊太利亜の古い街、
石畳の道に面してぎりぎりの場所に垂直にそびえたつ家。
どこを撮っても同じ写真に見えてしまいます。
c0134569_1656851.jpg

ここの道沿いの建物にはどこかに学校があるようです。
入り口はどこなのかよくわかりませんが、学生さんがたくさん集まっていました。
c0134569_16562622.jpg

ときおり、連続した建物のメロディーを転調するように丸い建物が。
これは教会の建物でしょうか、いずれにしても外からでは何もわかりません。
c0134569_16563949.jpg

この白い壁の建物は壁にレリーフがあり、何か意味ありげです。
c0134569_16564898.jpg

めずらしく建物の戸が開いていたので覗いてみたら、ここは教会のようです。
外にはまったく看板も無く、戸が閉まっていたら普通の民家と何も変わりません。
c0134569_16565638.jpg

中は意外に広々しています。
建物に囲まれた路地からは中をうかがい知ることが出来ない街です。
c0134569_16573679.jpg

c0134569_16574495.jpg

12月に一人でフィリピンに行くことになりました。
近くて遠い国、フィリピンは初めての訪問です。
治安が悪いという情報が多いので心して行ってきたいと思います。
笑顔の写真が撮れればいいんですけど。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-11-17 17:13 | 伊太利亜にて

semスキン用のアイコン01 買うつもりは無かったのに semスキン用のアイコン02

  

2008年 11月 16日

伊太利亜の古い街
石畳が美しい
c0134569_15185133.jpg

観光名所の前にはお土産屋が付きものです。

柴又帝釈天ならば草団子、川崎大師なら、咳止め飴かくずもちか、
子供はもちろんのこと、大人もここに来るまで買うつもりが無かったのについ、何かを買いたくなってしまう。
c0134569_15141261.jpg

どうも人間の心理は世界中同じのようでして。
一日中観光で来たお客が絶えません。
c0134569_15142558.jpg

この方がキャンディー屋のおじさん。
c0134569_15143526.jpg

お店ではいろいろなキャンディーやお菓子を売っていますが、何しろ一番はこれ。
色鮮やかな、グミキャンディー、これおそらく「HARIBO」ですよ。
ドイツやスペインに工場がある「HARIBO」の変わった色形のこのグミキャンディーは日本でもよく見かけることがあります。
c0134569_15144437.jpg

特に黒い色のちょっとグロテスクなものは子供たちに人気のようです。
WEB上でこの「HARIBO」のコレクションをしている方がいらっしゃいました。
c0134569_15145366.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-11-16 15:48 | 伊太利亜にて

semスキン用のアイコン01 ヨーロッパ人のセンス semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 24日

イタリアの歴史の街
変わった形の大きな建物が見えますがいったい何でしょうか?
c0134569_20135746.jpg

教会ではないようですから、大きなモニュメントかもしれません。
下のほうには彫像があって水が流れています。
c0134569_20163244.jpg

彫像の男性が片手に持つ水がめから水が流れ出て、下の赤ん坊たちにかかっています。
もっと近づいてみましょう。
c0134569_20165835.jpg

これを見ると、赤ん坊たちはかめの中から水と一緒に流れ出てきたようにも見えます。
何かの神話を題材にしているのでしょうか。
いずれにしても日本人のセンスでは作ることが出来ないと思います。
どこからこのような発想が出てくるのでしょう。
c0134569_20191697.jpg

ものすごく昔の建物ではありませんが、これでも第二次世界大戦の前に建てられたもののようです。日本人がその当時この建物を見たらさぞ驚いたことでしょう。
c0134569_20192797.jpg

今日の一番上の写真を見て、改めて気がつきましたが下の白い○の中の子供、以前このブログで書いたシャボン玉を吹いていた子のようです。
c0134569_20344323.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-10-24 20:40 | 伊太利亜にて

semスキン用のアイコン01 バングラデシュ人の八百屋さん semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 13日

イタリア ボローニャの八百屋さんに入ってみると、八百屋さんにしては何か違和感があります。
何でしょう?、
これがおかしいと言うわけではないんですが、日本では八百屋の商品は平らな台か、棚であってももっと低いものに載せてあるのに、これは棚の高さが高いんですね。
c0134569_7341438.jpg

お店のお兄さんです。英語で話すと何とか通じて、写真を撮らせてもらえることになりました。
「失礼ですが、イタリアの方ですか?」
「いいえ、私はバングラデシュから来ました。バングラデシュ人です」
c0134569_7335081.jpg

へー、バングラデシュからイタリアまで来て八百屋さんで働いているんだ。
c0134569_7343956.jpg

彼の、親戚の中には日本で働いている人もいるそうです。
インターナショナルの一家だな。
c0134569_7345364.jpg

やっぱり、アジア人どうし、親しみがわきます。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-10-13 07:50 | 伊太利亜にて

semスキン用のアイコン01 ボローニャの八百屋 semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 12日

ボローニャの街、駅前の歩道は立派な屋根のアーケードになっていてお店が並んでいます。
食べ物やさんもあるのですが、日用品やスーパーみたいなものが見当たりません。
やっと見つけた小さい八百屋さん。
c0134569_18554882.jpg

店のお兄さんが開店準備のようで、値札を書いたり、果物を並べたりしています。
c0134569_18564380.jpg

小さい間口の店ですが、奥まで果物や野菜が並んでいます。
c0134569_18574268.jpg

ニンジン、トマトはすぐにわかりますが、右上の野菜は何でしょうか
私の食べたことが無い野菜のようです。
c0134569_18594072.jpg

オレンジは1Kgで0.99ユーロの値札がついています。
イタリアですから、オレンジは日本よりも安いですね。
c0134569_1921151.jpg

店の奥の写真を撮らせてもらえるでしょうか?
店に入ってさっきのお兄さんに頼んでみましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-10-12 19:07 | 伊太利亜にて

semスキン用のアイコン01 手をつないでお家へ帰ろう semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 11日

ヨーロッパは冬に日が短い分だけ夏は夜まで明るいのです。
イタリアの街、午後7時。
c0134569_1945132.jpg

犬は仕事が終わったご夫婦に自転車に引かれて散歩に連れ出してもらえます。
c0134569_1943410.jpg

夫婦でこれから街角をウィンドーショッピング
c0134569_1951666.jpg

私は大好きなパパとお家に帰ります。
c0134569_1953256.jpg

歩いていて石畳に靴が引っかからないように気をつけてね
c0134569_1955670.jpg

ご夫婦も手をつないで家に帰ります。
c0134569_196997.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-10-11 19:19 | 伊太利亜にて

semスキン用のアイコン01 タバコ屋はタバッキ semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 13日

伊太利亜の歴史遺産の街。
街に立つ像も歴史上の偉大な人なのでしょう。
c0134569_2327192.jpg

歴史上の偉大な人より、地上の降り立った歴史上の人のレプリカの毎日の生活のほうに興味がある私。
c0134569_23271453.jpg


ところでイタリア語のスペルは英語と比べると、なんとなくかわいらしい。
レストランはリストランテ。
c0134569_2327239.jpg

ポストはポステ
c0134569_8432642.jpg

タバコはタバック、タバコ屋はタバッキ
c0134569_8425443.jpg

ああ、そうか、タマゴッチは伊太利亜語風の日本語だったんだ
発音はよくわからなくても、何でも伊太利亜語っぽく発音すれば大ハズレはしない。

BARはバール
夕方からイタリアのバールには多くの人が集まってくる。
c0134569_23273264.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-09-13 08:47 | 伊太利亜にて