「ほっ」と。キャンペーン

だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:ネパール パタン( 27 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 たった数時間飛べば、暑いところにいける semスキン用のアイコン02

  

2011年 01月 09日

昨年の夏は猛暑でしたが、冬になって厳寒の日々が続いている日本です。
最近は池に氷が張るのを見ることも少なくなりましたが、今朝は公園の池が凍っていましたよ。
飛行機でアジアへ向けて数時間飛べば、暑いところで暮らしている人たちもいるのに。

不思議なものです。
c0134569_19133750.jpg

ブログにリンクしてくださっている方々が、年末年始と海外へ行かれるのを、
c0134569_19135148.jpg

指をくわえてみているわけには参りません。
c0134569_1914261.jpg

ブログネタの写真もそ底をついてきてしまったので、
c0134569_19141374.jpg

ちょっと出かけてくることにします。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-01-09 19:23 | ネパール パタン

semスキン用のアイコン01 靴直し屋さんのある国 semスキン用のアイコン02

  

2011年 01月 04日

ネパール パタンの広場に靴磨き、修理屋さんが並んでいます。
日本でもショッピングセンターのはしっこにチェーン店らしい靴やかばんの直し屋さんがありますね。

ただねえ、日本では直してもらうと結構なお値段がするので、一足数万円もする靴ならともかく、普通は買い換えた方が安いし快適です。
c0134569_19304791.jpg

工業製品の値段は機械化や、海外生産のために安いですから日本の場合は
生産のための人件費コスト<修理のための人件費コスト
になってしまうんですね。
ですから一般的にいろいろな”直し屋”という職業が存在しうるのは、人件費コストが安い国だけ。
直して使った方が資源の無駄遣いにならないし、ゴミも少なくなります。
綺麗に直ってまた履ければ愛着もわいて嬉しいですね。

「何か直してほしいのかい?」
c0134569_1935498.jpg

学生のときデリーの安宿で私がずーと着ていたTシャツをゴミ箱に捨てておいたら、翌日ボーイがそのTシャツを洗濯して着ていたので驚いたことがあります。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-01-04 19:43 | ネパール パタン

semスキン用のアイコン01 どこの国でも市場で見かける風景 semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 23日

なぜかネパールでは組織化された市場にはお目にかかりませんでした。
商店はあるのですが、食べ物を売るのは道端が多いのです。
どこの国でも市場で見かける風景


c0134569_22115981.jpg

ニンニク、スパイス
c0134569_22121924.jpg

うーん?豆かスパイス
c0134569_22123022.jpg

お母さんたちのおしゃべり
c0134569_22124656.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。

すごいジオラマ
[PR]

by travel-arrange | 2010-12-23 22:26 | ネパール パタン

semスキン用のアイコン01 人間の力でここまで出来る semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 21日


最近日本では肉体労働を極力しないで済むように、どんなことでも電気を使ってモノづくりをしている感があります。
今時、工場の中では小さなネジだって手でまわして締めないで電動ドライバーで大きな音を出してブリブリブリってまわしていますからね。

ネパールに行くと、ああ、人間の力でここまで出来るんだなあということに改めて感心したりします。
あまり電気や機械にばかり頼っていると、道具と人間の力を忘れてしまうんではないかなあ。
c0134569_2145691.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。

夕焼けの気配
[PR]

by travel-arrange | 2010-12-21 21:50 | ネパール パタン

semスキン用のアイコン01 ネパールの目が大きくなるお化粧の方法 semスキン用のアイコン02

  

2010年 10月 18日

ネパール パタンの街
雑誌屋さんの親子が店番をしています。
ネパールではこうした小さい子が化粧をしているのをよく見かけます。
勝手な推測ですがネパールで多くの人々から信仰を集めるクマリ(クリックするとウィキペディアに飛びます)にあやかりたいとする親の願望なのではないでしょうか。
c0134569_2181957.jpg

最近日本でも若い女性の間で極端に目を大きく見せるお化粧が流行っているようです。
目の周りを黒く塗ると目が大きく見えるんだろうか。
c0134569_21212872.jpg

c0134569_212425.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
アジア旅行ののブログここ↑にもあります。

日本橋朝之景の秘密
[PR]

by travel-arrange | 2010-10-18 21:26 | ネパール パタン

semスキン用のアイコン01 書くのをためらっていたネパールの思いで semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 25日

旅の経験の中に、帰ってすぐにブログに書くことをためらうことがたまにあります。
今日書くこともその一つ。
ちょうど一年前のネパールの思いでです。

ネパール パタンの旧市街
歴史的遺産が軒を並べています。
ここでガイジンは入場料を払わなくてはいけません。
c0134569_15264315.jpg

入場料を払って歩いていくと、一人のおじさんが近づいてきて
「どこから来たのか?」
「パタンにはどれくらい滞在するのか?」
と聞いてきます。
c0134569_1527186.jpg

ははーん、またいつものガイドもどきだな、と思いつつ
まあ少し案内してもらって少しお金を上げればいいかなと思っていました。
c0134569_15271521.jpg


おじさんは、後について来いと行って私の前をスタスタ歩いていきます。
c0134569_15273779.jpg

私はそれほど建物の由来なんかに興味があるわけでもないし、
むしろ一人でゆっくり好きなところの写真を撮りたいのになあ、
と思いわざとゆっくりあちらこちら写真を撮りながら歩きます。
c0134569_15275859.jpg


わたしがそうして歩いていても、おじさんは私の前で私がついてくるのを
待っていてくれます。
c0134569_15294124.jpg

時々、建物の説明をしてくれます。
英語は上手で、説明もなかなかわかりやすいです。
c0134569_1531194.jpg


しかしおじさんが説明してくれても実は私は疑心暗鬼で、
後でいったいいくら請求されるのだろうかということばかり心配していました。
c0134569_15311910.jpg

パタンの旧市街について特別な知識もなかったわたしですが、
それでもおじさんの連れて行ってくれるところはガイドブックの写真で
見たことがあるようなところばかりです。
c0134569_15313648.jpg


まあどうにでもなれと思って、、おじさんのことを聞いてみると、
このおじさんラジオ・ネパールの技術者だとのことです。
c0134569_15321385.jpg

ラジオ・ネパールという名前から推測するにNHKみたいな公の放送局なんでしょう。
ますます信じられません。こういう名前を騙るのは詐欺師の
常套手段みたいなものですからね。
c0134569_15374421.jpg


まあ勝手に言わせておけばいいや。
しかしもう1時間以上も案内してくれています。
c0134569_1538426.jpg

そのうち、
「お腹がすいていないか?」
「私のうちは近いけどご飯を食べていかないか?」
とのお誘いです。
こりゃ危ない危ない。
家に連れて行かれ睡眠薬の飲まされ身包み剥がされたらたまりません。
c0134569_15401933.jpg

なんとか振り切ろうと、
「実はホテルに友人がやってくることになっているんだ」
「もう疲れたからそろそろ帰りたい」
と嘘を言っても・・・
c0134569_15403987.jpg

「じゃあ最後にこれだけは見ていこう」
と人気のない建物の中に入って行きます。
さあ、どうしようか?
逃げ道を確認しつつ中に入ると、
c0134569_15405411.jpg


建物の中は由緒正しそうなお寺でした。
名前は覚えていません。それどころではなかったんです。
安堵しつつも、もう帰りたいので帰りがわかるところまで連れて行ってくれ、
と頼むとわかった、わかったと言ってまた歩いていきます。
c0134569_1541239.jpg

じきに自分がどこを歩いているのかわかってきました。
ここまで来ればもう安心です。
c0134569_15411990.jpg

時計を見るともう2時間近く案内してもらったことになります。
一応お礼にと思って少しお金を渡そうとすると、
「とんでもない、日本から来た人にこの街を知って欲しかっただけなんだ」
と言って、頑としてお金を受け取りません。
記念に写真を撮らせてもらい、写真をメールで送る約束をしました。
メールアドレスを交換し握手をして別れました。
c0134569_8525023.jpg


しょうがないことですが、おじさんのこと素直に信じることが出来ませんでした。
日本に帰ってから写真を添付してお礼のメールを出すと、
しばらく経ってから返事が返ってきました。

Dear sir
I am very glad to receive your kindlymails so Thank you for its. I hope you have enjoyed with you traveling about Nepal . I am sure to keep you as well as good communication , open postive minded news & can be of anyhelp for you do write to me

Regads

(原文そのまま)

チクリと心が痛む思い出です。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2010-09-25 16:47 | ネパール パタン

semスキン用のアイコン01 君たちが見たことがない祖国チベットに帰れる日 semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 26日

ネパール パタンのチベット難民キャンプの近くです。
やはり建物には“地・水・火・風・空”を表わす五色の布タルチョが。
ただ色あせて5色が同じ色に見えてしまっていますが。
c0134569_2147271.jpg

冴えない建物だと思ってみていると、中から声が聞こえてきます。
きっとアレです。
ちょっと覗いてみましょうか。
c0134569_21505680.jpg

おそるおそる敷地の中に入っていくと。
やはり私の予想通り学校でした。
中学生か高校生ぐらいでしょうね。
c0134569_21531340.jpg

楽しそうに勉強しています。
生徒の数は少ないですね。ここのチベット難民の子どもたちです。
c0134569_21544758.jpg

将来きっと君たちが見たことがない祖国チベットに帰れる時代が来ると思います。
その日のためにも勉強してくださいね。
c0134569_21542774.jpg

blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-26 22:04 | ネパール パタン

semスキン用のアイコン01 注意: ネパールには革靴をはいていかないこと! semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 20日

ネパールのパタン
この街の旧市街を歩けば歴史を好む好まずにかかわらず、歴史遺産にぶつかります。
c0134569_18551495.jpg

ここは(今調べてわかった)仏教寺院、ゴールデンテンプル。
c0134569_1856990.jpg

町中古めかしいつくりなので、これが由緒正しきお寺だとはわかりませんでした。
c0134569_18564652.jpg

ただ入場料が必要ですからね。ここが”何か”であるということはわかっていましたよ。
50ネパールルピー(60円)ですけどね、わからなくても太っ腹の私はお金を払っちゃいます。
ところで私は50ルピーのForeign Visitorですけどね、SAARCのVisitorっていうのは何でしょう?
SAARCとはSouth Asia Association for Regional Cooperationのこと。
加盟国はインド 、パキスタン、バングラデシュ、 スリランカ、ネパール、ブータン、モルディブ、アフガニスタンの皆さんのようです。
c0134569_1859031.jpg

SAARCの方たちは10ネパールルピーOnlyです。
いいえ私は怒りませんよ、いつもこんな差別には慣れてますから。
c0134569_18574927.jpg

屋根は本物の金とのことですが、私の写真の撮り方が悪くて金色には見えませんね。
まさかここがゴールデンテンプルだとは知らなかったもので撮り方に注意していませんでした。
c0134569_18575518.jpg

c0134569_1858275.jpg

歴史的建造物にはあまり興味が無いんですが、こういう看板↓には興味をそそられます。
”靴”の字が分解しちゃってますが、「革靴をはいたままおりないでください」ですね。
この「おりる」というのはこの寺の中庭に降りるということなんです。
これ脅かしではないんですよ。
私はこのとき一見革に見える黒のスポーツシューズを履いていたので、止められてチェックされました。
じろじろ見られて、「うん、お前の靴は安物のビニールレザーだな!降りてヨシ」なんて感じでね。
c0134569_1859131.jpg

ネパールではこのように革靴に厳しいところがあるんですが、
c0134569_18592627.jpg

歴史遺産のお堂の前で野菜を売ることには寛容なんです。
c0134569_18594064.jpg

blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2010-01-20 19:32 | ネパール パタン

semスキン用のアイコン01 ドラム缶の中身 semスキン用のアイコン02

  

2009年 12月 16日

ネパール パタンの大通りを歩いていると何かの食べ物やさんがあります。
店の前においてあるドラムカンみたいなものは何でしょう。
上にフライパンが置いてありますね。
c0134569_21431330.jpg

何だろうと思って見ていると、店の人が中から出てきて
「見てろよ」
という感じで実演を始めました。ピザ生地のようなものを持っています。
おじさんそのピザ生地を持ったまま腕を上の穴にさっと入れると、あーら不思議、生地だけが消えてしまいました。
c0134569_21433234.jpg

穴の中を覗いてみると、壁に生地がへばりついています。
これはナンでしょうね、ナンじゃないし。(駄洒落じゃありません)
ナンはもっと厚いもののような気がしますから。
c0134569_21434299.jpg

お店の中では若者たちが料理が出来るのを待っています。
c0134569_2144428.jpg

フラッシュの光が端まで届いていないのはご愛嬌。
10mmの広角レンズなのにカメラに付いたフラッシュを使っているからです。
c0134569_21441299.jpg

何ができるか見届けたいところですが、先を急ぐので笑顔だけ撮らせてもらって店を出ます。
c0134569_21442370.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓

新しいコンパクトカメラ
[PR]

by travel-arrange | 2009-12-16 22:05 | ネパール パタン

semスキン用のアイコン01 パタンの路上ドーナツ semスキン用のアイコン02

  

2009年 12月 13日

ネパール パタンのペンション スザータ、朝ごはんは7時半からです。
早く起きてしまったので、少し散歩しに外に出てみましょう。
c0134569_18572890.jpg

犬は仲良くまだお休み中です。
パタンの気候は高原性の気候。
軽井沢の夏のようで、昼間は日差しが強くて暑いですが湿度は低くて朝夕は肌寒いくらいです。
c0134569_18574019.jpg

街の雑貨屋さんはもう開いています。
c0134569_18571038.jpg

道端で何をしているんでしょうか。
c0134569_1858454.jpg

ドーナツのようなものを揚げているようですね。
c0134569_18581681.jpg

ドーナツを揚げているお父さん、残り物のドーナツを食べ過ぎてお腹が出ちゃったのかな?
c0134569_18583271.jpg

作り方を見せてもらいましょう。
まず小麦粉を溶かした液をジョウゴに入れます。
このときジョウゴの下の口は指で押さえて漏れないようにしています。
c0134569_1858538.jpg

これを熱い油の上に持っていき、指を離して丸い輪を作ります。
c0134569_1859593.jpg

一つ出来たらまた指で口を押さえて横にもう一つの輪を描きます。
c0134569_18591549.jpg

私も一ついただきたいな。
一つ買いたいそぶりを見せたら、新聞紙に包んでくれました。
一つ5ネパールルピー、6-7円ほどですね。
ほのかに甘くて香ばしくて美味しい。
おやつにもってこいです。これにスパイスを利かせた甘いネパリーティーがあれば十分な朝食になりますね。
c0134569_18594199.jpg

もう一つ食べたいところですが、ペンションスザータの美味しい朝食も待っているし、それにダイエット中の身ですからこれだけにしておきましょう。
c0134569_18593155.jpg

こんな路上で作るドーナツ、日本人の感覚では尻込みしてしまいそうですが、こんなときこれを食べないでどこに海外旅行の楽しみがあるというのでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2009-12-13 19:23 | ネパール パタン