だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 LKメトロポール パタヤ タイ semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 29日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
LKメトロポールはパタヤにあるサービスアパートメントです。
c0134569_19124578.jpg
最初サービスアパートメントとホテルの違いが良くわかりませんでした。
言えることは、サービスアパートメントは長期滞在者用に部屋の中に、キッチンやダイニングの設備がきちっとあること。
c0134569_19153694.jpg

比較的広い部屋であること。
c0134569_1916640.jpg

それなのに値段が安いことです。
このLKメトロポールの部屋は、ダブルルームのシングルユース、朝食つきでなんと2200バーツ(2007/7時点)です。
c0134569_1919735.jpg

値段の安さの理由は、ホテルのような人によるサービス(ベルボーイやドアマン、コンシェルジュなど)が少ないこと、超一流ホテルの豪華絢爛なロビーが無いことぐらいではないでしょうか。何でもセルフサービスの日本の一流のホテルのサービスに慣れている日本人にはちょうど良いと思います。
トイレの写真の右下の便器の隣に、ホースの先みたいなものが見えるでしょう。これはバンコクでは2流以下のホテルには設置してある。用を足した後でお尻を洗う水鉄砲です。海外ではまったくといっていいくらい、ウォシュレットが無いので、バンコクではむしろこれがある2流ホテルの方が快適といっていいくらいです。
c0134569_1924970.jpg

お風呂も立派です。
c0134569_19244258.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-09-29 19:26 | いろいろなホテル

semスキン用のアイコン01 agodaでホテルを予約する semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 29日

インターネットで世界のホテルを予約するとき有名なのはアップルワールド、オクトパストラベルです。今回インドのホテルを予約しようと思ったときに一番安値だったのが、あまりなじみがない、タイかシンガポールに拠点を持っているらしいアゴダという会社でした。
http://www.agoda.jp/
この会社日本語版のWEBを出していますし申し込みの返信などは日本語で返ってきます。
申し込みの手順は以下のとおりでした。
1、→WEBから申し込み
2、←メールにて申し込み受付の返信
3、←メールにて空室確認の連絡
4、→クレジット情報の送信
5、←メールにてクレジット承認、ホテル予約のコンファーム
6、←クレジットチャージの連絡
7、←ホテルバウチャーが送られてくる
8、←宿泊後にインボイスとレシートが送られてくる

いずれにせよ安くてスムースな予約ができました。キャンセルの場合は下記の規約のとおりになるようです。宿泊日の変更の場合はどうなるんでしょうかね。

キャンセル規約:
-一度この予約コンファメーション(予約確定)を
お受け取り後のキャンセルにつきましては、
US$15ドルのキャンセル料が発生いたします。
-コンファメーション(予約確定)Eメールに特別な記載がない限り、
ご到着前10日以内のキャンセルにつきましては
1泊分をキャンセル料として請求させていただきます。
なおこの場合は、別途キャンセル料US$15は請求されません。
-また、ホテルに到着できなかった場合も遅延キャンセルとされ、
上記の条件のキャンセル料が発生いたしますのでご了承下さいませ。
-お客様がご予定の出発日よりも早くチェックアウトされる場合は、
実際のご滞在日数のみのお支払いになります。しかしながら、
ピーク期間やイベント開催期間などの繁忙期、またホテル高稼働率時期には
ホテル側から別途キャンセル料を請求される場合もございますので、
ご了承ください。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑シフトキーを押しながらここをクリックすると、このブログはそのままで、新しい画面でランキングが見られます。
コメントもよろしくお願いします!↓
[PR]

by travel-arrange | 2007-09-29 16:17 | いろいろなホテル

semスキン用のアイコン01 ムンバイ空港付近の海水浴場 semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 29日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
オートリクシャに乗ってまず連れて行かれたところは、海水浴場。
c0134569_15382037.jpg

地図で見ると、ムンバイの空港から西に行った、アラビア海に面したところのようです。この日は平日、うす曇であまり海水浴には適していないせいか、もともとそうなのか客はあまりません。
c0134569_15281611.jpg

一角に海の家風の売店群があって、ジュースを売っていたり食べ物の準備をしています。
c0134569_15292986.jpg

ほとんどのインド人はカメラを向けているのに気がつくと、いやな顔もせずポーズをとってくれる人もいます。
c0134569_15304182.jpg

特に少年は写りたがり屋が多くて、デジカメで写真を撮ると必ずとったものを見せろといい、見せると満足そうにしていました。
c0134569_15322069.jpg


c0134569_15332381.jpg

多くはありませんが、歩いているとお金をせびりに来る子供たちもいます。ところが警察が来てお金をせびっている子供をしかりつけ、どこかへ連れて行こうとしていました。
c0134569_15352974.jpg

家族の海水浴の様子はこんな感じです。子供はたまに水着を着ていますが、大人たちは薄い服のまま海に入ります。
c0134569_15363430.jpg

インドでは男どうし手をつないでいる光景を良く見ます。何か意味があるんでしょうか。
c0134569_15374760.jpg

卵を使ったお菓子か料理
c0134569_1539130.jpg
c0134569_15391541.jpg

のら牛もいます。
c0134569_154082.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-09-29 15:44 | インド・ムンバイにて

semスキン用のアイコン01 ムンバイでオートリクシャに乗る semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 29日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
日本からインド国内の地方都市に行くには、主要国際空港で乗り換えのための1泊を余儀なくされます。
ムンバイ国際空港の近くのホテルに宿泊しましたが、翌日午前中時間が空きました。
そこでホテルの近くにたむろしている自動三輪車(オートリクシャ)の運転手と交渉し3時間の観光を行うことにしました。
c0134569_1225191.jpg

あちらこちらに黒い車体に黄色の帯のこのタイプの小型三輪車がたくさん走っています。
ちなみにこちらは同じ配色のタクシー
c0134569_125307.jpg

こちらは涼しげな?配色のブルーのタクシー。
c0134569_1272997.jpg
この色のタクシーはエアコン付で値段が少し高いと聞いていましたが、黒に黄色帯のタクシーでもエアコン付はあります。
もちろんオートリクシャにはエアコン付はありえません。
私はホテルの近くにいるこの運転手と交渉しました。
c0134569_12135523.jpg
インド人はみな賢そうな顔をしています。彼が英語が話せるのかどうかは話してみないとわかりません。3時間観光で乗せてもらっていくらだ?と聞くと、何事か話しながらまじめくさった顔で、とにかく乗れと後ろの座席に乗せようとします。困ったな、と思いながら、乗り込み走っている最中にとにかく「3時間」 「いくら?」といい続けましたが、運転手は「OK、OK」といいながら狭い道を右左に走ります。
すると路地で車を止め、近くの人に道を聞いているようです。しかしわからなかったのかまた少し走って止まり、同じ事を繰り返しています。そのうちに小さなホテルの前で、聞きに行った相手を車につれてきました。連れてこられたホテルの人は私に英語で私にどこへ行きたいのか聞いてきました。そうですこの運転手は英語がまったく話せないので英語ができる通訳を探していたのです。
そのホテルの人に、3時間付近の観光がしたいこと、3時間後には国内空港へ行かなくてはならないので必ずここに戻ってきたいこと、値段がいくらかを決めておきたいことなどを話しました。そうすると通訳をしてくれ運転手は初めてわかったというように笑顔を見せました。
最初からこの運転手、まったく理解していなかったのです。そして言い値の500ルピーを400ルピーに値切り、観光がスタートしました。
c0134569_12214834.jpg

貸切だからメーターは関係ないけど、3時間でこの表示。ただメーターを使うときは、このメーター表示の数値から換算表で現時点の値段に計算しなおすそうです。
c0134569_12221142.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-09-29 12:25 | インド・ムンバイにて

semスキン用のアイコン01 チャトチャック市場 semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 26日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
バンコクに行ったことがある人でも、この有名な大きな市場を全員体験できるわけではありません。なぜならばこの市場は土日しか開いてないからです。
行きかたは簡単です。土日に市内を走るBTS(高架式電車)のスクンビット線の片方の終点駅であるモーチット(Mo Chit)で降りるか、地下鉄のチャトチャック公園駅(Chatuchaku Park)で降りれば、あとは人の流れについていくだけ。ほとんどの人はこの市場に向かいます。
この市場、広い、暑いですけどなんでもあります。日本からもバイヤーが買い付けに来るということです。写真はモーチット駅から市場方向を写したもの。右側の階段を下りて市場に向かいます。
c0134569_22415654.jpg

海外では値札を付けていないことが多いですね。下のこのぶどうの59は59バーツなんでしょうけど、Kgあたりなのでしょうか。一房だけどうやって買うのでしょうか、迷うでしょ。ここで売っている人のほとんどは外人慣れしてても、いんちきな売り方はしないと思います。
なんといってもバンコクで一番いんちきな売り方を公然としているのは、空港免税店ですよ。
値段交渉しなければいけないと、なかなか手が出せないと思う人も、例えば1000バーツ(3300円)ほど一日の遊び代だと割り切って、何でも目に付いたものを買ったり、お昼やおやつを買い食いしてみましょう。にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
必ず後でパッポンや空港で同じようなものが遥かに高い値段で売られているのに気がついて得をした気になれます。
市場の入り口付近にはいつもこの果物屋さんがいます。
c0134569_22471675.jpg

これはお菓子でしょうか
c0134569_22473941.jpg

私はここに来たのが3回目でしたが、今回昆虫の揚げ物屋台に始めて気がつきました。

c0134569_22521456.jpg


c0134569_22525131.jpg


c0134569_22532217.jpg




c0134569_2254365.jpg


食べ物の写真ばかりでしたけど、奥にはあらゆる雑貨、美術品、絵画、衣料品などがあります。また旅行者は買えないでしょうけどペットの動物も待っています。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-09-26 23:02 | バンコクの市場

semスキン用のアイコン01 キングフィッシャーエアライン 機内食 semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 26日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
キングフィッシャーエアライン IT131 ムンバイ発14:50 ゴア着15:50着 キングフィッシャーファースト(ビジネスクラス)に搭乗しました。
c0134569_1934119.jpg

時刻表では上記のとおり飛行時間1時間ですから、東京-大阪のシャトル便のようなものです。。1時間といっても距離にして400km程度だそうですから、むしろ東京-名古屋という感覚です。ですから実際の飛行時間は1時間なんてありません。ところが同じ区間を列車で行くと12時間の夜行列車、バスで行くと9時間かかるそうです。
同じ区間に4-5社ほどの航空会社が定期運行しているようです
c0134569_19343192.jpg

こんな短い距離なのに、ウェルカムドリンクから始まります。
c0134569_19353734.jpg

昼間なので飲むつもりも無かったので聞きませんでしたけど、インドですからアルコール類の提供はキングフィッシャービールでさえも無かったかもしれません。
c0134569_1940232.jpg


c0134569_19425117.jpg

メニューが配らればっちり機内食が出ます。このメニューは時刻表によると、ランチではなくてスナックなんだそうです。
メニューを見てもよくわからなかったので、一番上のものをお願いしました。
c0134569_19393633.jpg

せっかく出してもらって申し訳なかったけど、中途半端な時間でお腹がすいていなくてあまり食べられませんでした。味は「お腹いっぱいな人には食べられない」ぐらいのものです。
あっという間に片付けられ、ゴア空港に到着です。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-09-26 19:49 | 空港と搭乗

semスキン用のアイコン01 キングフィッシャーエアライン semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 26日

キングフィッシャーエアラインの航空券購入に関しては前に書いたとおりですが、実際に搭乗しました。サービスレベルの高さはうわさ以上のものです。
インドの国際空港などの公的設備やエアインディアなどの最低レベルの対応に比べ、別世界のサービスを提供してくれます。すこしやりすぎの感もありますが・・・
インドの飛行機は遅れて当然といわれていますが、このムンバイの国内線空港のパタパタ旧式のボードを見てください。キングフィッシャー(IT)もどれもスケジュールどおりでしょ。
c0134569_197349.jpg

私の購入したチケットはキングフィッシャーファーストというビジネスクラスです。一般席でも十分なサービスですが、このビジネスクラスの差別化は抜群です。もしこの次に一般席にするか、ビジネスクラスにするかと聞かれたら、少し迷ってビジネスクラスにするでしょう。
まず空港の外で航空券(e-チケット)ひらひらさせていると、派手な赤い服を着たお兄さん
c0134569_19114519.jpg
にキングフィッシャーエアラインの顧客かどうか聞かれ、チケットの確認をしてキングフィッシャーファーストとわかると預け入れ荷物や持ち込み荷物をすべて持ってくれ、キングフィッシャーファースト専用カウンターに案内されます。
c0134569_1916027.jpg

そして搭乗手続きが済むと、これまたこの兄さんが機内持ち込み手荷物を持って、専用ラウンジに案内してくれます。
ラウンジでは飲み物や食べ物のオーダーを聞かれ、搭乗時間になったら一人一人に時間を知らせてくれます。写真はムンバイの国内線空港にあるキングフィッシャーファースト専用ラウンジです。
c0134569_19184068.jpg

人件費の安さのなせる業でしょうからここまでのことは日本では不可能でしょう。
また搭乗するときにはバスで移動しますが、このバスもキングフィッシャーファーストの乗客は専用バスで移動します。
このバス、バスの中に真っ赤なふかふかクッションのソファーになっていて、普通のバスの方が乗りやすそうです。ただ人数が少ないので降りるときは一般客を待たないで前方座席のキングフィッシャーファーストの顧客だけ先にゲートに向かうことができます。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-09-26 19:27 | 空港と搭乗

semスキン用のアイコン01 海外での食事 semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 26日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
海外にいるとき一人で食事をするのは寂しいですし、新しい食べ物に挑戦することもできません。もし現地語で書いてあるメニューを適当に頼んで、食べきれないほどの量が出てきたり、くせが強くて食べられないものだったらなんともならないですよね。
海外出張初心者の頃は、マクドナルドで寂しい食事をすることが多かったのですが、このごろはなんと言って日本食です。
学生のときは、海外に行ってまで日本食を欲しがるなんていうのは堕落しているなんてほざいていたような気がしますが、おじさんになってしまってからは、お腹を壊すことも無く、安心して注文でき、大きなはずれが無い日本食が一番です。
日本食自体が世界でもポピュラーになってきたためか、ヨーロッパでもアジアでも大きな都市に行けば日本料理屋は必ずあります。
バンコクでは「らーめん亭」が日本人の集まるところあちらこちらにありますので、ここは便利です。店は場末の中華料理屋という感じですが、メニューは場末の中華料理屋と同じく豊富ですし、店の戸を開けると「いらっさいまーせー」という勢いのある声が聞こえます。調理人のタイ人たちも手際よく働いています。
3年ほど前に初めてタニヤのお店に入ったときにはじめて食べたラーメンは日本で食べても平均以上の点が付けられるものでしたし現地の価格レベルと比較すれば高いかもしれないけど、東京のオフィス街で昼ごはんを食べるよりもよっぽど安いのも嬉しいところです。
しかしこのところ物価上昇のせいか行く度に値段が上がっているような気がします。これはホテルの値上がり以上の値上げですね。
今(2007/SEP)正油ラーメン150バーツですけど、つい数年前は100バーツもしなかったんじゃないかなあ。
メニューは当然バーツですから、今(2007/SEP)の為替ですとこれに3.3倍すれば日本円になります。150バーツは約500円といったところです。
c0134569_1802930.jpg


c0134569_1805922.jpg
もし掲載が関係者の方のご迷惑であればご連絡ください。削除します。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-09-26 18:03 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 プラザアテネ ロイヤルメリディアン バンコク semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 26日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
このホテルは2度目の宿泊になります。最近(2007/SEP)バーツ高とバンコクのホテルの著しい値上がりで、昨年泊まったときは1泊1万円程度だったと思いますが、今回日本の旅行代理店から予約して1泊1万8千円です。
c0134569_1703365.jpg

チェックインの際に、スターウッドゴールドのカード(このホテルチェーンの顧客カード)を見せたせいかどうかわかりませんが、部屋をグレードアップしてくれました。
このホテル前回は良くも無く悪くも無くという印象ですが、空港からのタクシーがきれいな車で運転手も気持ちかったこともあり、最初気分がいいとすべてが良く感じてしまいます。
空港でTAXIに乗るときは空港のTAXIカウンターで行き先を言います。英語で言うならばPlaza Athenee Hotel, at Wireless Roadですがタイ語では、パーサーアテネー ウィッタユと言います。BTSのプルンチット駅から歩いて5分程度です。
c0134569_1711568.jpg

グレードアップしてもらった部屋の中です。ベッドは普通の部屋と変わりありません。
c0134569_17133968.jpg

部屋の広さは少し広めです。ソファーが二人がけです。
c0134569_17154434.jpg

テレビは薄型テレビ。どっちでもいいけど普通の部屋は今でもブラウン管テレビ。
c0134569_17164453.jpg

バスソルトがアップグレードした部屋にはあります。(まあこれもどっちでもいいけど)
c0134569_17174199.jpg

アメニティは変わりません。
c0134569_17181551.jpg

ここのミネラルウォーターはガラスビンがシルクの着物を着ています。
c0134569_17195733.jpg

ウェルカムフルーツ 普通の部屋にはありませんでした。これも食べないことが多いですし、街で買ってくれば安いものですが、あると嬉しくなってしまうのは事実ですね。
c0134569_17212837.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-09-26 17:23 | いろいろなホテル

semスキン用のアイコン01 TG643 ロイヤルシルククラス機内食 semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 26日

成田発の機内食はどこの航空会社でもおいしいような気がします。
私は原則、機内食は出発地の料理と決めています。日本発なら日本食。タイ発ならタイ料理、ヨーロッパ発なら洋食です。TGでは事前に電話で日本食のリクエストができるそうですが、時間が無くできませんでした。WEBでできるようにしてもらえたらいいのですが。
この機内で選択できたメインは3種類でした。写真ではよく見えないかもしれませんが、豚の角煮、サーモンのソテー、牛肉のタイ風炒め物。私は角煮を選びました。
c0134569_16444335.jpg

おつまみ
c0134569_1645336.jpg

サラダと前菜
c0134569_16455811.jpg

メインの豚の角煮
c0134569_16463074.jpg

最初のウェルカムドリンクのシャンパンを飲みすぎ、デザートのときは寝てしまって食べませんでした。写真はありません。洋ナシのタルトだったようです。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-09-26 16:49 | 空港と搭乗