だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2007年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 えー!?こんなところに子供たちが semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 31日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
タイ-ミャンマー国境付近の細くて暗い林道を走っていくと、突然視界が開き山岳民族の村に到着、村の山のてっぺんにりっぱな小学校がありました。
c0134569_2015581.jpg

ここは観光客の出入りするところではないようです。なぜこんなところに足を踏み入れたかは後日書くことにします。
もう昼過ぎで放課後のようで、子供たちが校門の前の坂道で遊んでいます。
c0134569_20162620.jpg

鬼ごっこのような遊びをしているようです。
c0134569_2017320.jpg

c0134569_20172634.jpg

私たち、いつもいっしょ、仲良し二人組みです。
c0134569_20195524.jpg

ぼくは、まだ小さいから小学校に行っていないけどお兄ちゃん、お姉ちゃんの遊びに混ぜてもらっています、”おみそ”です。
鼻水なんかへっちゃらです。
c0134569_20232533.jpg

私も”おみそ”だけどこれさえ噛んでいれば安心なの。
c0134569_2025822.jpg


↓えーとうとう今日は3位に到達しました。まさかここまで来れるとは思っても見ませんでした。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑何回も書きますが、1位2位のブログは不動のチャンピオンですので、これが私にとっては頂上です。ありがとうございました。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-31 20:40 | タイのオフロード

semスキン用のアイコン01 海外に行って一番面白いところは・・・ semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 30日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
海外でどこにいくのが好きかといえば、庶民が日常に買い物をする市場が一番です。
ついでに言うと私が行ってがっかりするのは、有名な名所旧跡ですね。
市場に行けばその国、その街の物価がわかるし、食べ物がわかるし。そしてなんといってもカメラの被写体にうってつけの色とりどりのお店があります。
特に東南アジアはどこにいっても果物屋さんと花屋さんがカラフルでいいですね。
c0134569_20101287.jpg

インドのバナジ(GOA)の市場にも花屋さんがありました。上の写真にはバラの花も見えていますが、ほとんどの店が祭壇用の花のようです。
黄色を中心とした花のレースは、タイのあちらこちらの街角に見られる仏様用の花と雰囲気がにています。
下の写真はまだ開店準備中で、あまりたくさん飾ってありません。
c0134569_20113891.jpg

夕方になってくるとこのように売り物が増えてきます。
c0134569_20133613.jpg

花売りのおじさん「うまく撮れよ、ムフフ」ってな感じで笑ってくれました。売り子は男性が多いです。
c0134569_20334462.jpg

c0134569_20144822.jpg

少年たちは少し恥じらいながら、くったくの無い笑顔を見せてくれます。
c0134569_20153652.jpg

この花のレース、市場の中で花をレースに加工しているのは女性たちです。足で器用に芯になる糸を押さえて、手で花を糸に通していきます。
c0134569_20181373.jpg

c0134569_2020556.jpg

毎日こんなに花を供えてもらってインドの神様たちは幸せです。

↓一回ランキングに載るとつい毎日気にしてしまいます。今日は5位でした。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑上位2人の方は圧倒的強さです。
シフトキーを押しながらここをクリックすると、このブログはそのままで、新しい画面でランキングが見られます。
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-30 20:34 | インド・ゴアにて

semスキン用のアイコン01 チェンライ発 バンコク行き semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 29日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

私はバンコク-パタヤ間のバスには乗ったことがありますが、これはせいぜい渋滞があっても3時間ですから長距離とはいえないでしょうね。
チェンライ-バンコク間のバスは完全な長距離バスです。
チェンライ-バンコク間の移動を飛行機とバスで比べると次のようになっています。
所要時間:飛行機で1時間20分、バスで11時間から12時間
片道料金:飛行機で2000-3000バーツ、バスで300-700バーツ
これでは時間が限られた日本人旅行者がバスを使う機会が少ないのは当然でしょうね。
ただ、バンコクからチェンライ行きの飛行機の一部がドンムアン空港発になってからは、午前発の成田発でチェンライに飛行機で直接行こうとしてもバンコクで一泊しなくてはならないので、12時間のバス中泊が気にならない方であれば使い道があります。
これはチェンライの街の中心部のバス乗り場
c0134569_21543215.jpg

さすがチェンマイに次ぐ大都市だけあって、バスターミナルも立派です。ターミナルの大きさはちょうどパタヤのターミナルぐらいでした。
c0134569_21562392.jpg

私は実際乗っていないので、このバス料金をWebで調べてみると、こんなに分かれています。

VIPバス(24座席), 700B
1st(36座席) エアコン付, 475B
2nd(40座席) エアコン付, 337B - 321B
エアコン無し 251B - 264B
(最近の石油の値上がりで既に値段が変わっているかもしれませんので、詳細はhttp://www.bangkok-busmap.com/ を参考にしてください)
チェンライのバスチケット売る場ですが、画面に見える窓口はすべてバンコク行きのようです。
c0134569_22152797.jpg

どこの窓口がどのバス(VIP,1st,2nd)か良くわかりませんね。どうして料金を表示しないのだろう?
バンコクからは北部、東北部方面行きのモーチット・マイ(チャトゥチャック公園(ウィークエンド・マーケットの北)の裏側あたりに位置している)から出発します。

↓当然のことと思いますがこのブログが4位だったのは一日限りでした。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑このアジア旅行のブログの1位と2位の方は3位以下を大きく引き離し不動のようです。面白いですよ!
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-29 22:18 | タイ・チェンライにて

semスキン用のアイコン01 お米の値段でインドがわかる semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 27日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
インド バナジの市場のお米屋さんです。売っているのは当然細長いインド米。
このお米、日本人が炊いたご飯として思って食べるとおいしくないんですよね。ところが本場カレーと一緒に食べるとパラパラしているところが良く合うんです。
(ちなみに日本のお米のことは英語でSticky Rice=べたべた米、と表現すると通じます)
c0134569_11481754.jpg

お米屋さんの店先には、各種お米の見本が並べてあり、値段が書いてあります。
一番高いのは写真左上のブランド?米”777”は500ルピー。卍みたいなナチスマークは360ルピーです。
さてこの値段、何Kgあたりの値段でしょうか。なかなかわからないし想像もつきません。現地で聞いてくればよかった、と後悔しながら考えました。
日本でスーパーで売っている米の値段は5kg入りの袋で2000円から3000円というのが比較的良いブランド米の値段です。
500ルピーは約1500円ですから、1kg1500円はインドではありえません。
何枚かの写真をよーく見ると、小さく/25Kgと書いてありました。
c0134569_11484865.jpg

そうです、この値段は25Kgあたりの値段なんです。
ということは・・・日本で売っている5Kgの値段に換算すると
最上級”777”は5Kgで300円、ナチスマークは220円、一番安いRaw Riceは165円となりますね。
日本の十分の一の値段です。

昨日、アジア旅行のブログで9位に入りましたと書き、これ以上のランクは望めないだろうと思っていましたが、なんと今朝見たら4位です。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
ありがとうございます。
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-27 12:00 | インド・ゴアにて

semスキン用のアイコン01 海外で携帯メールが届かない!どうする? semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 26日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
海外の携帯電話のネットワークの広がりはすごいもので、以前タイ北部のはるか山奥の山岳民族の村で自分のdocomoの携帯がすんなり通じてしまったにはびっくりしました。
私は会社のメールをすべて携帯に転送しているので、休暇で海外で過ごしていても時折メールが気になって気が休まりません。
転送をやめれば済む話ですが、転送をやめると逆にむしろ心配になってしまいます。メール依存症になってしまっているのでしょう。

私の携帯はdocomoのSIMPURE N、3GとGSM対応の全世界対応型です。
海外では自動受信にしておくと不要なメールまでダウンロードしてしまい、もったいないので選択受信に切り替えています。インドのゴアでいつものように携帯メールを確認していました。
ところが今まで受信できたメールが、あるときからいつまでたってもダウンロードが完了せず受信できなくなってしまいました。電波状態は3本しっかり立っています。
ネットワーク会社の故障でしょうが、ここはインド、気長に直るのを待つしかありません。
ところが一日たっても直らないので、困ってしまいネットワーク会社を変更してみることにしました。
日本ですと、docomoの電話はdocomo。ソフトバンクの電話はソフトバンクのネットワークと決められているのですが、海外ではその場でネットワークを選択することができます。
私のSIMPURE Nの場合、「各種設定」の「アプリケーション通信設定」から「ネットワーク検索」をすると、写真の画面が現れました。
c0134569_222123.jpg

これを現在選択中のAirTelからIDEAに切り替えました。
すると電波状態は3本のまま、メールがするりと受信できました。
海外で、電波が弱くなったり、メールが受信できなくなったときは、このようにネットワーク会社を変えてみるのも一つの手ですね。

ただ、docomoの海外電話料高すぎです。
この携帯でインドからインド国内に電話すると1分80円。インドから日本にかけると1分180円です。docomoも海外利用者から苦情が来るようで、Webにこんなことかいてありました。
「海外でiモードやmopera U等のパケット通信を利用する場合には、ご利用のデータ量に応じてパケット通信料がかかります。国際ローミング中のデータ通信料が非常に高額になる場合がありますので、ご利用にあたっては充分にご注意ください。(パソコンで約1Mバイトの添付ファイル付メールを送信、受信した場合約1,700円の通信料がかかります。)」
こんなひどいことしてると、今にスカイプにやられてしまうぞ!docomoさん。

↓余談、昨日10位になったのが今日は9位にさせていただきました。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑もうこの9位が私の限界だと思います。上位の皆さんのブログ、ご覧ください。
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-26 22:18 | インド・ムンバイにて

semスキン用のアイコン01 モン族の村 夕日を浴びてコンドームの看板は輝く semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 25日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

モン族のキウカーン村。女、子供がアイスキャンディーを食べているとき、お父さんは何をしているかというと・・・
少し子供たちとはなれたところで、太い竹で作った自家製の水タバコパイプで一服です。少し遠くを見つめながら、今日一日の出来事でも考えているのでしょうか。
c0134569_20335510.jpg

このモン族の村、生活レベルは他の山岳民族の中で中ぐらいに見受けられました。子供たちは服を着ていますし、大人たちはサンダルをはいています。それにアイスキャンディーを買えるような人たちですから。
水はホースから出てきていますが、排水設備が無いので水の出口付近は水溜りになっています。
c0134569_20372442.jpg

バイクに入れるガソリンは、このドラム缶から入れます。
c0134569_20383245.jpg

この看板は全部タイ語で書いてあるようなので、私にはまったく読めません。
ただイラストを見れば一目瞭然、コンドーさんです。
AIDS防止か、バースコントロールの呼びかけなのでしょうね。
c0134569_20483320.jpg

顔がみんな良く似ています。日本でもこんなおばさんいそうですね。
c0134569_20533742.jpg

c0134569_2054527.jpg



↓タイ情報がいっぱいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
↓皆さんのおかげで、本日初めてアジア旅行のブログのベスト10に入れさせてもらいました。(但し10位ですけど)
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-25 20:51 | タイ・チェンライにて

semスキン用のアイコン01 村にアイスキャンディー屋が来たよー! semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 24日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイ北部には多くの山岳民族がいます。
私が訪れたのは、観光客がほとんど入ることのない、タイ北部 チェンセーンから更に東のキウカーン村。ここに山岳民族の一つであるモン族が住んでいます。

このような家に住んでいます。
c0134569_2231435.jpg

時間は夕方4時半。バイクでアイスキャンディー屋が村に売りに来て、女、子供がアイスを食べながらくつろいでいます。
c0134569_22332091.jpg

おいしいかな?
c0134569_22355297.jpg

いたずら小僧たち
c0134569_22362617.jpg

c0134569_22364746.jpg

子犬もミルクの時間です。
c0134569_22371557.jpg

c0134569_22375596.jpg

小さい子供たちはおままごとで遊びます。
c0134569_22382630.jpg

c0134569_22403992.jpg

40~50年前、昭和の日本の夕暮れ時のようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-24 22:48 | タイ・チェンライにて

semスキン用のアイコン01 タイからラオス領ドンサオ島に渡る semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 23日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
これは、いかにもガイドブックに載ってそうな写真ですが、お許しください。
c0134569_228178.jpg

タイの北部、ゴールデントライアングルからボートに乗って、対岸のラオス領ドンサオ島に渡るのも、観光のお決まりのコースと一つです。
ボートは数人乗りでバンコクのチャオプラヤー川を走っている馬鹿でかいエンジンを積んだ船の小型版といったところです。
c0134569_22121970.jpg

ドンサオ島はラオス領ということですが、パスポートは不要です。
ラオスコーヒーが名物のようです。
c0134569_2216640.jpg

その代わり島に入るとVISA代なのかどうか良くわかりませんが、入島料のようなものをここで徴収されます。
c0134569_22142245.jpg

確か20バーツ(タイバーツです)ぐらいだったと思います。
島は小さなお土産屋が軒を並べているぐらいで、特に見るべきものはありません。
お店はタイバーツで支払いますが、なんでも大変安いようで、タイ人がタバコをカートンで買っていました。(北朝鮮や中国製の偽物の可能性もありますが)
それと目に付くのが、蛇入りのウィスキーです。どこの店でも置いてありますが興味が無かったので値段も聞きませんでした。
土産物屋に沿って島の中に歩いていっても何もありません。
近くで遊んでいる子供たちの服装などは、対岸のタイに比べると少し貧しい感じがします。
c0134569_2227549.jpg

この娘もラオス人なのでしょう。一人で佇んでいて、写真を撮っていいかとジェスチャーで聞くと、頷いてくれました。
写真を撮った後で、コップンカップと言うと、手招きしてカメラを取ろうとします。何するつもりだろうと思っていたら、逆に私を撮ってくれるということでした。
はにかんだ笑みがかわいい娘でした。

↓皆さんの充実したブログをクリックしてご覧ください。
まだ私のブログを見続けていただける方は、とりあえずShiftキーを押しながらクリックすると、新しいウィンドウで、他のブログが開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-23 22:32 | タイ・チェンライにて

semスキン用のアイコン01 おかま、おかま、おかまー semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 18日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
おかまの皆さんには失礼なタイトルで申し訳ありません。
タイはおかまの皆さんがたくさんいますね。タイではガトゥーイ,英語ではLady Boy、LBと言っても通じます。
タイには有名なおかまショー専用劇場がいくつかあります。
バンコクのカリプソ(アジアホテル内)、マンボー(スクムビット通り、プロムボン駅近く)、ラチャダー(タイカルチャーセンター近く)
パタヤのティファニー、アルカザール。以上5箇所は規模が大きいものです。
私はこの内、カリプソ、ラチャダー、ティファニーに行ったことがありますが、内容はどこも同じようなものです。美しい(本当に)踊りがあり、少しコミカルなショーがあり、そして最後は劇場を出ると踊り子さんたちが、見送りに出てきていて、写真を一緒にとってくれ、写真を撮った人には美しい微笑と同時に、野太い声でチップをせがむというところまでお約束になっています。
ホアヒンでもおかまショーに行きましたが、上記の劇場と比べると極端に規模が小さく、入ってから他のお客さんがまったく来ないのに、ショーが始まってしまい、逃げ出そうかと思ったほどです。
c0134569_20291911.jpg

ところで、日本語の綺麗(きれー)という言葉は、タイ語ではブスという意味だということは、タイ初心者がタイで夜飲みに行って最初に覚える笑い話です。ホアヒンのおかま劇場で、何気なく綺麗と言ってしまってからすぐにしまったと気がついたのですが、日本人に慣れていないホアヒンのおかまさんに睨まれてしまいました。
タイでは綺麗はスワイ、かわいいはナーラックですね。
c0134569_20345492.jpg

タイではおかまさんたちは、完全に普通の人たちと同じように働いていて、周りの人たちは差別などまったくしていないように思います。
私は、タイのおかまさんたちが昼間、普通のレストランやお店で普通に働いているのを見ると、なぜ日本ではおかまさんが、おかまさんとして普通の市民生活ができないのだろうかと感じます。
c0134569_2046599.jpg

日本人の「自分と違う人に違和感を感じる」世間の狭い、了見の狭い性格のせいか、日本人が常に周りの人のことばかり気にしているからなのか。よくわかりませんが、逆にタイ人のこのおおらかさに嬉しくなってしまいます。
とは言いながら、私はパタヤで髪の毛を切ってもらおうと思って入った美容院で、おかまさんらしき人が私の髪の毛を切ってくれたときは、髪の毛を切ってもらう間中、少し緊張しました。
最後にコップンカップと言ったら、太い声でコップンカーと言われたので、やっぱり・・という感じでした。写真を撮っていいかと聞くと、うなずき写真を取らせてくれました。
他の店員の女性が「XXちゃん、写真を撮ってもらえてよかったねー」なんてこの子に言ったのでしょう、写真を撮られてから恥ずかしそうに喜んでいました。
c0134569_20532322.jpg

まあ、この娘のレベルではまだまだショーには出られませんね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-18 21:01 | あやしいタイ

semスキン用のアイコン01 なんだこれ?インド映画の看板か? semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 17日

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
昔私の住んでいた地方都市では映画の宣伝看板が街角に出ていましたが、今は見かけなくなりましたね。
写真は、インドのゴアのバナジという街角に並べられていた映画の看板です。
これは写真を撮ってきただけなので、ここが映画館なのかどうかは定かではありません。
c0134569_20325767.jpg

それでは近寄って一枚の看板を見てみましょう。
c0134569_20335747.jpg

映画の看板のようですが以下のようなことが読み取れます。、

VODDEMというタイトル
10月9日の19:30に上映する
エアコン(A/C)付のPANJIMで上映。(ここはPanajiですから地名に似たホール名なのか?ここがその場所かも)
恋(LOVE)、情熱(PASSION)、裏切り(BETRAYAL)を考えさせる映画
JOHN D'SILVA'S監督作品
まあ、なんだかよくわからないのですが、念のためインターネットでVOODEMを検索してみました。するとなんとぴったりの内容がヒットしたんです。

Voddem
Days :October 9th
Time:From 7:30pm to 11:30pm
会場 Kala Academy, Black Box(Kalaアカデミー、ブラックボックス)
アドレス :Campal, Panaji Campal、Panaji
アクセス :Panajiバススタンドからの10分のドライブ
場所 :Panjim (Click here to view Map)
説明:ジョンD'Silvaによって書かれて、プロデュースのコンカニ語演劇。
電話: 2420451

コンカニ語というのがわからないので、これを検索すると
「コンカニ語はインドの言語のひとつで、インド・ヨーロピアンの言葉に属する。これはインド・アリャン言語でコンカンと呼ばれる西インドで話される。」と難しいことが書いてありました。

現地で看板を見たときは何かわかりませんでしたが、帰ってから看板の内容をインターネットで調べてみると少しは意味がわかってくるものですね。
お暇でしたら、これも解読してみてください。看板からすると、いずれもインド娯楽の王様、ボリウッド映画ではないような気がします。
c0134569_2131020.jpg

これは前の映画とは違い完全にお笑い映画のようです。加藤茶も友情出演でしょうか。
c0134569_2134933.jpg

ところで何か気づきませんか。
看板を読むと書いてあることが一応読めるのです。それの何がおかしいって?
そうなんです。全部アルファベットなんですよ。なぜヒンズー語で書いていないのでしょうか。
すべて教養映画というわけではなさそうなのに
ご存知の方、教えてください。
c0134569_2162726.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑諸先輩方のブログも読んでみてください。
[PR]

by travel-arrange | 2007-10-17 21:20 | インド・ゴアにて