だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2008年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 靴磨きは重要な任務であーる! semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 29日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ ロッブリーのヒマワリ畑の見学が終わり、PASAK JOLASID DAMに行きました。
ここは外人観光客が来るような所ではなく、ローカルの皆様の遠足の場所、デートの場所のようです。
これは清く正しい男女交際。
c0134569_19333452.jpg

案内してくれたタイ人のトゥーンも写真を撮られたがります。
c0134569_193739.jpg

ホントに何も変哲も無い人造湖です。
c0134569_19371984.jpg

たいくつであくびが出てしまいます。まあ平和でよろしいですね。
c0134569_19483364.jpg

おっ、この方、ダムを守る軍の兵士でしょうか?
トゥーンに聞くと、ただのガードマンだそうです。
c0134569_19401225.jpg

ガードマンのところに、近くの乾物屋の旦那がやってきました。私にも干し海老を2つ3つくれました。買いたいんだったら、あっちに店があるから寄ってきな、とのことです。
c0134569_19474953.jpg

おお、ガードマン、こんどは靴磨きをはじめています。
まあガードマンは身なりが大事ですからこれも重要な任務なんでしょう。
c0134569_1944527.jpg

ピカピカの編み上げ靴ですが、こんなのここで一日中履いていたら水虫になりそうです。
やっぱりここは平和なダムです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらタンブンだと思って一日一回ワンクリックをお願いします。皆様のタンブンのおかげで、ここのところ「アジア旅行」でここ数日2位をキープしています。
最強1位常連の方の後姿が、かすかに見えてきました。
もしかしたら・・・
春を待つスクムビット

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-29 19:51 | タイ・ロッブリーにて

semスキン用のアイコン01 インドでも床屋さんの椅子は高級 semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 28日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

あなたが今まで座った椅子の中で一番値段の高かった椅子はなんでしょうか?
と聞かれたらどう答えますか。
おそらく多くの男性は「床屋の椅子」が正解になる人が多いのではないかと思います。
床屋さんの椅子は立派ですよね。上下に動くし、リクライニングになるし。飛行機のファーストクラスの椅子よりも値段は高いんじゃないでしょうか。

ここはインドのバナジ市内の床屋さん。
繁盛しています。
c0134569_2016244.jpg

左側の女の子の座っているのは子供専用の椅子のようです。
c0134569_20171416.jpg

日本のように電動式ではないようですが、いかにも床屋さんの椅子です。
c0134569_2018872.jpg


ところ変わってインドBAGAビーチの床屋さん。
ローカルになった分だけお店も椅子も貧弱になります。
c0134569_20201179.jpg

次の順番を待っているお客さんです。
c0134569_20231612.jpg

床屋から出てすぐの海岸近くの道端です。
c0134569_2024978.jpg


これはバナジの市場の中の床屋さん。
c0134569_202166.jpg

怒っているわけではないんでしょうけど、インド人にじっと見つめられると、こちらが絶えられなくなって目をそらしてしまいます。
ブロックされて中の写真を撮れませんでした。
c0134569_20223617.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらタンブンだと思って一日一回ワンクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-02-28 20:27 | インド・ゴアにて

semスキン用のアイコン01 アヌサワリーチャイ 一廻り semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 27日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ビクトリーモニュメント(アヌサワリーチャイ)を時計回りに一廻りしてみましょう。
c0134569_20325511.jpg

ここにはあらゆる種類のバスが停まっています。
c0134569_20342877.jpg

何と書いてあるのかわかりませんが、これは長距離を走るミニバスだと思われます。
c0134569_20353399.jpg

お坊さんも、バスを待っています。このお坊さん、顔つきが学校の先生という感じでした。
c0134569_20361570.jpg

歩道橋を降りる途中に、盲人らしき方が楽器を奏でていました。
c0134569_2038436.jpg

一周廻るのには歩道橋を降りたり上ったりしなくてはいけません。
c0134569_20393431.jpg

c0134569_20395656.jpg

歩道橋の上でも商売しています。
c0134569_20405393.jpg

警察官が取締りをしているようですが、一人の警察官が写真を写している私を見ているようです。
c0134569_20415542.jpg

まだ見ています。悪いことしていませんが、いちゃもんつけられたら困るので早く立ち去らなければ・・・
c0134569_2043432.jpg

日本語学校の看板です。大きいです。
c0134569_20433453.jpg

たこ焼き型ホットケーキのようです。これ買って食べました。全部食べたら飽きました。
売っている人はたこではありません。
変な顔に撮ってしまってごめんなさいね。なぜ写す瞬間にこんな顔になってしまったんでしょう?

c0134569_20441875.jpg

ゆっくりぶらつきながら、30分ほどで一周しました。
c0134569_20453313.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったら、一日一回ワンクリックをお願いします。
タンブン、タンブン

                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-02-27 20:54 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 バンコクで胡蝶蘭はいくらか? semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 26日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

日本で会社が事務所を移転したりするときに、取引先の会社から送られてくるのは、決まって胡蝶蘭です。胡蝶蘭は、学術的には、ラン科ファレノプシス属胡蝶蘭(またはファレノプシス)といい「ファレノプシス」というのはギリシャ語で「蛾に似るもの」と言う意味なんだそうです。

いつからそういうことになったのか知りませんが、他の花ではなくて胡蝶蘭がお約束のようで、Webを見ると法人のギフト用と書かれた胡蝶蘭がたくさんあります。
法人用ですから、立派で、値段が高い!
この写真はあるところから拝借したものですが、このタイプで約30,000円だそうです。
c0134569_20395032.jpg

蘭はタイの街角にあふれていますが、このような胡蝶蘭はあまり目にすることがありませんね。
ところが、さすがお金持ちの市場オートーコー。同じタイプの胡蝶蘭が売っていましたよ。
c0134569_20404651.jpg

日本の贈答用と比べれば、仕立てが今ひとつですが、立派な胡蝶蘭です。
さてこのオートーコー市場の胡蝶蘭いくらでしょうか?
c0134569_20421660.jpg

鉢に張ってある白いラベルが読めるでしょうか。
2,500バーッ、9,000円ぐらいですね。
タイにしてはとんでもなく高いような気がします。

これは違う種類のラン。
c0134569_2046364.jpg

オートーコー市場のの花屋さんは、パーククローンの花屋さんとは値段のランクが違いました。
c0134569_20481973.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらタンブンだと思って一日一回ワンクリックをお願いします。


                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-26 20:50 | バンコク 物の値段

semスキン用のアイコン01 Miukiのスシ、一貫5バーッ semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 25日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

BTSの駅、ビクトリーモニュメント(タイ語ではアヌサワリーチャイ)はインドシナ紛争でフランス軍と戦って戦没したタイ軍兵士を慰霊するために、1941年に建てられたものだそうです。
c0134569_20142666.jpg

それほど歴史のあるものではないんですね。

BTSはこの塔をぐるっと迂回するために、BTSに乗って何回もこのロータリーを見たことがありますが、今回、初めてあても無く降りてみました。
c0134569_20114944.jpg

BTSが迂回しているのが良くわかります。
c0134569_20123338.jpg

c0134569_2013048.jpg

このロータリーは市内バスの停留所が集まっています。
c0134569_20175988.jpg

このため人が多く、人が多いところには当然露店が集まっています。

こんな綺麗で大きななイチゴはタイで初めて見ました。
c0134569_2020155.jpg

これはカップの中のフルーツをシェイクにしてくれるやつです。
c0134569_20211016.jpg

このスジもどき、食べたことはありませんが、本物のすしなんでしょうか?
c0134569_2023699.jpg

日本の本物のすしより一回り小さくて、フェイク風のカニや海老がのっています。
c0134569_20232380.jpg

このスシ屋台、Miukiという名前です。1個5バーッ。やっぱりスシではなくて、スシの形をしたお菓子か何かではないでしょうかねえ。
c0134569_20255994.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったら、タンブンだと思って一日一回ワンクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-25 20:31 | バンコク 物の値段

semスキン用のアイコン01 タイのQBハウス再び semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 24日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

BTSのアソーク駅から、地下鉄スクムビット駅に降りていくエスカレーター前には、ガードマンがいて荷物の中を見せなければいけません。
ただ空港の手荷物検査とは違い、簡単なチェックです。
c0134569_16221176.jpg

この地下街、Metro Mall という名前でエアコンが効いていて綺麗なお店も並んでいます。
しかしどういうわけか閑散としていてあまりはやっていないようです。
c0134569_16241230.jpg

この奥に入ってすぐに、以前紹介した日本の1000円床屋のチェーン店、QBハウスがあります。
c0134569_1627328.jpg

1000円の床屋のチェーンということで、アメリカのビジネス書「ブルーオーシャン戦略」の中で、従来の床屋と競合しない新しいマーケットを作り出した、ということの実例として挙げられました。
「ブルーオーシャン戦略」の概要はここ↓
http://www.randomhouse-kodansha.co.jp/blueocean/outline.html
このQBハウス、日本では1000円、タイでは100バーッです。
日本では1000円床屋というのは、新たなマーケットだったのかもしれませんが、タイでは100バーッの床屋なんて珍しくもなんともありませんし100バーッ以下の床屋だっていくらでもあります。
果たしてQBハウスがタイで成功したら、「ブルーオーシャン戦略」はこれを何と説明してくれるのでしょうか。
昨年10月にタイのQBハウスを紹介しました。その時の看板は・・・2周年記念11月30日まで60バーッ、でした。
c0134569_16365414.jpg


さて今回は100バーッに戻っているかというと・・・
c0134569_16382452.jpg

前回の2周年記念60バーッの張り紙がそのまま出ていて下に更に紙が張ってあります。
c0134569_16403183.jpg

2月末まで60バーッのプロモーションは継続だそうです。

私は日本で一回、タイで一回QBハウスに行ったことがあります。

従来の床屋と同じようなサービスはしない、髪の毛は掃除機で吸い取る、時間は早い、支払いは前払いで、自動券売機に1000円札を入れて食券のようなものを受け取り自分の順番を待ちます。従業員はお金を扱うことがありません。
徹底した合理化をしています。

あるとき私は10,000円札を持っていったら、お釣りは出ないので外で両替してきてくれと言われて、それから利用しなくなりました。

タイのQBハウスも先払いで100バーッ札を吸い込む自動券売機があります。
60バーッのプロモーションでもまず100バーッを機械に入れなければいけません。
そうすると従業員がポケットから20バーッ札を2枚を出して返してくれるんですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑富み終わったらタンブンだと思って一日一回ワンクリックをお願いします。
ここ数日、初めて「アジア旅行」で2位になりましたが、数クリック差で3位と2位を行ったり来たりしています。
                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-24 17:04 | バンコク 物の値段

semスキン用のアイコン01 アユタヤのタニヤ semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 23日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

バンコクのタニヤほどの規模はありませんが、アユタヤにも日本人用カラオケ屋街があります。”街”といっても何件ものお店が軒を連ねているわけではなく、一つの地域に点在していると言う感じです。
地図の矢印で示すあたりがその場所です。
c0134569_1823016.gif

アユタヤで日本人が泊まるようなホテルは川と線路をはさんだあたりに多いので、川沿いのホテルに泊まった方は、アユタヤに日本人用のカラオケがあることは知らないで帰ってしまうかもしれません。
この地区のランドマークになるのはアユタヤグランドホテルです。
c0134569_1828396.jpg

モタサイなどでホテルに行くと衣料品を中心とした露店がいくつもあります。このあたりに20-30軒の日本人用のカラオケ屋が点在しています。
昼間歩きましたので、まだネオンがついていませんが、このお店「小雪」が一番立派そうでしたね。
c0134569_18301382.jpg

日本食レストランとカラオケ屋さんです。
c0134569_18304959.jpg

私がここで一番気に入ったものは、グランドホテルの向かいにある、何の変哲も無いマッサージ屋です。
c0134569_18315337.jpg

中が良く見えないので少し警戒しましたけど、ごく普通のマッサージ屋でした。
c0134569_18353369.jpg

値段は普通のタイマッサージ2時間、300バーッでした。外の値段表を撮ろうとしたら中から店のお姉さんが顔を出してきてびっくりしました。
c0134569_18381030.jpg

何が気に入ったかと言うと、マッサージの技術です。
いままでバンコクを中心にタイではあちらこちらで数え切れないほどタイマッサージはお願いしてきましたが、ここの技術は少なくとも私の経験からはタイで一番でした。
マッサージは痛くなく、しかし弱いわけでもなく、ツボを完璧に捕らえたようなすばらしいものでした。
一日目に行って、感激したので2日目も行って同じ人を頼んだら、その人は休み。
やむなく別な人がマッサージをしてくれましたが、この方も前日の方と少しマッサージスタイルが違うものの、同じように大満足でした。
彼女が二日目にお願いした方。
c0134569_18434375.jpg

どうもこの人形が目印だよと言っているようです。
タイですから、もし3人目の方にやってもらったら、素晴らしいかどうかは保証しかねますが、次にアユタヤに行くことがあたったら、絶対にまた行こうと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらタンブンだと思って一日一回ワンクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-23 18:48 | タイ・アユタヤにて

semスキン用のアイコン01 ゴア マリオット リゾート semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 21日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ひさびさにインドホテルのご紹介です。
もともとインドのゴアは、インドの中でもインドらしくない、落ち着いた街ですがこのホテルの中は更にインドらしくなく、完全に「欧米か?」
この写真はゴア マリオット リゾートの公式Webの画像
c0134569_2045734.jpg

まあ、こういう紹介用の写真は最も綺麗に撮影しているので、実際はここまで綺麗なことはないのですが、エントランス正面の奥は窓ガラスが無くてそのままの海の青と潮風が飛び込んできます。
c0134569_2071368.jpg

下を覗くと、ホテルの建物と海との間にプールが
c0134569_2095723.jpg

プールの方に降りていきましょう。
c0134569_20114037.jpg

c0134569_2012145.jpg

これがホテルの公式Webによる建物の写真です。
c0134569_20123414.jpg

プールの外の海岸線沿いでは釣りをしている人もいます。
c0134569_20132192.jpg

釣りをしているのは宿泊客ではないようです。
c0134569_20133855.jpg

公式Webの写真ですが、ホテルの中の廊下には確かにこういう椅子もありました。
c0134569_2016069.jpg

宿泊した部屋からも海が望めます。
c0134569_208939.jpg

こんな天気のいい日なのに、ホテルの部屋の中で少し仕事を片付けなければいけません。
c0134569_2017166.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終えたらどうぞ一日一回ワンクリックをお願いします。Shiftキーを押しながらクリックすれば別ウィンドウで開きます。
                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-21 20:23 | いろいろなホテル

semスキン用のアイコン01 良い食用タガメの選び方 semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 19日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

バンコクのパーククローン市場で生メンダー(タガメ)を売っているのを見つけました。
バケツにいっぱい入っています。
c0134569_21323416.jpg

おばさんが、買おうとして品定めをしています。いいメンダーと悪いメンダー、何が違うのでしょうか?
c0134569_21335117.jpg

おっと、おばさん突然バケツの中の一匹のメンダーをつかみ自分の鼻に持っていき臭いをかぎだしました。
c0134569_21351843.jpg

こうして良いメンダーを見分けるのですね。

ところで皆さんご存知のように、タイではメンダーを佃煮にして食べます。
以前ウルルン滞在記を見て思いましたが、このような虫を食べる習慣は世界のあちらこちらにあり、すごいのは木の中に住んでいる白い芋虫を、そのまま生でたべるやつです。
総じて男性のレポーターは、がんばっても食べることができないのに、女性はワーワー言いながらも食べてしまいます。
男性の方が食べ物に偏見が強いということしょうか?
実際私もこのタイの佃煮虫、何回も見ましたが食べた経験は一度もありません。
これが佃煮になったメンダーです。
c0134569_2142015.jpg

Webを調べたら、これを食べた日本人の方の感想が載っていました。
「バンコクシンドローム」のKazuさんです。
http://bkks.blog121.fc2.com/blog-entry-28.html
少し引用させていただきます。
「ウニやカニ味噌の様な「もぉわ~」っとした感じが口 に広がり、苦味・甘味はなく濃厚な感じがした。・・・・後味に少し泥臭さが残るが、こ の泥臭さがなければ、日本酒に合いそうである」
すごいですね。
次はシルクワーム、蚕ということでしょうか。Kazuさんによればあまりおいしくないとのこと。
c0134569_21474100.jpg

かえる。少し生臭い、だけど香ばしいんだそうです。
c0134569_21485685.jpg

バッタ。薄い塩味でマックのBBQソース等を付けた方が食べやすい様な感 じとのこと。
c0134569_21511584.jpg

外国人が日本人が納豆を食べるのを見て、気持ち悪そうな顔をするのは失礼なことですから、日本人もタイ人が虫を食べるのを見ていやそうな顔をしてはいけませんね。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑タンブンだと思って一日一回ワンクリックをお願いします。

                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-19 21:58 | バンコクの市場

semスキン用のアイコン01 冗談じゃないオフロードに突入 semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 18日

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

さていよいよ出発です。今日はどんなコースでしょうか。
c0134569_19402253.jpg

このチェンライの山奥でも舗装道路は結構充実しています。
とりあえず舗装した道を走り、まずはガソリンスタンド?に立ち寄り、ガソリンを給油します。
一泊二日のこのツアーのガイド料金、レンタルバイク代、保険、ガソリン代、宿泊代、それと飲み物以外の食事代は、すべて最初の支払った費用一人7000バーッに含まれます。
ですから使うお金は飲み物とチップだけです。
タイ人が聞けば、何もそんなことにこんな高いお金を払って行くなんてバカバカしいと思われるでしょうが、日本人にとっては超格安のツアーです。
c0134569_19461450.jpg

準備が整い、いざ本格的オフロードに突入しました。
”本格的オフロード”ですから写真を撮る余裕などまったくありません。途中わだちの深い山道の登りで、連続3回も転倒してしまい、4回目は自分でバイクを起こす気力さえ失ってしまいました。
体重移動が下手なため、加重が後輪にかかってしまいアクセルを吹かすと前輪が浮いて転んでしまうのです。
サイモンが自分のバイクを止めて助けに来てくれたので、なんとかわだちを抜けられました。
この季節、乾季に入った直後で道がぬれていなかったので良かったのですが、もし山道が雨でぬかるんでいたら絶対完走できなかったと思います。
ということで残念ながら途中の苦しいときの写真は一枚もありません。

へとへとになってたどり着いた村で昼食です。ここの村ではコーヒーを栽培しているとのことで、庭先の筵に、コーヒー豆がたくさん干してありました。
c0134569_19591320.jpg

昼食はこの村の食堂で好きなものを選びます。
私の選んだソバ。
c0134569_20215991.jpg

実はこの昼食をとったところが以前ブログに書いた、「えー!?こんなところに子供たちが」の小学校の前でした。
http://tratra.exblog.jp/7303598
昼食の後、またいくつかの村を過ぎ、最後は険しい山道を降りて行きます。
サイモンが下り坂の途中突然止まり、小さな看板を指差します。
c0134569_204167.jpg

HUIKAEW WATERFALL(フイケーオ滝) ここは歩いて登って来るか、オフロードバイクでなければ来れない滝です。
c0134569_2081644.jpg

c0134569_2082889.jpg

滝を見物し、またバイクにまたがりしばらく下っていくとやっと舗装道路に出ることができました。
最後はコック川沿いの天然温泉で汗を流して終わりです。
この温泉の話も以前このブログに「タイ チェンライの温泉は混浴」として載せたことがあります。
http://tratra.exblog.jp/7385997
最後はおまけで、サイモンのうちに立ち寄ってパイナップルをご馳走になりました。
どうも最初から最後までサイモンの親族、家族訪問の旅だったようです。

おそらくファランが参加すると色々な注文を出してくるのでしょう、サイモンは私たちに途中、何回も何かしたいことは無いかと聞いてきました。
サイモンは二人の日本人が何も要求してこないので楽しんでないのではないかと思ったのかもしれませんが、私たちは決してもの静かな日本人であったのではなく、単に用意されたコースで十分満足していたのでした。
c0134569_2014953.jpg


結果的には極めて満足のいくツアーで、しかも事故無く、かすり傷以外の大きな怪我も無く終了しました。
まぎれも無く非日常の世界がここにはあり、一泊二日という瞬間をタイムマシンで旅してきたかのようです。

ただ私たちのようなオフロード技術の無い人間にとっては、本当は危ないツアーだったと思います。
すべて自己責任と覚悟していたといえ、帰ってきてから少し無謀過ぎたと反省しました。
オフロードの経験があり、このツアーに興味がある方、ぜひSomさんにご連絡ください。
Somさんは日本語OK(日本人ですから)です。
会社のモットーはEverything is possibleだそうです。
http://www.chiangraitravel.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑タンブンだと思って一日一回ワンクリックをお願いします。                   コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-02-18 20:43 | タイのオフロード