だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2008年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 ウトウト、ウトウト semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 28日

バンコクのお店の売り子さんは、基本的にヒマです。
品物を並べたら、後はじっくり待つだけ。
ですから、つい眠たくなってしまいます。
c0134569_2142356.jpg

暑いけど、日陰は気持ちがいいねえ。
c0134569_21425146.jpg

こっくりこっくり
c0134569_21431177.jpg

おいらは昼寝なんかしてなかったぜ
c0134569_21435068.jpg



今までたくさんの皆様に読んでいただいてまいりましたが、データを移動したばかりの新品パソコンのハードディスクが壊れ、過去の写真がやられてしまいました。
バックアップをとっておけばよかったと思っても後の祭り。
パソコン屋からは、「もちろん保証期間内ですから無償で"新品”のハードディスクとお取替えします」と言われショックで夜も寝られませんでした。

ということでまことに残念ですが、しばらく私も昼寝させていただきます。
5月後半には、海外で新しいネタを拾って帰ってまいりますので、その節はよろしくお願いします。
また時々、皆さんに忘れられないように1枚ものの写真か、国内の写真を載せるかもしれません。
それではしばらくの間、ごきげんよう。 
                          あやしい日本人 スクムビット



                   コメント、お待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2008-04-28 21:57 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 滝で待つ少年 semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 26日

チェンライの山にはいくつかの滝があります。
タイ人にとって滝は涼しいのでオアシス。観光スポットとして人気があるそうです。
チェンライ市内からレンタルバイクを飛ばして、地図に載っている滝に来ました。
平日で観光客は誰もいませんでしたが、滝に行く手前の駐車場に5-6人の子供たちがいて観光客を待っています。
駐車場にバイクを止めると、子供たちはワッと私を取り囲み、お土産品を買ってくれと言ってきます。
申し訳ないけど、それでなくてもお土産は買わない主義なので、いらない手振りをして子供たちから離れました。
ところがその中の一人の少年だけが、しつこくついてきます。
半分無視しながら滝に進んでいくと、どうも少年は私の道案内をしてくれているようです。
前を歩きながらときどき私が後ろから来るのを確認するように振り返ります。

滝に着きました。
c0134569_10161976.jpg

たいした滝ではありませんが、滝から吹いてくる風が涼しくて気持ちが良いです。
少年は、売るのをあきらめたようでじっと川を見ています。
今日は平日の午前中ですから彼は学校に行っていないのかもしれません。
c0134569_10173767.jpg

少年を無視しつつも滝の写真を撮りながら、ここまで案内してくれたし、彼が手に持っているものを一つ買ってやろうかと思いました。
c0134569_10193959.jpg

カメラを向けながら
「少年、ひとつ買うよ」というと
少年は驚いたように振り向きました。
c0134569_10203695.jpg

「シップバーッ」(10バーツ)
少年は無表情でこの手に持ったリボンのようなものを私の腕に結んでくれました。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-26 10:32 | タイ・チェンライにて

semスキン用のアイコン01 暗い冬のヨーロッパは気が滅入る semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 23日

このブログに初めて載せるヨーロッパ。
ドイツのフランクフルトです。

ヨーロッパの国は総じて日本より北緯が高いですから、冬は昼間が短いです。ドイツ人が長い休みを取ってタイなどの南の国に行きたがるのは、冬の暗さから逃げ出したいと言う欲求があるからだそうです。

朝も暗いので、気が滅入ります。
冬のヨーロッパに自分のお金を出してくる日本人の気が知れない・・・
c0134569_2135697.jpg

あー、会議で気の進まないプレゼンしなくちゃならないし・・・
c0134569_2153373.jpg

泊まったホテルは駅のそばのメリディアン パークホテル。
外見は歴史を感じる建物ですが、中はきれいです。
c0134569_21174292.jpg

私は一人で出張のときは、気兼ねなく食べられる朝食が一番の楽しみです。
いいチェーンホテルは朝食が外れることがないのが嬉しいです。
c0134569_21211268.jpg


ここはフランクフルト中央駅(Frankfurt Hauptbahnhof)
c0134569_2183640.jpg

この列車に乗って、一人でケルンまで行きます。
c0134569_2110441.jpg

ああ、この列車はアムステルダム行きなんですね。
c0134569_21112292.jpg

気が重い旅行ですが、列車に乗っている間は仕事のことを少しは忘れられそうです。
ケルンまで1時間ぐらいですけど。

この列車Intercity Expressといって 最高時速300kmの列車です。ただ時速300kmを出すのはごく一部の区間を走るときだけだそうです。日本の新幹線とは違い同じ線路に在来線も走ります。
c0134569_21143625.jpg

この列車に乗ってケルンで乗り過ごしアムステルダムまで行って、そのまま帰って来たい気持ちです。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-23 21:35 | ドイツにて

semスキン用のアイコン01 お坊さんと尼さん専用席 semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 20日

タイのチェンマイは知っていてもチェンライはタイフリークの方でなければご存知の方は少ないでしょうね。
バンコクからほぼ真北に829Km行ったところで、ラオスとミャンマーの国境に接しています。

チェンライのバイクトレッキングが終わり、バイクの転倒で打身になった足を引きずりながら、チャンライ空港からバンコク経由で帰国です。
c0134569_21331266.jpg

ローカル空港なので、この時間(19:22)窓口はすべて私の乗る予定のTG146だけの受付です。
c0134569_2132547.jpg

しかし、これでも国際空港ですからイミグレがあり、スワンナプーム空港行きであれば、ここで搭乗券をもらうとそのままバンコクでイミグレを通らずに日本行きに乗り換えることが出来ます。
(今はバンコク行きは、スワンナブーム空港行きと、ドンムアン空港行きがありますので注意が必要です)
c0134569_2138382.jpg

チェックインも済みました。少し空港の中をぶらぶらしてみましょう。
タイ国際航空直営レストランです。空港のレストランで、しかもTG直営なんて、味と値段が予想できます。
c0134569_21392998.jpg

マッサージ屋さんがあります。
Footマッサージ、30分150バーッ。街中よりずっと高いですが、バンコクの空港と比較すればまだ良心的なお値段。
c0134569_2144129.jpg

ぶらぶらしても、小さい空港ですからこれでおしまい。
少しラウンジに入ってお茶でもいただきましょう。
c0134569_21462479.jpg

おー、これは面白いですね。
ビジネスクラスラウンジの中に、お坊さん専用席があります。
FOR BUDDHIST MONK AND NOVICE ONLY
NOVICEはおそらく尼さんを指していて「仏教僧侶と尼僧 専用」という意味だと思います。
c0134569_2151202.jpg

一般席より一段高いところに、レザー張りのソファーが置いてありました。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-20 21:59 | 空港と搭乗

semスキン用のアイコン01 ムンバイのおじさんたちのファッション semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 19日

ファッションというのは不思議なもので、その時代にはやっているときはなんとも感じませんが、その流行が終わってしばらくすると、そのときはやっていたファッションがすごく古めかしいものに見えますね。
今、自分のセンスで着こなしているつもりでも、後10年してから今の写真を見れば結局は周りの人と同じような格好をしていただけのことだと気がつきます。

インドムンバイの海岸でお店やっているおじさん。
c0134569_20935.jpg

新聞を読んで暇そうですが、これは隣の店のおじさん。
c0134569_2092668.jpg

その隣の店のおじさん
c0134569_2010541.jpg


果たしてあと10年たったら、おじさんたちの服装は変わっているでしょうか?

あっ、そうか、このおじさんたちの服装はファッションとは言わないのか。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-19 20:13 | インド・ムンバイにて

semスキン用のアイコン01 一心不乱に働く少女 semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 18日

バンコクのパーククローン市場では生花の販売が多いのですが、生花を加工して、お供え用の仏花を作っている人たちも多くいます。

一心不乱に仏花を作っている少女。
c0134569_20131823.jpg

お花の好きな女の子に違いありません。

その横で指導しているのは、顔つきが似ているところからこの少女のお母さんでしょう。
c0134569_20141956.jpg

お母さん、睨んでいるように見えるので、載せるのをためらいましたが、写真を撮ったこの一瞬だけこういう顔になってしまったのです。
撮り終えてからコップンカップとお礼を言うと、微笑んでくれました。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-18 20:32 | バンコクの市場

semスキン用のアイコン01 ファランの男二人は少し怪しい semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 16日

当然のことながらタイの首都バンコクには外人がたくさんいます。
日本人はタイ語で「コン・イープゥン」 中国人は「コン・ヂーン」 韓国人は「コン・カウリー」ですが、いわゆる外国人はまとめて皆、「ファラン」です。

日本人はファランではないようですから、白人を指しているのでしょうか。
確か何かの本で「ファラン」はもともとフランス人のことだったが、白人の総称になったと書いてあったような気がします。

タクシーに乗ろうとして、運転手を待たせ道を聞くファラン
c0134569_2114134.jpg

バックパッカーのようですが、この髪型のファランの男二人は少し怪しい。
c0134569_21202580.jpg

地下鉄のガードマンに何かたずねているファランのカップル
c0134569_21163392.jpg

スクムビット ソイ24を自転車で走るファラン
c0134569_2119317.jpg

ファランの行動は、コン・イープゥンの行動と一味違います。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-16 21:23 | あやしいタイ

semスキン用のアイコン01 微笑み  0バーッ semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 14日

バンコクは東京よりいち早く物価が上がっています。

バンコクのミニキュウリの値段
1ダースで10バーッ(33円)  手前のは、小さい茄子かな
c0134569_19503266.jpg

バンコクのキャベツとカリフラワーの値段
1個15バーッ(50円)
c0134569_19523068.jpg

バンコクのイチゴの値段
18バーッ  これは量がわかりません。1個の値段ではないはずですが、1Kgということでもないはずですよね。
c0134569_19552847.jpg

お買い得 ザクロの値段
30バーッ(100円)これは1個の値段でしょう。
c0134569_1957922.jpg

特級品ザクロの値段
35バーッ(117円) この値段差でしたら私はこちらを買いたいです。
c0134569_1958191.jpg

カゴ入りお供え用フルーツの盛り合わせ
720バーッ(2,400円)
c0134569_19595978.jpg

微笑み
0バーッ
c0134569_2045527.jpg

(女の子二人は、タイ式メーキャップできめてますね)


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わってよろしければワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-14 20:08 | バンコク 物の値段

semスキン用のアイコン01 おもろうて、やがて悲しきタイの象 semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 13日

アユタヤには世界中から観光客が来ます。
その観光客のためにアユタヤの町の中を象に乗せて案内してくれる象使いたちがいます。
ここが象ステーション。空車待ちのタクシーのように衣装を着て待っています。
c0134569_1692562.jpg

象使いたちも、象とおそろいの衣装を着ています。
c0134569_1610092.jpg

私も以前チェンライで象に乗ったことがありますが、けっして乗りごごちのいいものではありません。
c0134569_1611821.jpg

ですが、象の背中の上に乗ると驚くほど視界が高くなって、それはそれで面白いものです。
c0134569_1612614.jpg

象乗り場では、ショーもやっているようで、こんな象もいました。
c0134569_16125396.jpg

体を青く塗っているんでしょうね。
ピンクの象もいますよ。
c0134569_16133159.jpg

象を保護するようなことを何もしていない私が言うのはおこがましいとは思いますが、色を塗られた象たちを見ると、少し物悲しい気分になります。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-13 16:17 | タイ・アユタヤにて

semスキン用のアイコン01 高木ブーさん選挙に出る semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 12日

今日は時間が無いので一発芸でお許しください。

高木ブーさん選挙に出る
c0134569_1802426.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-12 18:01 | バンコクの風景