だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2008年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 笑顔30連発 semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 31日

2008年320回目、今年は皆さん大変お世話になりました。
c0134569_23334436.jpg
c0134569_23335031.jpg

c0134569_23335788.jpg
c0134569_2334530.jpg
c0134569_23341816.jpg
c0134569_2334325.jpg
c0134569_23344023.jpg
c0134569_23344746.jpg
c0134569_23345343.jpg
c0134569_23345993.jpg
c0134569_2335852.jpg
c0134569_23351838.jpg
c0134569_23352593.jpg
c0134569_23353281.jpg
c0134569_23353957.jpg
c0134569_23354787.jpg
c0134569_23355321.jpg
c0134569_2336022.jpg
c0134569_23361072.jpg
c0134569_2336174.jpg

c0134569_23362760.jpgc0134569_23363523.jpg
c0134569_23364142.jpg
c0134569_23364811.jpg
c0134569_23365415.jpg
c0134569_2337044.jpg

c0134569_2337625.jpgc0134569_23371358.jpg
c0134569_23374051.jpg
c0134569_23374831.jpg
c0134569_2338283.jpg
c0134569_23555460.jpg

c0134569_2356384.jpg
c0134569_23561324.jpg

c0134569_23571469.jpg

皆様よいお年をお迎えください。
新年に続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-31 00:05

semスキン用のアイコン01 ナイトバザールのお土産 semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 30日

タイ チェンライのナイトバザールです。
毎日開かれていてたくさんの観光客が訪れてきます。
私はおみやげ物は買わないので、申し訳ないけど写真を撮らせてもらうだけ。
c0134569_85473.jpg

こうしたお土産ものも一つの産業になっているのでしょう。
今回のタイの騒動で、観光客がめっきり減っているようですから打撃でしょうね。
ところで、これ↓変な顔ですね。
かわいくないし、面白くもないし。ペン立てのようです。
c0134569_8541643.jpg

子供が面白がって買うことがあるのでしょうが、私にはこのセンス理解できません。
しかしたくさん置いてあってそこそこ売れているようですから私にはおみやげ物を考える能力が無いと言うことでしょうね。
ひとつ、39バーッ(100円強)
c0134569_8542435.jpg

この下の行灯はバンコクでもチェンマイでもまったく同じものを見かけます。
これは外国人、特にファラン(西洋人)が好みそうなデザインです。タイ人は買わないと思いますよ。
日本で、外国人向けのお土産屋やさんが並ぶ、浅草、そこで売っているもの日本人はあまり買いたいと思わないでしょ。同じですね。
c0134569_8543317.jpg

だけど私も子供の頃、東京タワー土産のミニチュア東京タワー持っていたなあ。
東京タワーの横に、根性、なんて書いてあったりして。
あのとき、なぜ欲しかったんだろう。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-30 09:13 | タイ・チェンライにて

semスキン用のアイコン01 アユタヤの美容院へ行く semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 29日

先日、私が外国で床屋に行くということを書きましたが、アユタヤでは美容院へいきました。
自分が髪を切ってもらっているところの写真があれば証拠写真になるのですが、残念ながらありませんのでお店の中の写真を載せましょう。
これがその美容院の入り口です。
英語でさえ書かれていないので何がなんだかわかりません。
c0134569_17105316.jpg

私が髪を切ってもらっていると、お母さんらしい人が子供をつれていました。
変わった服を着ているので私が不思議そうな顔をしていると美容師さんがカタコトの英語で、子供が劇に出るために髪をセットするために来た、というように教えてくれました。
c0134569_1711377.jpg

このラメの入った青い服と白いパンツが劇の服なんだね。
c0134569_17111047.jpg

これが美容院のご主人。少し英語が話せます。
c0134569_17111877.jpg

前髪がワックスでセットされてピンとしてカッコいいね。
c0134569_1711259.jpg

劇の出演のために、美容院で髪をセットしてもらう男の子。
うーん、日本でもここまではあまりしないですね。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-29 17:23 | タイ・アユタヤにて

semスキン用のアイコン01 タイ行きはSQとTGとどちらが良いか semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 28日

正月明けにタイに行くことになりました。
TG(タイ国際航空)かSQ(シンガポール航空)の二つの選択肢があって迷いました。

以前も書きましたようにバンコクのスワナブーン空港はTGの本拠地ですから、空港に着いてから飛行機に乗るまでのサービスがいいんです。
ラウンジにシャワーもあるしマッサージもあるし。
特に夜行便に乗る前にシャワーを浴びられるのは本当に助かります。
ついでに細かいことを言えばTGには日本人の必需品、機内用スリッパがあります。
ただ成田-バンコクのTG643は新しいシートが導入されているB777-200でいいんですが、帰りが古いジャンボ機のB747-400であるTG640しかとれないんです。
c0134569_21563229.jpg

一方シンガポール航空は、食事が美味しいのが魅力的です。機材は行きのSQ631も帰りのSQ632もB777-200(略号772)です。
ちょうど1年前に乗ったときのシンガポール航空の772のシートは、悪くも無いけど特別良くも無いというものでした。
c0134569_2295876.jpg

シンガポール航空の最新鋭機A380とB777-300ERには、誰もが驚いたクラス最大級の新しいビジネスクラスシートが搭載されていますが、現在SQの時刻表に出ているSQ632の機材は昨年と同じ772となっています。
ところがSQの貨物のWebサイトを見るとこのSQ631,632は、772ではなくB777-200ER(略号77E)でスペースベッドというフラットなシートのようです。(SQはもっと旅客のWebで宣伝すればいいのに)
これが決定打となり、シンガポール航空でバンコクを往復することにしました。
c0134569_22363769.jpg

SQにはスリッパが無いので、ANAからいただいてきたスリッパ持参で行ってきます。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-28 22:50 | 空港と搭乗

semスキン用のアイコン01 タイ寺院のおみくじ semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 27日

成田にあるワットパクナム日本別院最終回です。
タイ人たちの工事現場を後にして、もう一度寺院の周りを歩いてみます。
たくさんの木が植えられており、一本一本に看板が付いています。きっとタンブンした方の名前が書かれているのでしょう。
c0134569_9184011.jpg

この名前、Gunjin Koejiさんもタイの方でしょうね。
c0134569_9184967.jpg

お寺の鐘があります。鐘の上の太い竹の棒で鐘を鳴らすようになっています。
c0134569_9185613.jpg

鐘にもタイ語がびっしり。
c0134569_919599.jpg

タイのタイ寺院で見たことが無いもの、これ、きっとおみくじですよね。
タイにもおみくじというものがあるのでしょうか。
大吉:ピセー、吉:タマダーだったりして
c0134569_9191359.jpg

さあ、これでワットパクナム探索もおしまいです。
僧坊の脇に自動販売機があります。ここは日本ですから。
タイには自動販売機はほとんどありませんね。
ただちょっと雰囲気が違います。
c0134569_919205.jpg

ありゃ、これは見たことが無いジュースです。
ココナッツジュースと書いてありますよ。
c0134569_9192793.jpg

売り切れになっているものが多いですが、下の真ん中はタマリンドジュースです。
c0134569_9193578.jpg

これはMaleeブランドのもの。タイのセブン(イレブン)でよく目にするメーカーですね。
輸入業者のラベルも貼ってあります。
c0134569_9194318.jpg

ライチージュースも。
c0134569_9195064.jpg

日本に住むタイ人の心のよりどころ、成田にあるワットパクナム日本別院でした。
念のため、場所と地図が載っているWebサイトを再度ご紹介しておきます。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-27 09:46 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 チェンライの時計台 完成 semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 25日

チェンライの時計塔 ~タイ

いつもコメントいただいているgogoasiaさんのブログにトラックバック。
(↑クリックすると完成写真に飛びます)
今日gogoasiaさんの「旅。ときどき猫。」を拝見したらびっくり!
長いこと修理していたチェンライのランドマークである時計台が完成していました。
いつも完成期日が守られないタイでも忘れた頃には必ず完成するんですね。
BTSしかり、空港しかり、地下鉄しかり

私の写真はつい数ヶ月前の工事中の時計台です。
c0134569_19492555.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-25 19:51 | タイ・チェンライにて

semスキン用のアイコン01 タイ寺院でタイ人に 出会ったー semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 24日

ワットパクナム日本別院には、学校の建物のような僧坊があり、そこの一部にも仏様がいらっしゃいます。
c0134569_1940271.jpg

私が写真を撮っている間一人の人も見かけませんでしたが、つい先ほど点けたと思われるろうそくの火がともり、線香がたむけてありました。
お供えとしてデンファレの花がたくさん置いてあります。
c0134569_19401148.jpg

これが祭られている仏様です。
やはり日本の仏様の顔とは少し違いますね。
c0134569_19401999.jpg

ふと気がつくと、一人の女性が私のほうを見ています。
もしかしたらコンタイ(タイ人)かな、と思い、顔を見ると何か言いたそうです。
「アチラニモ、マダアルヨ」
なんだろうと思い、近づいていくと
「キョウハ、ヤスミダカラ、アチラデ プール ツクッテルヨ」
と言って私を案内しようとしてくれます。
「プール」っていったいなんだろうと言われるがまま、ついていくと歩きながら
「オカネナイカラ・・・・・」
と言い出すので、お金を出せといっているのかと思い、困ったなあ、まあ少しくらいだったら私もタンブンしていってもいいかなと考えていると。
「オカネ イラナイ ハタラク・・・エエト・・・ボランティア デ ハタライテルヨ」と言っていました。
案内された場所は寺院の裏の工事現場のようなところです。
私を案内してくれた女性は、そこにいた二人の女性と話し始めました。(下の写真の左)
c0134569_19402732.jpg

要するに、今日は日曜日だからタイ人がボランティアでお寺のプールを作りに来ている。ということだったのです。
プールというのはスイミングプールではなくて、何というものかわかりませんが、小さい流れるプールのような池の上に建つ仏教的建造物を作っているのでした。
下の写真に見える、とび職風の服を着ている人も後からわかったのですがコンタイです。
c0134569_19403596.jpg

わかりにくいかもしれませんが、この下の写真に写っている人もコンタイです。
c0134569_19404599.jpg

フォークリフトのエンジンのテストをしている人がいて、その横にいるオレンジ色の袈裟を着ているのは、もちろんこのタイ寺院の僧侶です。
ここの工事現場に入ってくるとき、案内してくれた女性はこの僧侶にワイ(手を合わせて拝むこと)をしていました。
もちろん私も「サワディカップ」と挨拶しましたよ。
c0134569_19405313.jpg

毎週、仕事が休みの日にここにやって来て、少しづつこの池の建物を作っているのでしょう。
異国、ましてや日本で暮らすことはけして楽ではないと思いますが、こうして熱心にタイ寺院の建立を手伝うタイ人に出会い、こちらも何だか嬉しくなってしまいました。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-24 20:36 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 成田で本堂を守るヤックとモック semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 23日

成田にあるワットパクナム日本別院。
本道とは別に、お坊さんたちが住んでいると思われる建物があります。
こちらの建物は何かの建物を、改装したようなことがタイ大使館のWebには書いてありました。
c0134569_15495128.jpg

看板がありますが、タイ語でしか書いてないので全く意味がわかりません。
上のほうに日本、タイの国旗が背景に書かれているのに、日本の赤の日の丸が完全に隠れてしまっています。どんな日本人でも絶対こうは書きませんからタイ人が書いたものに違いありません。
c0134569_1550321.jpg

ここが本堂の入り口です。
c0134569_15511171.jpg

守り神のヤック。もとはヒンドゥー教の「ヤクシャ」で、日本では「夜叉」と呼ばれているものだそうです。
c0134569_15511878.jpg

c0134569_15512625.jpg

緻密な造りではありませんが、これが日本のここにあるというだけで苦労がしのばれます。
c0134569_15513443.jpg

おそらくこちらはモック。
ヤックとモックが本堂を守っています。
c0134569_15514227.jpg

本堂の中に安置されている仏様。
この日は中に入れなかったので、外からドアのガラス越しに撮らせていただきました。
c0134569_1552750.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓


ヤック(鬼神)と思われる像
c0134569_212211.jpg

モック(猿神)と思われる像
c0134569_2122516.jpg

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-23 16:20 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 ワットパクナム日本別院 semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 22日

さて、昨日に続き。
この日本にあるタイ寺院の周りを一回りしてみましょう。
c0134569_20125170.jpg

カメラで少し遠くから撮ると白とブルーと赤のコントラストが強くて、少し綺麗過ぎる感じもします。
c0134569_2013452.jpg

ここの場所は成田空港に程近い千葉県香取郡大栄町中野字仙土台294-1です。
ただほど近いといっても、成田駅や、成田空港からは離れておりバスもなさそうでしたので車かタクシーで行かないとつらい場所です。
c0134569_20131395.jpg

日本で初めて建立されたタイの寺院であるワットパクナム日本別院と言います。
在京タイ王国大使館のWEBサイトにもきちっと紹介してあるんですよ。
人々の心が寄り集まった所、徳を積む所であり、また仏教の教えとタイの文化を広める所と紹介されています。
c0134569_20132040.jpg

2005年4月10日(日)にこの本堂が竣工したとのことです。
昨日夕方行きましたが、お寺にはほとんど人はいませんでした。
c0134569_20132848.jpg

明日も続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-22 20:43 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 美しいタイ寺院のシルエット semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 21日

チャオプラヤー川に夕日が傾き、タイ寺院のシルエットが映えます。
c0134569_19133778.jpg

暁の寺として日本人に有名なワット・アルンでなくても、タイ様式のお寺の形には独特の美しさがあります。この形、破風飾りというんですね。
c0134569_19134564.jpg

この重ね屋根の形を見ると、タイにいるということを実感します。
c0134569_1914198.jpg

このタイ寺院、街中ではなく畑の真ん中に建っています。
c0134569_1914821.jpg

あれ?下の写真を見て、すこしおかしいと思った方いませんか。
お寺の周りの木に葉がついていませんね。
バンコクの排気ガスで葉が枯れ落ちてしまったのか。
まるで日本の冬景色のようです。
c0134569_19141698.jpg

これがこのタイ寺院の全景。
c0134569_19143235.jpg

そうなんです。
このお寺日本の中のタイ寺院なんです。
c0134569_19144370.jpg

しばらくこのお寺の周りを歩いてみましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-12-21 19:35 | 日本のアジア