だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2009年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 牛のつぶやき semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 31日

バンコクにて
c0134569_21472687.jpg

春暁
春眠不覚暁  (春眠暁を覚えず)

処処聞啼鳥  (処処に啼鳥{テイチョウ}を聞く)

夜来風雨声  (夜来風雨の声)

花落知多少  (花落つること知んぬ多少ぞ)


春は朝が来たのも知らず、つい寝過ごしてしまうなあ
あちらこちらで鳥のさえずりが聞こえるよ
昨日の夜は雨風の音がすごかったなあ
花もいくらか散ってしまったことだろう


今から1300年前に中国の孟浩然という人が作った詩です。
悠久の年を越え、人が感ずることに変わりがないことに感動すら覚えます。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-01-31 22:19 | ムアン・ボラーン

semスキン用のアイコン01 水平線は水平に撮らなきゃ semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 31日

アオナンビーチからクルーザー乗ってやってきたプラナンビーチ。
リンガが奉納されているプラナンケーブを見物して、後は海辺をぶらぶらするだけです。
c0134569_9541825.jpg

海の写真を撮るときは特に水平線が水平になっていることに気をつけなければいけません。
水平である水平線が傾いていると何か落ち着かない画像に見えてしまうからです。
そのために私はこのEOS40Dのフォーカシングスクリーンを標準から格子付きのものに変えています。
・・・ということで気をつけているつもりなのですが、下の写真、水平線が少し傾いていますね。
c0134569_9535036.jpg

もちろん、水平線がまっすぐにならないのはレンズからくるゆがみによる場合もあるんです。
使っているレンズがカメラに付属していたEF-S 17-85 IS USMは比較的安いズームレンズですので特に広角の17mmで撮るとゆがみが大きいのです。
しかしこの写真の場合、この傾きはレンズのせいではなく、私が右下がりに撮ってしまったせいです。
パソコンで角度を1度左回転に補正したら水平らしくなりました。
c0134569_9533531.jpg

次の写真も1度左回転に補正しました。
どうも右下がりの写真が多いので、これは私が写真を撮る時の癖のようです
c0134569_9553610.jpg

次は水平線の部分が少ないので補正なし、撮ったままです。
c0134569_956121.jpg

ここプラナンビーチにはホテルがあります。
私たちのような観光でやってきたVISITORでもホテルのレストランを利用できるのですが、高級ホテルのようで、スマート カジュアルのドレスコードを謳っています。
要は海パン一丁で入ってくるなよ、ということです。
c0134569_9562181.jpg

ホテルの警備員に写真撮らせてね、と頼んだらポーズをとってくれました。
c0134569_9563334.jpg

このホテルに来るには船で海を渡ってくるしかないので、ホテルの資材もボートで運ばれてきます。
c0134569_9564535.jpg

タイ人観光客もいて、ポーズを決めて記念写真を撮っています。
この写真はゴチャゴチャしているためにあまり気にならないかもしれませんが、よく見ると水平線がやはり右に少し傾いていますね。
c0134569_9565881.jpg

私の癖のようですからこれからは少し左に傾き気味になるつもりで写真を撮ろうと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-01-31 13:28 | タイ・クラビにて

semスキン用のアイコン01 マハラジャ マーケット semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 30日

タイ クラビタウンのグリーンハウスホテルそばの朝市。
写真を撮るために少し朝日が差し込んでからと思い、朝7:30にやってきました。
田舎の市場ですから小さい市場かと思いきや、大きいです。
大きな看板も出ていて、MAHARAJ MARKETと書いてあります。
マハラジャ マーケットねえ、何かインドと関係あるのでしょうか。
c0134569_2211127.jpg

ホテルで聞くとホテルのある場所の地名もMAHARAJ Soi 5というところなのですが、彼らの読み方はマハラジャではなくてマハラー(語尾はタイ語独特の気が抜けるような伸び方)でした。
MAHARAJAとMAHARAJは違うんでしょうか。この地名の真相は今でもわかりません。
市場の上には事務所でもあるのでしょうか、階段があります。階段に登って青果部全体を撮ります。
見えにくいと思いますが、柱に掲げられている肖像写真はもちろんプーミポン国王です。
c0134569_2212453.jpg

タイの市場はどこに行っても食物があふれかえっていますね。
人々に密着した仏教があり、豊富な食べ物があり豊かな国だと思います。
c0134569_2213657.jpg

朝早くからたくさんのお客さんが買い物に来ています。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-01-30 22:22 | タイ・クラビにて

semスキン用のアイコン01 首伸ばしすぎじゃない? semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 29日

いつ見ても清々しいタイのお坊さんとタイ人との関わり。
騒々しいクラビタウンの朝市の一角にお坊さんたちがいて、買い物客や市場の売り子がひっきりなしにタンブン(お布施)をしにやってきます。
お供え物は、お金であったり、市場で買ってきたばかりの食べ物であったり、お花であったり。
お坊さんと小坊主さんが並んでタンブンをした女の子たちにお経を唱えています。
タンブンをした若い女の子たちも裸足になって神妙な顔つきで拝んでいます。
c0134569_19575571.jpg

ちょっとそこの小坊主さん、首伸ばしすぎじゃない?(この写真はぜひクリックして大きいサイズでご覧ください)

お母さんに促されてタンブンする子ども。
タイではどこでもこのような光景を見受けることができます。
c0134569_2013360.jpg

日本の仏教とは派が違うからといえばそれまでですが、今の日本の仏教は人々の生活から離れて存在しているということだけは確かでしょう。
タイに観光に来て有名なお寺見物もいいですが、朝市に朝早く行ってこういう姿を眺めるのもいいものです。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-01-29 20:20 | タイ・クラビにて

semスキン用のアイコン01 バナナの花、見たことないでしょ? semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 28日

日本人でバナナを知らない人はいないでしょうね。
でもバナナの花は見たことないでしょう?

タイ人なら誰でも知っているバナナの花。クラビのシェルのガソリンスタンドの裏に生えていました。
c0134569_19331791.jpg

専門家の方から、正確にはコレは花ではなく〇〇〇なのであーる、などと言われるかもしれません。その節は遠慮なくご指摘ください。

さすがにこの写真だけでは訪れていただいた方に申し訳ないので、おまけとしてクラビのホテルの前のコンビニで買ってきた飲み物3種を載せましょう。
一番目はリンクしていただいているnaozoさんの昨日のブログにシンクロして、タイで最も有名な栄養ドリンクM-150
c0134569_1936566.jpg

タイでおなかの調子を維持するために、ヨーグルトドリンク。
c0134569_19373572.jpg

同じくおなかのために、ヤクルト・・・がなかったからベタゲン
c0134569_19381673.jpg

この写真、接写が得意なサイバーショットで撮りました。

これで明日も元気にクラビの街を歩き回るぞー

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-01-28 19:51 | タイ・クラビにて

semスキン用のアイコン01 島の端、ぎりぎりに建つ小屋 semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 27日

車が無いコー・クレット
この島を巡るには、歩くか、貸し自転車か、モタサイに乗るかの3つしかありません。
もう夕暮れ時でどこまでいけるかわからないので、私は行ける所まで歩いていくことにしました。
結果的にはこれが大正解。いたるところに被写体が待ち構えていて私は立ち止まってばかりいます。

うーん、横綱犬君には風格があるねえ。座り方も堂々としているねえ。
c0134569_20162999.jpg

この日は土曜日でタイ人の観光客が多く訪れたはずですが、もう夕方で観光客らしき人の姿はほとんどいません。

見るからに、おいらはいたずらっ小僧だよ、という顔をした少年。
自転車でしばらく私の後をついてきます。
c0134569_20165520.jpg

以前このブログで、昭和20年代にタイムスリップしたようなバンコクの路地”Soi Aram Si”をご紹介しましたが、ここは島全体が昭和20年代の日本のタイムカプセルのような場所です。
あー、ほんとうに来て良かった!今日のこの時間帯がなおさら良かったのかもしれない。
c0134569_2017991.jpg

島のぎりぎり端っこの半分川の上に立つ小さなちいさな小屋。
てっきりノラネコの家か何かと思ったら、中におばあさんがネコたちと住んでいました。
c0134569_20171764.jpg

たくさんのネコたちがおばあさんを守っているかのようです。
c0134569_20172575.jpg

夕日が傾き、島のお土産やさんはそろそろ片づけを始めています。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-01-27 21:17 | クレット島

semスキン用のアイコン01 クレット島でアメ細工屋さんに出会ったー semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 26日

黒猫に出迎えられたコー・クレット(クレット島)
ここは、外国人旅行者があまり来ない、タイ人のローカルな観光地です。
この島では今でもモン族の子孫が素焼き陶器を作り、それを観光客に売って暮らしています。
島はチャオプラヤー川の中州にあり、橋はありませんのでボートで渡ってくる他に交通手段はありません。
更に島の中にはバイクは走っているものの車は一台もありません。
着くまでに時間を食ってしまったのでもう午後4時半です。もう島のお店が閉まってしまうのではないかと少し心配です。

ところで下の写真の地図に「OTOP」と書いてありますね。
c0134569_19211761.jpg

改めて調べてみると、One Tambon One Product」の略称で日本語では「一村一品プロジェクト」でした。
これはなんと大分県の平松知事が提唱した一村一品運動を、タクシン前首相が2001年頃にタイ全土に導入することを決定し始まったもので、当時タクシン前首相はこの運動の導入のため大分県を視察したこともあったようです。未だにタクシンがタイの地方で人気が高いのはこうした政策のせいなのでしょう。
もちろんここのOTOPは素焼きの陶器です。

島を歩き出すとすぐに目に入ったのはこのおじさん。
これはアメ細工ですね。一個10バーッはかわいそうなくらい安いです。
残念ながらもう今日のアメ細工の実演はおしまい。真剣な顔で作ったアメ細工を1個1個ポリ袋に入れています。
c0134569_19373231.jpg

昔、縁日でこのアメ細工のおじさんが手品のようにアメから動物などを作り出すのを見て感心した覚えがあります。
日本独特のものかと思っていましたが、タイにもあったんですね。それともこれも日本からの技術導入かしら。
c0134569_1941439.jpg

次来た時は、是非実演している時の写真を撮らせてください。
それまで元気で仕事していてくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-01-26 20:05 | クレット島

semスキン用のアイコン01 コー・クレットにたどり着く semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 25日

コー・クレット(クレット島)はバンコクで一度行ってみたかった所です。
バンコクの北西に位置していて、正確にはバンコクではなくノンタブリ県にあるそうで、バンコクの地図を見てもはみ出ていて正確な位置がわかりません。
あちらこちらのWebでコー・クレットの行き方が載っていますので印刷して持っていきます。
まず今回宿泊しているホテルに近くのプロンポンからBTSに乗り北の終点モーチットまで行きます。(BTS 40バーッ)
モーチットはチャトチャック市場のすぐ近くの駅ですね。
ここからタクシーで行こうとしますが、パークレットまで行ってくれと言ってもなぜか運転手は皆首を縦に振りません。
やむなく調べてきた104番のエアコンバスに乗ります。
道の渋滞もあって、モーチットから1時間以上かかったでしょうか。タクシーの運転手が行ってくれなかった訳がわかりました。
だんだん客が少なくなってきて、渋滞にはまっていると、バスの運転手と車掌がのんきに二人でぼりぼりとヒマワリの種を食べています。
c0134569_1147237.jpg

モーチットからパークレット近くまでバス代17バーッ。
車掌がここだよ、と教えてくれたのでバスを降りました。
降りたところは船着場らしい様子なのですが、どこから船を乗るのかわかりません。
桟橋で人が集まっていたので、そこでコー・クレットの船はどこから出るのかと聞くと、
「ここからだ。ホック スィップ(60)バーッ」と言います。
c0134569_11565114.jpg

船は3分ほどで着くはずですので、60バーッはとんでもなく高い!
「うーん・・・・どうしようか?」
タイにしばらくいて慣れてくると、物価感覚に馴染んできて60バーッの値段に躊躇してしまいます。
計算すれば60バーッ=160円なんですけどね、こういうときは頭の中で60バーッという金額そのものしか頭に浮かばないのです。
えいっ!思い切ってこれで頼むことにしましょう。
c0134569_121131.jpg

後で考えると、私が頼んだこの船はタクシーのようなものだったようです。けしてぼられたわけでもないんでしょう。
あっというまにコー・クレットに到着し、船はすぐに引き返していきます。
c0134569_1245465.jpg

コー・クレット上陸です。
黒猫が出迎えてくれました。
c0134569_122529.jpg

「オー、ヨクキタナ、オミヤゲ ナニ モッテキタカ?」

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-01-25 12:17 | クレット島

semスキン用のアイコン01 ドッキリカメラじゃないんだけど semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 24日

タイ クラビの海。
この1月、クラビにきているのはファランばかり。
一度もコンイープン(日本人)には会いませんでした。
ファランはいいなあ、長い休みが平気で取れて。彼らの休暇は1ヶ月単位ですからね。
みなさーん、目の前に船の係留ロープがあるの見えてますよね。
c0134569_17241222.jpg

これがなぜか人が来るとピーンと張るのね。
c0134569_17241566.jpg


今回タイに行って、ブログのことで気になったことが二つ。
一つはクラビのネット環境では、通信速度が遅くて自分のブログを見るのにすごく時間がかかること。
まったく知りませんでした。
自宅では光ファイバーなので、全然不都合を感じていなかったんです。もっと写真のファイルサイズを小さくするとか、一度に表示する記事の数を少なくしなければいけません。
もう一つは、やはり写真はできるだけトリミングしないで載せたいということ。
今までスキンの制限で、横長にすると写真が小さくなってしまうのでなるべき縦長にトリミングしていましたが思い切って、スキンを変えました。
exciteブログの提供してくれるスキンになかなか気に入ったものが無いので、意味もわからずCSS編集というのを少しいじりました。
とりあえずこれでしばらく書いてみることにします。問題があったらまた元に戻します。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-01-24 17:53 | タイ・クラビにて

semスキン用のアイコン01 はにかみがかわいい semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 23日

タイでは今年1月10日はこどもの日なんだそうです。
1月9日には学校や幼稚園などで一足早いこどもの日の行事があったようで、あちらこちらでにぎやかな子供の集まりを見かけました。

その日の夕方クラビタウンをぶらぶら散歩していると、一軒のお土産やさんの前で子どもたちが集まっているのを見かけました。
そばにいたお父さんらしい人に写真を撮っていいか尋ねると、是非撮ってくれとのこと。
少しはにかんでいるところがかわいいです。
c0134569_2022522.jpg

タイの子ども、特に女の子はこういうお祭りの日には大人の化粧をするのが好きなようです。(本当は大人が子どもに化粧させるのが好きなんだと思いますが)
c0134569_20222955.jpg

この写真を大きくプリントして、もう一度クラビに行ってこの子に渡してきたいところです。
「こんな雑誌の表紙に載ったよ」って


Create Fake Magazine Covers with your own picture at MagMyPic.com



もちろん雑誌の表紙のことは冗談ですよ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                   コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2009-01-23 20:27 | タイ・クラビにて