だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2010年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 どうも意識はこちらにむいている様子 semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 30日

ラオス ビエンチャンのトンカンカム市場
ここの場所は雑貨、食料品などが売られているエリアです。
昼間も薄暗いのですが、カメラを向けると皆さん顔を向けてくれました。
c0134569_1903092.jpg

この一角は何でしょうか。
c0134569_191147.jpg

大きな鏡がありますから美容院のようです。
美容師さんがもしお店にいたならば、ここで髪を切ってもらうのも一興なのですが、今わざわざ声をかけて頼むほどの必要性はありません。
c0134569_1911279.jpg

市場の中でたくさんの包丁を研いでいる方がいます。
c0134569_1913284.jpg

包丁の数が多いのですが、研ぎ屋さんというわけではなくて朝の市場の営業が終わって商売用の包丁を研いでいるようです。
c0134569_1914332.jpg

卵屋さんの娘。
テレビを見ていたので声をかけたのですが振り向いてくれません。
c0134569_192151.jpg

表情からすると、どうも意識はこちらにむいている様子です。
c0134569_1921613.jpg

でも恥ずかしいのかな?とうとう顔は向けてくれませんでした。
じゃましてごめんね。

こちらもテレビを見ている子どもたち。
こちらはテレビに釘付けになっているようで写真を撮っている私のことなど見向いてもくれませんでした。
c0134569_1922820.jpg


blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓

やっと暖かくなりました
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-30 19:42 | ラオスにて

semスキン用のアイコン01 通貨の桁が大きいとついモノが買えなくなる semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 29日

なじみのない国で面白いのはその国の通貨です。
特に日用品、食料品の値段の桁が多い通貨の国にいると、両替するときはお金持ちになったような気がします。
しかしいざそこの国のいろいろな物を買おうとすると普段慣れていないとんでもなく大きい金額に驚き、ついケチになってしまいます。
例えばラオスキープ
1ラオスキープは最近のところ0.012円くらいですから、1000キープが12円です。
ホテルの冷蔵庫の伝票を見てみましょう。
c0134569_18535255.jpg

上からいつくかを書きますと
ビアラオ 小瓶 8,000キープ = 96円
ビアラオダーク 8,000キープ = 96円
ビアラオライト  8,000キープ = 96円
ビアラオ缶   10,000キープ = 120円
カールスバーグ 10,000キープ = 120円
ペプシ、ミリンダなど 5,000キープ = 60円
こうして、日本円を併記すると部屋の冷蔵庫の値段にしては極めて安いと思えるのですが、そのとき私は8,000とか10,000とかの数字に目が回ってしまってしまいました。
ひゃーあ、ビールの小瓶が8,000円だって!・・・こんな感じです。
結局冷蔵庫の飲み物には一切手をつけませんでした。

これはビエンチャン中心部のインターネット屋さんの値段です。
c0134569_1854560.jpg

1時間5,000キープ=60円ですよ!
1分単位では1円以下です。ただし最低金額は12円ですからご注意を。

同じく同じインターネット屋さんの各種サービスの価格です。
c0134569_18541340.jpg

カラー写真印刷(サイズはわかりませんが)7,000キープ = 84円
白黒写真印刷 3,000キープ = 36円
カラー文書印刷 3,000キープ = 36円
白黒文書印刷 1,000キープ = 12円
スキャン 1,000キープ = 12円
日本でコンビニでコピーすると10円ぐらいだと思いますので、これらはほぼ同じくらいの値段ですね。

もう一つ面白いのがお札の数字です。
下の写真のお札の左下の数字を見てください。
60,000のように読めるでしょ。
しかし右上にはアラビア数字で20,000
ラオ語の6みたいな字が2なんですね。こりゃ間違いそうだ。
c0134569_18542458.jpg

それではこのお札は?
c0134569_18543361.jpg

これが2,000キープ札となります。
これで24円です!
これではカラーコピーで偽札を作る人はいないでしょうね。

blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-29 19:22 | ラオスにて

semスキン用のアイコン01 ネパールの升は山盛りいっぱい semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 28日

ネパールを旅する前に、NHKテレビのアジア語楽紀行 旅するネパール語を見てほんの少しネパール語を覚えていきました。
このアジア語楽紀行という番組、紀行番組としても面白いものです。
その番組の中で気になっていたのがコレ
c0134569_19585790.jpg

升なんです。
形が面白いですよね。底が広がっていて上が狭まっている。
c0134569_19595647.jpg

ネパールでは豆や、粉は量り売りが多いのですが、どこに行ってもこの升の形は同じです。
c0134569_2005679.jpg

どうしてこんな変わった形をしているのでしょう。
量り売りなら日本の升のように正方形できちっとした形のほうがよさそうなものですが。
c0134569_2022955.jpg

確かテレビの番組の中で見たのは、スパイスを売っているところで使っている升でした。
こんな感じです。
c0134569_2032696.jpg

行っていたときにも、この形の謎がわからなかったのですが、今急に写真を見ていて思いつきました。

ネパールでは量り売りするときに、スリキリ一杯ではなくて、山盛り一杯にするんです。
実際何屋さんでも升を使って売るところはどこでも山盛りに盛って売っています。
おそらくこの升はスリキリで正味一杯なのでしょうから、最少量で山盛りにするには上の口の大きさを小さくすればいいですよね。

あくまでも私の推測ですが、正解じゃないかなあ・・・

blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-28 20:15 | ネパール カトマンズ

semスキン用のアイコン01 君たちが見たことがない祖国チベットに帰れる日 semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 26日

ネパール パタンのチベット難民キャンプの近くです。
やはり建物には“地・水・火・風・空”を表わす五色の布タルチョが。
ただ色あせて5色が同じ色に見えてしまっていますが。
c0134569_2147271.jpg

冴えない建物だと思ってみていると、中から声が聞こえてきます。
きっとアレです。
ちょっと覗いてみましょうか。
c0134569_21505680.jpg

おそるおそる敷地の中に入っていくと。
やはり私の予想通り学校でした。
中学生か高校生ぐらいでしょうね。
c0134569_21531340.jpg

楽しそうに勉強しています。
生徒の数は少ないですね。ここのチベット難民の子どもたちです。
c0134569_21544758.jpg

将来きっと君たちが見たことがない祖国チベットに帰れる時代が来ると思います。
その日のためにも勉強してくださいね。
c0134569_21542774.jpg

blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-26 22:04 | ネパール パタン

semスキン用のアイコン01 人種、国籍の多様さ semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 21日

ネパール カトマンズの生地屋さん
c0134569_6254125.jpg

だいたいこのような店で売り子をしているのはなぜか男性ばかりです。
そして人種が複数なのです。
c0134569_6255566.jpg

日本にいると普段は何も気がつかないこと。
それはいつも私たちはほとんど日本人の中で暮らしているということです。
最近は日本にも外国人の人がたくさん暮らしていますが、それでも電車に乗っている人たちを見渡せばそれはほとんどが日本人。
それぞれ個性があるというもの、男性でも女性でも皆日本人の顔をしています。
c0134569_626633.jpg

こんなに同じ人種とばかりいっしょに生活している国って世界に他にあるだろうか。
c0134569_6261567.jpg

日本人にとって見れば、そrが日常当然のこと。
何も不思議に思ったりはしませんが、世界の中では極めて特殊な環境にいるような気がします。
c0134569_6263142.jpg


blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-21 06:35 | ネパール カトマンズ

semスキン用のアイコン01 海外でもなく、写真もない今日のブログ semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 19日

今日のブログはタイトルどおり、写真もない日本国内の話です。

今晩22:15に自宅に帰ったら、入り口の床に見覚えのあるシミが。朝出かけるときはありませんでした。
そうなんです、ツバメの糞なんです。
上を見上げると、ヤッター、今年も今日家にツバメがやってきました。

カメラを持っていたので、ブログに載せようと撮ろうとしたのですがちょっと思いとどまりました。
実は今まで何回かツバメを撮って気がついていたのですが、ツバメはカメラから出るピントを合わせるための赤外線に対して強い警戒心を持つのです。赤外線を当てるとバタバタと興奮するんです。
せっかくはるばる来てくれたツバメをびっくりさせたらいけません。
よって写真を撮るのをあきらめたので今日は写真がありません。

しばらくツバメの産卵から子育てまでを毎日観察することが出来るでしょう。
楽しみが一つ増えました。

過去の海外の写真を載せればいいのですが、今日は写真を探して書く気もないので今日ツバメが来たことを記録しておくためにこんなブログになってしまいました。


blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-19 22:47 | 日本

semスキン用のアイコン01 パクタブルの微笑み semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 18日

ネパール パクタブルのお店
売っているものは、石鹸、ジュース、缶詰、瓶詰め・・・雑貨屋さんでしょうか。
c0134569_13242156.jpg

手前の頭が目立つ男性。
頭のてっぺんの数本の髪の毛がかわいらしい感じさえしますね。
振り向いてくれるかなあ?
もしかしたらちょっと恐い人かもしれません。
c0134569_13232256.jpg


・・・・簡単にはお見せできませんよ。
その前にパクタブルの街並みの写真を少しお付き合いください。(今まで載せていなかった没写真ですけど)
c0134569_13262623.jpg

みやげ物を直接観光客に売るおばさんたち。観光客を見つけると、どっと押し寄せてきますが今は休憩中。
お客が来るのを待ち構えています。
c0134569_13264059.jpg

これは何回か載せていますが、私が泊まったゲストハウス。
3階の中央の3つの窓が私の部屋。
一階はやはりお土産屋さんです。
c0134569_13282436.jpg

路上でチェスをする人たち。
c0134569_13265343.jpg

没写真にお付き合いいただいてありがとうございました。
それではもとの最初の雑貨屋さんに戻りましょう。
「フォト・キチェ・フンチャ?」(写真を撮っていいですか?)






























c0134569_13284025.jpg

笑顔の返事をいただけました。
blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓

大江戸錦鯉まつり
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-18 14:00 | ネパール パクタプル

semスキン用のアイコン01 女神は伝説の戦士の10,000倍の力を持つ semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 17日

ネパール パクタブルで早朝から始まる陶器市。
c0134569_20495659.jpg

大きな壷が並んでいます。
この穴あきの壷は何でしょうか。
ザルにしては穴が大きすぎるし。
c0134569_20435895.jpg

素朴な素焼きです。おそらく高温釜で焼いたものではなく、焚き火のような野焼きで焼いたものだと思われます。素焼きの壷の底には灰の跡がありますからね。
c0134569_2045439.jpg

灰が器の中に入っていようと、洗えばいいんです。
どうせ使う前には洗うんですから。
c0134569_20462865.jpg

買った人は当然ですが、抱えて持って帰ります。
配達なんてないですからね。
c0134569_20474737.jpg

さて、前回から引っ張ってきた、陶器市のすぐそばにある大きな奇妙な像。
実は私が泊まっているゲストハウスの隣なんです。
これらの写真は前日の夕方写したものです。
c0134569_20494138.jpg

これ、ガイドブックには必ず載っているニャタポラ寺院の守護神たちなんです。
c0134569_20533160.jpg

下の守護神から、伝説の戦士、象、獅子、グリフィン、女神で、それぞれ左右一対ずつ並んでいます。
守護神の力は、伝説の戦士を1とすると、象は10、獅子は100、グリフィンは1000、女神は10000ということになっているそうです。
ちょっとロールプレイングゲームの力の強さを表しているみたいですね。
c0134569_20581679.jpg

さてそれでは改めてニャタポラ寺院の階段に登って朝の陶器市を見てみましょう。
c0134569_2059446.jpg

ここからは広場の全景がよく眺められます。
c0134569_2101033.jpg



blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓

外国人の観光スポット
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-17 21:23 | ネパール パクタプル

semスキン用のアイコン01 朝の5時半には商売が始まっています semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 14日

最近なぜか朝起きるのが早いんです。
だけど日が昇ったら起きる方が自然だし、省エネになるんですけどね。

ネパール パクタブルの街、今、朝の5:30です。
広場でざわざわしているので見に行ったら、大きな素焼きの壷が運ばれてきています。
c0134569_20135337.jpg

昨晩まで広場に壷の気配さえありませんでしたから、朝早くから運んできたのでしょう。
c0134569_2014717.jpg

このように壷が並べられていて、
c0134569_201432100.jpg

既に買いに来た人が品定めしています。
c0134569_20144385.jpg

大きな壷は水がめでしょうね。
c0134569_20145872.jpg

素焼きの壷、ちょっと素朴を通り越して雑な感じもしますが、この壷に水を入れておくととひんやり冷えてうまい水になるような気がします。
c0134569_20155166.jpg

あれ、気がつきました?階段に変な像が並んでいるのを。
c0134569_2016219.jpg

変な像の話は次回に続きます。

blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓

しまった!再掲載
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-14 20:43 | ネパール パクタプル

semスキン用のアイコン01 この笑顔は鏡に映し出された私 semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 11日

日曜日の朝。
昨晩少し降った雨で、朝の空気もピカピカに磨かれています。
満開を過ぎ侘しく散っていく桜の花びらさえ、
来年また来ますよ、とさわやかに挨拶しているかのようです。
たまたまかけているピアノジャズの静かなメロディーが気持ちを穏やかにしてくれているのでしょうか。

こういう日は幸せな日曜日の朝は笑顔の写真を出すに限ります。

ラオスの市場の人たち
c0134569_9315377.jpg

たいがいどこの国でも都会では殺伐とした雰囲気があるものですが、ここラオスの首都ビエンチャンでは時間がゆっくり流れ、人々は見知らぬ外国人にでも笑顔を見せてくれます。
c0134569_9321648.jpg

だけどこの笑顔、もしかしたらそれだけではないのかもしれません。
c0134569_9323558.jpg

私自身がここでこの方たちに会えたことが嬉しいから。
しかしその嬉しさを言葉では伝えようがないので私も笑っているんです。
c0134569_932511.jpg

一人の旅に慣れてきて、緊張を緩めてもいい場所では緩めることができるようになってきたようです。
気がついていませんでしたが、若いときは慣れない外国では常に身構えていたような気がします。
今はこういうところでは、自分の身をこの場所にゆだねて自然体でいられるようになりました。
c0134569_933992.jpg

そして撮らせてもらう人に失礼がないように、撮らせてくださいという気持ちを込めて笑顔を見せます。
c0134569_934134.jpg

だからもしかしたら、この方たちの笑顔は鏡に映し出された私なのかもしれません。
blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-11 10:03 | ラオスにて