だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2010年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 世界初のインド人演歌歌手に会う semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 29日

インド人のチャダさんをご存知でしょうか。
私自身は聞いたことがあるようなないような。
じゃあこれではいかが
c0134569_21495344.jpg

”あのチャダが帰ってきた”
”とびっきりな活力と生気に満ちた歌を携えて”
”さらに1975年のデビューヒット曲「面影の女」を新録音して収録”
なんですよ。
アッコにおまかせのエンディングテーマなんだそうです「踊るマハチャダ」
c0134569_21543893.jpg

そのチャダさん
ナマステ・インディアにブースを出していました。
しかもご本人が愛想よくいっしょに写真に写ってくれます。
CDのジャケットの写真よりもはるかに凛々しくていい男。
ジャケットの写真は受けを狙いすぎではないかなあ。
c0134569_2156912.jpg

以下、勉強のためにWikipediaのチャダさんの記事を載せます。

世界初のインド人演歌歌手
ミカンの栽培技術を学ぶため兄弟等とともに16歳で来日する、日本で聴いた演歌に惚れ込み、九州の放送局が開催したのど自慢大会で優勝。歌手を志すも就労ビザの関係で一度帰国。帰国後は翻訳家をしながら再来日を模索。たまたま出会った日本人の紹介でへび使い、女性の踊り子2人連れて再来日し福井の東尋坊でショーとして出演。そこも辞め再度帰国し翻訳家を再開。その後違う日本の芸界の紹介で再々来日、音楽の道を志すようになる。日本テレビのバラエティ番組『金曜10時!うわさのチャンネル!!』への出演で人気を博し、1975年8月に「世界初のインド人演歌歌手」としてデビューした。


うんうん、そういえば思いだした。

シーク教徒らしいターバン姿と、北島三郎直伝のその完璧な日本語による歌唱のギャップで、10万枚以上を売り上げるヒットとなり、様々な音楽賞の新人賞を受賞した。当時は大橋巨泉事務所(現「オーケープロダクション」)に所属していた。
c0134569_21591829.jpg

引退、実業家として成功
その後シングル4枚、LP2枚をリリースするも、就労ビザの都合もあり一旦芸能界を引退。インドを拠点に貿易会社の社長として日本やアジア各国を中心に活躍、自ら築いた貿易会社を年商10億円を超す企業に成長させる。
この時、当時を知る日本人との商談の最中において「あのチャダさん!?」と驚かれることも多くあったという。なお、この間数年に1度『あの人は今!?』などのテレビ番組の企画で取り上げられていた。

再デビュー
2008年になり、同年メジャーデビューし「史上初の黒人演歌歌手」として高い人気を誇るジェロにからめてテレビなどで取り上げられることが増え、同年4月20日に放送されたTBSの情報番組「サンデージャポン」に登場した他、多くのメディアで取り上げられた。
そのジェロの活躍に触発され、再び日本で活動する事を決意。会社を日本人の妻に譲る形で再来日し、2008年11月19日に「踊るマハチャダ」で再デビューを果たす。2009年4月1日には2ndシングル「愛なんじゃナイ!?」をリリース。同曲は、映画「スラムドッグ$ミリオネア」の“応援CD”にも認定されており、相互にプロモーション協力している。
c0134569_21585723.jpg

日本がお好きなんですねえ。
世界初のインド人演歌歌手 チャダさんの「踊るマハチャダ」「愛なんじゃナイ!?」をよろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2010-09-29 22:10 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 ナマステインディアにテレビ局が取材 semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 28日

代々木公園で開催されたナマステ・インディア
インドフェスティバルです。
c0134569_1954264.jpg

会場の中をうろうろしていると、おっテレビ局の取材かな?
取材クルーは日本人だけど、もしかしたらインドから取材に来ているのかもしれない。
ちょっと野次馬になって見てみましょう。
c0134569_19541120.jpg

なになに?
看板に質問が書いてあって、取材されているのはインド人らしき人。
何を聞いているんでしょうか。
人ごみで見えにくかったんですが、看板に書いてあるのは
「What dou you think about "Japanese-style curry"?]
あなたは日本式のカレーをどう思いますか、という質問のようですね。
答えの欄はGoodとNo Good
どうも今のところGoodにシールをつけている人のほうが多いようです。
c0134569_19552059.jpg

実はこれ、今朝放映した日テレ系のズームイン!!SUPERの取材でした。
いまアメリカ、ヨーロッパなど世界各国で日本のカレーライスがブームだそうで、カレーの本場のインド人が日本のカレーをどう思うか?というのをインド人が集まるこの会場で実際に日本のカレーを試食してもらってアンケート取ってたんだそうです。
c0134569_19541824.jpg

結果はインド人も日本式カレーはおいしいという意見が多かったとのこと。
「これはカレーではないが味はおいしい」という意見も含めてだけど。
c0134569_19562635.jpg

私の子どもの頃にはまだ世の中に本物のインド料理屋なんてあまりありませんでした。
ですからカレーといったら、家で作ってもらうグリコワンタッチカレーかハウスバーモントカレー。
それが私の知っている唯一のインド料理でした。
学生のときインドに初めて行ってインド料理を食べ、帰ってきて友人に「インドにはカレーはなくて、カレー味の味噌汁をご飯にかけて食べてたぞ!」と吹聴していました。
c0134569_19563521.jpg

そうです、日本のカレーはインド料理ではなくて日本料理なのです。
ついでに言えば、ラーメンも中華料理ではなくて、いまやりっぱな日本料理ですね。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2010-09-28 20:25 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 明治神宮にインドの香りが充満 semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 27日

うわー、強烈
日本人が想像するtypicalインド人
c0134569_21244844.jpg

ここは海外フェスティバルのメッカ
代々木公園です。
私は今年もここのタイフェスティバル(クリック)に行きましたが、ラオスフェスティバルなんてマイナーなものもあったようですし、最近は、ご機嫌な酔っ払いさんが書いたベトナムフェスティバルのブログ記事(クリック)もどこかで見たような。

そうなんです、この土日に開催されたナマステ・インディアに行って参りました。
ところが会場に到着すると・・
Incredible !ndia (Iはびっくりマークの!)
あれっ?確かナマステインディアという名前だったように思いましたけど。
c0134569_21251873.jpg

まあ、ガネーシャ गणेश 様もいますからこれはインド フェスティバルには間違いがないでしょう。
だいたい考えるまでもなく明治神宮前駅から代々木公園への坂道を登っていく途中からカレーの匂いが漂っていましたからね。
c0134569_2125576.jpg

野外ステージを覗くと、ほら正式名称はやっぱりナマステ☆インディアだ。
まあ、この意図的ではない不統一感が”らしさ”を盛り上げています?
c0134569_21252868.jpg

タイフェスティバルよりは出店数は少ないですが、それでもたいそうな人出です。
このナマステインディアの入場者数は14万人とのことです。
ちなみに今年のタイフェスは入場者30万人でタイの勝ち。
c0134569_21254616.jpg

インドと言っても食べ物はカレーばかりじゃないよ。
ただ、どれを食べてもだいたいがカレー味なんですけど。
c0134569_2126175.jpg

食べたモノとか、飲んだものとか見たものをこれから何回かでご紹介しますね。
c0134569_21261112.jpg

ここのところブログネタの枯渇に喘いでおりましたが、これで一服。
しばらくこれで稼いでいけそうです。
あっ、今このポスターを見て気がつきましたが一番上にIncredible !ndiaと書いてあります。
そうかそうか、”Incredible Indian = 信用できないインド人”ではなくて”Incredible India=驚くべきインド”なんですね。
すみません、つい過去の経験で勝手な解釈していました。
c0134569_21275114.jpg

ナマステインディアありがとう

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2010-09-27 22:28 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 書くのをためらっていたネパールの思いで semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 25日

旅の経験の中に、帰ってすぐにブログに書くことをためらうことがたまにあります。
今日書くこともその一つ。
ちょうど一年前のネパールの思いでです。

ネパール パタンの旧市街
歴史的遺産が軒を並べています。
ここでガイジンは入場料を払わなくてはいけません。
c0134569_15264315.jpg

入場料を払って歩いていくと、一人のおじさんが近づいてきて
「どこから来たのか?」
「パタンにはどれくらい滞在するのか?」
と聞いてきます。
c0134569_1527186.jpg

ははーん、またいつものガイドもどきだな、と思いつつ
まあ少し案内してもらって少しお金を上げればいいかなと思っていました。
c0134569_15271521.jpg


おじさんは、後について来いと行って私の前をスタスタ歩いていきます。
c0134569_15273779.jpg

私はそれほど建物の由来なんかに興味があるわけでもないし、
むしろ一人でゆっくり好きなところの写真を撮りたいのになあ、
と思いわざとゆっくりあちらこちら写真を撮りながら歩きます。
c0134569_15275859.jpg


わたしがそうして歩いていても、おじさんは私の前で私がついてくるのを
待っていてくれます。
c0134569_15294124.jpg

時々、建物の説明をしてくれます。
英語は上手で、説明もなかなかわかりやすいです。
c0134569_1531194.jpg


しかしおじさんが説明してくれても実は私は疑心暗鬼で、
後でいったいいくら請求されるのだろうかということばかり心配していました。
c0134569_15311910.jpg

パタンの旧市街について特別な知識もなかったわたしですが、
それでもおじさんの連れて行ってくれるところはガイドブックの写真で
見たことがあるようなところばかりです。
c0134569_15313648.jpg


まあどうにでもなれと思って、、おじさんのことを聞いてみると、
このおじさんラジオ・ネパールの技術者だとのことです。
c0134569_15321385.jpg

ラジオ・ネパールという名前から推測するにNHKみたいな公の放送局なんでしょう。
ますます信じられません。こういう名前を騙るのは詐欺師の
常套手段みたいなものですからね。
c0134569_15374421.jpg


まあ勝手に言わせておけばいいや。
しかしもう1時間以上も案内してくれています。
c0134569_1538426.jpg

そのうち、
「お腹がすいていないか?」
「私のうちは近いけどご飯を食べていかないか?」
とのお誘いです。
こりゃ危ない危ない。
家に連れて行かれ睡眠薬の飲まされ身包み剥がされたらたまりません。
c0134569_15401933.jpg

なんとか振り切ろうと、
「実はホテルに友人がやってくることになっているんだ」
「もう疲れたからそろそろ帰りたい」
と嘘を言っても・・・
c0134569_15403987.jpg

「じゃあ最後にこれだけは見ていこう」
と人気のない建物の中に入って行きます。
さあ、どうしようか?
逃げ道を確認しつつ中に入ると、
c0134569_15405411.jpg


建物の中は由緒正しそうなお寺でした。
名前は覚えていません。それどころではなかったんです。
安堵しつつも、もう帰りたいので帰りがわかるところまで連れて行ってくれ、
と頼むとわかった、わかったと言ってまた歩いていきます。
c0134569_1541239.jpg

じきに自分がどこを歩いているのかわかってきました。
ここまで来ればもう安心です。
c0134569_15411990.jpg

時計を見るともう2時間近く案内してもらったことになります。
一応お礼にと思って少しお金を渡そうとすると、
「とんでもない、日本から来た人にこの街を知って欲しかっただけなんだ」
と言って、頑としてお金を受け取りません。
記念に写真を撮らせてもらい、写真をメールで送る約束をしました。
メールアドレスを交換し握手をして別れました。
c0134569_8525023.jpg


しょうがないことですが、おじさんのこと素直に信じることが出来ませんでした。
日本に帰ってから写真を添付してお礼のメールを出すと、
しばらく経ってから返事が返ってきました。

Dear sir
I am very glad to receive your kindlymails so Thank you for its. I hope you have enjoyed with you traveling about Nepal . I am sure to keep you as well as good communication , open postive minded news & can be of anyhelp for you do write to me

Regads

(原文そのまま)

チクリと心が痛む思い出です。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2010-09-25 16:47 | ネパール パタン

semスキン用のアイコン01 パタヤのびん入りガソリンの値段 semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 23日

タイにもガソリンスタンドはたくさんあります。
タイは物価が安いからガソリンも安いと思うでしょ。
確かに比較すれば安いんですけど、一般的な物価に比べると安くないんです。
ガソリンは原油から作られますね。タイも日本も石油は地中から出てきませんから輸入しなくてはいけません。
中東から輸入するとき値段はドルで決めますが、その値段は日本もタイもあまり変わりないはずです。
輸入した原油を製油所でガソリンにしますね。
その製油所の人件費はもちろんタイのほうが安いでしょう。タンクの土地だって、ローリーの配送費だってタイのほうが安いに決まってます。
ところが石油関係の製造や保管、輸送はその規模が莫大ですから、1㍑あたりにかかる費用は原油価格と比較すればわずかなものなんです。
実はガソリンの”原価”は世界中どこの国でも大差ないんです。
更に言えばガソリンと、重油と軽油と灯油とジェット燃料と・・・みな基本的に”原価”は変わらないんですね。
驚くでしょ。
じゃあ何が違うかって?
国によるガソリンの価格の違いは、その国のガソリンに対する課税の違いがほとんどなんですね。
c0134569_15405066.jpg

タイではあちらこちらの街の雑貨屋の店先でビン入りガソリンが売られています。
ウィスキーの空き瓶にガソリンが入っているので、日本人には一見なんだかよくわからないですね。間違っても飲んじゃ駄目ですよ。
日本では考えられないことですが、タイではこうしてすぐに手に入るのでバイクのタンクはいつもガス欠ぎりぎりで走っていても何とかなるんです。
今の値段は一瓶30Bのようです。
これウィスキーのビンでしかも一杯まで入っていないですから、中身は0.6㍑ぐらいかな。
1㍑に換算すると50B=150円
えー、今の日本のガソリンの値段より高いじゃないですか。
c0134569_1633752.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2010-09-23 16:10 | タイ・パタヤ

semスキン用のアイコン01 コックピットからの着陸映像 semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 22日

成田空港に駐機中のタイ国際航空。
いつも思うのですが日本語では”国際”がつくのに英文標記ではThai Airways。
internationalはつかないんですね。
2文字で表記する略称2 Letter codeはTG。ですから便名はTG643 成田発バンコク行きというように書きます。私も知りませんでしたが3LetterではTHAと表すんですね。
c0134569_21561236.jpg

さてこのところ乗っていませんし次の予定も立たないので、
Youtubeでちょこっとバンコクへ行った気分になってみましょうか。

TGに乗って乗客が全員着席ししばらくすると出てくる安全教育ビデオがこれ。
もう何十回も見ているので、私の中に刷り込まれていて
このビデオのタイ語を聞くともうタイに来たかのような気がして嬉しくなります。
最初に機長さんらしき人にサワッディー・クラップと言われると、つい自分もお辞儀してサワディ・カップと口にしたくなります。
うーん、サバーイ サバーイ
最後の♪Thai smooth as silk♪が終わるといよいよ離陸です。



TGが2007年にCI(会社イメージのロゴ、デザインなど)を変えたときのコマーシャルフィルム


ところで成田の航空博物館にはTGのB747の模型が置いてあります。
このデザインが以前のTGのデザイン。
もうこの意匠で塗ってある飛行機も少なくなりました。
c0134569_22163045.jpg

もうしばらくするとB747にもお目にかかれなくなりますね。
c0134569_2217468.jpg


そうこうしているうちにバンコク スワナブーン空港に到着です。
飛行機のコックピットから撮ったスワナブーンへ着陸するときの映像です。
いったい誰が撮ったんでしょうか。今時航空会社関係者じゃないと撮れない映像ですよね。


さてスワナブーンに到着すると今や電車でバンコク市内に行くことが出来ます(まだ乗っていないので、できるそうです。が正しい)
Bangkok Airport Railway Link
もう画像をのせてくれる方がいるんですねえ。
私はこれからもタクシーだと思いますが、次回は経験のために乗ろうと思います。
実はこの画像は空港から市内ではなくて、市内から空港でした。


TGの宣伝のようになってしまいましたが、世界中どこでもやはり海外で日系の航空会社に乗れるのは嬉しいもの。
海外の空港で仕事で疲れ切ってやっとの思いで帰りの飛行機に乗ったとき、この音楽が流れてくるとまだ乗ったばかりなのに家に帰ったかのような安堵感に包まれます。



最近テレビでANAのコマーシャルが流れていますね。
ANAの3Letter codeはもちろんANA。
2Letter codeは3レターに比べるとあまり有名ではないのですが、便名にも使われるのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。NHです。
さて問題です。
NHの意味は何でしょうか?

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。

答えは
[PR]

by travel-arrange | 2010-09-22 22:52 | 空港と搭乗

semスキン用のアイコン01 ホテルの部屋をジャスミンの香りで満たす semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 21日

タイ パタヤの道端の神様
膝にかけられた花飾り ポマライが綺麗ですね。
(ポマライは改めて調べてみるとカタカナでプアン・マーライと表記している方がいました。しょせんカタカナでは正確に表現できないんですがプアンとマーライの複合語なんでしょうね)
c0134569_20575863.jpg

これを見て思い出しました。
いつかこのポマライを買って、ホテルの部屋に置いてみたいと。
いつもタイから帰る頃になってこのことを思い出すんです。

ウォーキングストリートの花売りおばさんから言い値でポマライ買って、ホテルの部屋の片隅に掛けました。部屋中ジャスミンの芳しい香りで幸せな気持ちになれましたよ。
これからもタイに行ったらまずポマライ買って部屋に置こうっと。
(写真が今ひとつなのは私の腕のせいです)
c0134569_2058945.jpg

死んだときには、誰かが私のお棺を花で埋め尽くしてくれるかもしれませんが、死んでからでは香りがわかりませんもの。
数日の宿泊だったけどやってよかったあ。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2010-09-21 21:21 | タイ・パタヤ

semスキン用のアイコン01 超安値タイマッサージ 120B=360円 semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 20日

タイ パタヤ ナックルア通りのウッドランドスウィーツの裏手にあるマッサージ屋さん。
"MASSAGE BY BLIND MEN" "120B"
ですって。
安いですね。
タイのトラディショナル マッサージは通常2時間が基本ですから、120Bは2時間だと思いますが、もしこれが1時間あたりの値段だとしても安い。
盲人のマッサージ師だからといって特別に安くする必要もないと思いますが。
もともと日本では按摩は盲人が多く行う仕事。座頭一だってそうでしたよね。
c0134569_21184143.jpg

按摩?最近使われない言葉だな、障害者に関係するから使うと何か支障があるかな?と思って調べてみました。

備考:ウィキペデイアに書かれている「按摩」の解説
按摩(あんま)とは、・・・・・
また、江戸時代から、按摩の施術を職業とする人のことを「按摩」または「あんまさん」と呼ぶが、視覚障害者の間では、これを盲人に対する蔑称と受け取る向きもあり、あまり使わない方がよい言葉になっている。
一方、外国語である「マッサージ」に対比する日本語の意味である按摩という言葉を否定するのは、日本古来の施術法の否定であり、いわゆる言葉狩りでしかないとして、日本古来の施術方を伝承・継承する意事から、あえて按摩師と称して営業する施術師もいる。



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません

海の近く
[PR]

by travel-arrange | 2010-09-20 21:39 | タイ・パタヤ

semスキン用のアイコン01 ハードロック・ホテル パタヤの骨董品 semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 19日

パタヤのハードロック・ホテル
宿泊客ではありませんが勝手に中に入ってみましょう。
おおっ、ドアノブがギターの形してます。
c0134569_8204055.jpg

1階のロビーが博物館のようになっていて、(おそらく)有名なロック歌手などの楽器が展示してありますよ。
まだ使えるものなんでしょうし、楽器なんて使ってナンボというものだと思いますので、誰かに使ってもらった方がいいような気がしますが、おそらくファンにとってはたまらないものなんでしょうね。
c0134569_822956.jpg

ステージ衣装(と思われる)ものもたくさん飾られています。
c0134569_8252238.jpg

さすがにこういう衣装は、サイズがありますし、そもそもこういう服を着ている場所も限られるでしょうから展示して往年のファンに見てもらうのがいいんでしょう。
エルビス プレスリーですって。
私も知ってます。不肖スクムビットLove me tender歌えますよ。
c0134569_829341.jpg

ジョン レノン、もちろん知っています。
c0134569_8303655.jpg

DON AND PHIL EVERLY (EVERLY BROTHERS)
このあたりになると私ではわかりません。
c0134569_8331527.jpg

この衣装に書いてあるのは漢字みたいです。
以前はやった暴走族の服のようですね。(もしかしたら昔の暴走族はこれを真似していたのか?)
着ていた人は確か聞いたことがある名前だったけど、忘れました。
c0134569_8344913.jpg

まだまだたくさんありました。
貴重なものが展示してあるんだろうということはわかりましたが、わからない私が見ても猫に小判。
また外に出ます。
プールの脇から海沿いのビーチロードへ直接出られそうです。
c0134569_8362322.jpg

展示物にそのモノの息吹を感じられる方にとっては面白いのでしょうけど、知らない私が見るとどうも古ぼけたモノとしか見えません。
c0134569_83731100.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2010-09-19 08:42 | いろいろなホテル

semスキン用のアイコン01 プールサイドに突き刺さるギターネック semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 18日

パタヤの海岸沿いあるリゾートホテル。
海岸に出ている人が少ないなあと思っていたら、こういうホテルのプールにいたんですね。
プールの向こう側に何か斜めに建った塔のようなものがあります。
c0134569_8475938.jpg

ギターのネックの形をしていますね。
ここは、知っている人には有名なパタヤのハードロック・ホテル
日本にもハードロック・カフェというのがあちらこちらにあるそうですね。
私は特別にロックに興味があるわけではありませんが、このホテルの名前だけは知っています。
部屋の中はデザイン重視の奇抜なつくりだそうです。
c0134569_848876.jpg

あちらこちらがいかにもアメリカン、というつくり。
デザインがポップです。
c0134569_8482489.jpg

ロックの趣味がないので、自分では泊まりたいと思いませんが、こういう趣味の方には楽しくて良さそうです。
日本で”日本演歌旅館”なんてのを作ったらはやるでしょうか?
c0134569_8481798.jpg

日本人にとってみると観光地がおかず、ホテルは白米の主食。
主食の白いご飯に味付けをしないように、ホテルそのものに味付けをすることは、あまり好まないのではないかなあ。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2010-09-18 09:08 | いろいろなホテル