だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2011年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 ヒントは、向こうに見えるビアリオの瓶 semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 30日

草木も眠るバンコクの丑三つ時、
フォアラボーンの棟も三寸下がり、
チャオプラヤーの水の流れも止まる・・・
(注釈:この写真世界のどこで撮っても月は月ですが、正真正銘バンコクで撮ったものです)
c0134569_12444651.jpg

セブン(イレブン)の前にはガイヤーン屋台が客を待ち。
c0134569_12462611.jpg

こんな真夜中でもカットした果物が売られています。
c0134569_12463534.jpg

向こうに見えるはフォアラボーン。
しかし写しているこのカメラ一体どこにおいてあるのだろう。
c0134569_12465198.jpg

ここはどこ、私は何をしているの?
その答えのヒントは、向こうに見えるビアリオの瓶にあるんです。
c0134569_12465987.jpg

歩道にあるもの。
答えはnaozoさんが知っています。
c0134569_12471450.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。

こいさん通り
[PR]

by travel-arrange | 2011-04-30 13:00 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 フアランポーン駅のとある場所 semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 29日

バンコク フアランポーン駅のとある場所から撮った写真です。
c0134569_2033913.jpg

この位置、駅のロビーより高いことはおわかりですよね。
c0134569_2035192.jpg

これは昼間のフアランボーン。
屋根の支えの部分に白っぽい建物があるいでしょ。
ここの窓から撮ったんです。
昔はステーションホテルだったそうです。
c0134569_2054235.jpg

薄暗くて刑務所の中のよう。
しかし旅の起点のステーションホテルとして趣があったでしょうね。
ここに宿泊できればもう安心。
ベッドの中で安心して旅先の夢を見ることが出来ます。
今はホテルは廃業となり、事務所が入っているようです。
c0134569_2055424.jpg

今でも駅はこれからの旅先での思いを馳せる人たちでいっぱいです。
c0134569_2012049.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。

もうかりまっか
[PR]

by travel-arrange | 2011-04-29 20:29 | バンコクの乗り物

semスキン用のアイコン01 フアランポーン駅荷物預所 営業時間はこちら semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 28日

午後8時44分のバンコク フアランポーンのキップ売り場
この時間、誰も並んでいません。
c0134569_2136346.jpg

ここは駅のホールの特設ステージなんですけど、今はイベントをしていませんので仮眠用ベッドとして使っている皆さんです。
c0134569_21361795.jpg

これは駅にある荷物預け所。
営業時間は4:00AMから23:00PMと書いてありますよ。
こういう施設は地球の歩き方なんかにも書いてあるのだと思います。
フアランポーン駅に荷物を預けられたら便利ですものね。
そう思って現場写真を撮ってきましたが、往々にして営業時間が変わっていたり、場所が移動していたりするので100%当てにすることができません。
c0134569_2136288.jpg

これは?
聞いたわけではありませんが、きっとおみくじ自動販売機ですよ。
お金を入れると、中のからくりが動くのではないでしょうか。
c0134569_21493871.jpg

ただ停まったところの番号の棚から、おみくじの紙を取るだけのこと。
日本人だったら、おみくじ出すところまで自動化しそうですけど。
c0134569_21364926.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-04-28 21:49 | バンコクの乗り物

semスキン用のアイコン01 タイの列車の最後尾を見て考える semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 25日

タイの列車、最後尾がこうして開いているものが多いですね。
日本がこういう状態でしたら、あちらこちらの筋から非難されるでしょう。
こんな危ない状態で列車を走らせるなんて、危険防止対策を怠っている鉄道会社が悪い!
子どもが万が一落ちたら、鉄道会社の責任だ!
そういう理屈が普通なのが今の日本の状態です。
c0134569_20543299.jpg

私だったらこの最後尾から写真を撮りたいと思いますが、私だってこの最後尾の状態が安全だとは思わないんですよ。
でもね、自分が危険だと思ったら避ければいいでしょ。子どもに対しては近寄らないように注意しなくちゃいけない。
もっと自分で考えて行動しなくっちゃ。
c0134569_20544469.jpg

国民には、考える役割の人と、大多数の考えなくても良い”弱い”国民がいて、悪い結果の責任は考える役割の人にある。
考えられない弱い国民は、考える人に身を委ねていればいい。
そういう考え、奢り高ぶった日本の官僚が表面には見えないように仕組みを作り、マスコミが迎合してきた結果だと思うんです。
c0134569_20545525.jpg

また嫌われそうなこと書いちゃった。
タイの列車の最後尾からこんな話を書くのは飛躍しすぎでした。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-04-25 21:30 | バンコクの乗り物

semスキン用のアイコン01 フアランポーンでタイの地名を勉強する semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 24日

昨日は「バンコクのフォアラボーン駅」と書きましたが、今日のタイトルはフアランポーン。
タイ語をカタカナ表記することは難しい。
英語表記の方はスペースで音節の区切りを示すので、まだ日本語のカタカナよりも通じやすいのではないでしょうか。
c0134569_1722164.jpg

到着の時刻表です。
今ここに表示されている8本の列車の内、予定通り到着が3本。
後5本は10分から2時間遅れですね。
しかし長距離であるチェンマイから来る列車が35分遅れとはなかなかいい成績ではないでしょうか。
だいたいグローバルから見れば日本の列車が正確すぎるんです。
c0134569_1721447.jpg

この列車の行き先、スンガイコロク。
行ったことはありませんが、蜂須賀小六みたいで変わった名前なので地名だけは知っています。
確か南のほうでしたよね。
しかしSU NGAI KOLOKと3音節に分解されていたとは知りませんでした。
c0134569_17221531.jpg

ウボンラチャタニーはわりと日本語的でわかりやすい。
c0134569_17222693.jpg

ここも行ったことはないけど知っているハジャイ
しかしHAT YAIと2音節です。
ハート ヤイの方が通じやすいのかもしれません。
c0134569_17223428.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-04-24 17:46 | バンコクの乗り物

semスキン用のアイコン01 タイの終着駅は出発駅 semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 23日

私の実家が田舎で線路がすぐ身近にあるものではなかったので、たまに線路や踏切を見ると心が躍りました。
踏み切りの上で立ち止まり線路を手で触ると、自分の手が東京や大阪、東北にまで繋がっているように思えたものです。
そしてこれから大人になって自らそこへ出て行くことが出来るかと思うと、将来が楽しみでした。

バンコクのフォアラボーン駅
c0134569_1657116.jpg

タイの国鉄は安いけど遅いし遅れるので、私のような時間貧乏の旅行者には使いにくい乗り物ですが、やはりタイ一番のターミナル駅。
風格があります。
c0134569_16571027.jpg

この駅はすべてのホームが始点で線路が行き止まりになっていますので、まさにタイの出発点。
私の子供のときのように線路を触れば、遠くはマレーシアの方まで繋がっていることになるのでしょう。
c0134569_16572222.jpg

線路の行き止まりの駅は出発点でありかつ終点です。
きっと今までたくさんのドラマがこの駅であったに違いありません。そしてこれからも。
ホームの端には南国の花が植えられていい感じです。
c0134569_16582591.jpg

何回かこの駅を撮っています。
この駅のそばを通ると、素通りすることが出来ません
c0134569_16583755.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-04-23 17:29 | バンコクの乗り物

semスキン用のアイコン01 タイの揚げせんのお話 semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 21日

タイでよく見かける揚げせんは食べたこともあるし、それがブタの皮を揚げたものだと知っていました。
ケェープムゥーと言うようです。
軽いせんべいみたいで酒のつまみにもいけます。
ですからバンコクのチャイナタウンで売っていたこれも、同じものだと思っていました。
c0134569_21304165.jpg

ただブタの揚げせんと違うのは、形が細長かったり、いびつな形をしているところ。
たまたまそこに英語で話が出来る人がいて、早速この揚げせんのことを聞いてみるとこれはブタではなくて魚の内臓を揚げたものだと教えてくれました。
もしかしたら魚の浮き袋なのかもしれません。
c0134569_21305217.jpg

真偽のほどはよくわかりませんが、中国人が魚の内臓まで工夫して美味しく食べてしまうのは頷ける話です。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-04-21 21:43 | バンコクの市場

semスキン用のアイコン01 天国に送る上着とシャツと金時計 semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 18日

既にコメントに書かれてしまいましたが、”天堂地府銀行”発行の銀行券はどのように使うかというと、
燃やすんです。
c0134569_21234238.jpg

チャイナタウンの奥で、銀行券ほど立派なものではありませんでしたが、供養のために”お金”を燃やしておりました。
c0134569_21235452.jpg

確かに燃えれば、煙が天に昇っていくので、故人の元に届くような気がしますね。
地獄の沙汰も金次第といったところでしょうか。
c0134569_2124392.jpg

ところが売っているのは銀行券ばかりじゃないんです。
上着にシャツに金時計、おまけに”CITY BANK"の”VESA CARD”までついています。
クレジットカードを天国で使うと、やっぱり請求はこの世にやってくるのでしょうかね。
c0134569_21243598.jpg

これはスリッパのような靴のような。
ブランドはおなじみパリの"Piria Gadan"でございますよ。
ニセブランドにならないように徹底して気を使っております。
これなら日本の通関もOKでしょう。
c0134569_21244840.jpg

LACOSTE、Sが反対向いてますけどこのPCの活字では表現できません。
c0134569_212542.jpg

これはタバコに日用雑貨品。
結局、天国に住むにはこの世のすべてのものが必要なようです。
c0134569_21251495.jpg

私の場合あの世に行ったら、紙の高血圧の薬を送ってもらわなきゃいけません。
アレ?私があの世で高血圧の薬が飲めないとどうなるのかな?
c0134569_21252653.jpg

あの世で死んでしまうかも!

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-04-18 21:46 | バンコクの市場

semスキン用のアイコン01 ”天堂地府銀行”発行紙幣 semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 17日

バンコクの
チャイナタウンの奥の奥
細い路地のその先に
黄金の山がありました
これはきっとコンチン(中国人)の
隠し財産に違いない
c0134569_19434012.jpg

この黄金、売り物でした。
ついでに高額紙幣も売っています。
500億、1000億、よりどりみどり。
c0134569_19434864.jpg

粗雑な印刷ですが、色鮮やかでいいじゃないですか。
これは偽札ではなくれっきとした”天堂地府銀行”発行の銀行券だよ。
お札の肖像の方が長いヒゲをはやしているので、これは中国道教系の神様だと思われます。
c0134569_19435823.jpg

紙で出来ているのはこの黄金やお札だけではありません。
それは次回のお楽しみ。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-04-17 20:05 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 金玉満堂は守りきれるものではない semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 16日

ミャンマー タチレクの商家の前に書いてあった文字
右の字はキンギョクマンドウと読むのだそうですが、私がこの看板にカメラを向けたのはもちろん別な読みをしていたからです。
c0134569_9314480.jpg

所変わって、これはバンコクのチャイナタウン
売られているのはお正月飾りです。
c0134569_93201.jpg

ここで売られているおめでたい言葉の中にも、金玉満堂があります。
さて金玉満堂とはいかに。
c0134569_93215100.jpg

漢字の意味からは金は金、玉は宝石、それが堂(家)の中に満ちているということのようです。
金玉満堂を調べてみると、老子道徳経の中にこの言葉があり、これが出展だと書かれているものもあります。
c0134569_9305798.jpg

しかし和訳↓を読んでみると、いつまでも財産や地位にしがみついていないで、さっさと引退しなさいよという意味です。
老子の文、なかなか含蓄があります。
財産と地位に執着は付き物。今も昔も、長い人類の歴史がそれを証明しています。

話がそれました。
老子の文の中では金玉満堂は単に財産という意味の単語として使われていますので、別に老子が金玉満堂を勧めている訳ではありません。
c0134569_931741.jpg

金玉満堂を調べていたら、老子道徳経まで読むことになってしまいました。
ブログを書くために旅の写真に写ったものを改めてインターネットで調べてみる。
これも旅の楽しみの範疇です。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-04-16 09:39 | バンコクの風景