だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2011年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 ザクロジュースの絞り方が知りたい semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 31日

バンコクのチャイナタウン ヤワラート
いろいろな物売りがいますが、最近バンコクで気になっているのがこれ。
c0134569_2105033.jpg

ザクロシュース屋さんなんです。
日本でもスーパーでザクロジュースを見かけることがあります。日本で売られているのはアメリカ産のようですね。
1個のザクロを絞っても所詮出てくるジュースはわずかなものでしょうから値段が高いのはしょうがないでしょう。
しかしこうした露店でどうやって、あの粒粒で食べるところより種の比率の方が多いザクロをジュースにするのでしょうか。
少なくとも単純にオレンジのようにプレスで絞れるとは思えないし。
c0134569_211011.jpg

じーと見ていましたが実際に絞る実演は無し。
おじさん、本当にここでザクロを絞っているんだろうか。
もしかしてザクロの実は置いてあるけど、ジュースは別なボトルから小分けしているなんてことは無いでしょうね。
c0134569_211985.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。

つくば山
[PR]

by travel-arrange | 2011-05-31 21:19 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 バンコクの”あまぐりむいちゃいました” semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 29日

バンコクのチャイナタウン ヤワラート
カオサンを定宿にしている方にはおなじみの場所ですが、私がここを知ったのはバンコクにある程度慣れてからのことでした。
c0134569_16502992.jpg

ヤワラートのカタカナ読みをローマ字で書けばYawaratoですが、英語表記にするとYaowaratなんですね。"ao"の発音の方が正しそうです。
余談ですが、小学校では今でもローマ字を教えているんでしょうか。
言葉(実は日本語)は基本的に子音+母音という構造であり、母音はaiueoの5つであるということを習うと、けしてそうではない外国語を習うのに障害になるような気がします。(自分が外国語が出来ない言い訳かもしれませんが)
c0134569_1650384.jpg

閑話休題
チャイナタウンといえば、中華料理であり甘栗です。
横浜の中華街みたいに試食させてくれないかな。(横浜の中華街は甘栗の押し売りがひどいんです、看板にも甘栗売りには注意せよって書いてありました)
もし横浜みたいに押し売りされても、試食だけさせてもらって、後は「ワタシ、タイゴ ワカリマセーン」って逃げるんだけど。
c0134569_16512958.jpg

日本の甘栗よりはちょっと大き目かな。
手前のポリ袋に入っているのは日本で売っている”あまぐりむいちゃいました”状態で皮が剥いてあります。
c0134569_16514198.jpg

このポリ袋に入っているのが1Kg。これで220バーッです。
220バーッはけして安くはないですが、皮無し中身だけ1Kgですからね。
この甘栗買っちゃいました。
c0134569_16515153.jpg

皮が剥いてあるので、口にポイポイ入れられるんですけど、さすがに1Kgは一人では多い!
捨てるのが悔しいので歩きながら800gほどいただきました。
そのときはもう甘栗はたくさん、と思ったけど今日は甘栗が食べたかった。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。

立てば芍薬座れば牡丹・・・
[PR]

by travel-arrange | 2011-05-29 18:37 | バンコクの市場

semスキン用のアイコン01 タイで花を買ってホテルの部屋に飾ろう semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 27日

バンコクのトンローです。
スクムビット ソイ55
この一角、花屋さんが数軒ありますよ。
c0134569_2054422.jpg

タイは市場にも必ず花屋さんはあるし、花を買うには便利です。
しかし旅行者では切花を買っても持って帰ることが出来ないし、買うことがないでしょうね。
c0134569_20542432.jpg

男の一人旅ではもちろんですが、おそらく女性どうしの旅行でも花を買うことはないんじゃないかと思います。多くの日本人旅行者はせいぜい数日間の滞在ですしね。
c0134569_20543136.jpg

でもタイの道端で花を買ってその数日間でも自分のホテルの部屋に飾ったらいいですよ。
タイは花が豊富だし、値段も安いし。
c0134569_20543969.jpg

せっかく休暇をとって、高い飛行機代出してタイにリフレッシュに来たんだったら、少し贅沢しても罰は当たりませんよ。
数百円の贅沢ですが、高いエステや豪華な食事と同じくらい貴女の気持ちを豊かにしてくれること保証します。
この花輪(ポマライ)なんかホテルの部屋のどこかに掛けておくと、部屋に戻ったとき南国の香りがしますよ。
きっと日本に帰ってからもこの香りをかぐと楽しかった旅行のことを思い出すことでしょう。
c0134569_20544993.jpg

ただ帰るとき、ホテルの部屋に花を残してドアを閉めるとき寂しくなるのが欠点なんですけど。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。

石楠花(シャクナゲ)が満開です
[PR]

by travel-arrange | 2011-05-27 21:32 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 バンコク パッポンの高僧 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 26日

バンコクの中でも特に有名な歓楽街、パッポン
c0134569_21155526.jpg

こういう歓楽街にはお寺がつきものなんです。
日本だって、昔から遊郭は大きな神社やお寺の近くにありましたよね。
c0134569_2116783.jpg

だけどパッポンにお寺があったかな?
このお坊さんたちの写真ちょっと不自然ですって?

実はこれ、高さ20cmほどの人形なんです。
c0134569_21161654.jpg

パッポンで売られているお土産品なんでしょうか。
こうして人形になるくらいですから有名な高僧なんでしょうね。
しかしリアルなつくりです。
c0134569_2116253.jpg

短い髪の毛も一本一本植えてあるようですし、肌の斑点もリアル。
肉眼で見てもそのつくりの精巧さに驚きました。
c0134569_2116398.jpg

あたしゃ生きてるでござんす。(パッポン猫)
c0134569_21164716.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-05-26 21:26 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 バンコク パッポンのビールシェア semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 24日

前々回のパッポンのビールの空き箱写真。
前夜の男と女の戦いが済んで捨てられているただのゴミですが、サラリーマンを長くやっているとこの写真だけでピンときちゃうんですよね。
c0134569_223627.jpg

ここにあるビールの空き箱、考えてみたらこれでここのビールのシェアを推測することが出来るはずです。
銘柄ごとに数を数えてみましょう。
c0134569_2243367.jpg

私が数えて出したビールのシェアの推測です。
うーん、おそらくハイネケンが異常に高い。
お姉ちゃんたち、ハイネケンが好きですから。
これではバンコクやタイ全体のシェアは推測できません。
c0134569_2263552.jpg

ところでブリザーレモンってビールなんでしょうか?

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-05-24 22:07 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 チャオプラヤー川の夕日に想う semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 22日

今日のブログはまたこれを聴きながらお願いします。




バンコク チャオプラヤー川の夕日

なぜ、今日本で三丁目の夕日が人気を集めるのでしょうか。
日本の昭和30年代。
私にとってその30年代の日本の姿にダブって見えるのが、タイを初めとした東南アジアの国々です。
c0134569_2191689.jpg

単純にあの時代の方がよかったと思うわけではないのです。
けして映画のように毎日が心温まる日々であったわけでもなく、貧しい人は今よりも多く、犯罪も多く起こっていたのが現実です。
私はこの映画に出てくる子どもたちより少し後の世代(ほんの少しですけど)なので映画の世界が自分の実体験ではありませんが、その雰囲気は良くわかります。
c0134569_2193245.jpg

三丁目の夕日の時代の大人たちには、これからはきっと良くなる、一生懸命働けば豊かになれるという思いがあり、そのすぐ後私の子供時代にはそうした思いのいくつかが現実になってきて、将来への希望があふれていたときでした。
そうした大人たちの下で育っていた子どもたちにもその思いは伝わっていました。
今ほど遊ぶモノなんてなかったから、普段忙しい父親もいっしょに家族で近くにオムスビを持って遊びに行くことの嬉しさ。
今でも思い出します。
c0134569_2194921.jpg

がんばれば幸せになれると素直に信じ、
そして、それが少しずつだけど現実になっていくのが見える。
なんと幸せなことでしょう。

多くのタイの人たちは今の日本よりも生活が豊かではないけれど、タイの人たちが心穏やかに見えるのはその国民性や宗教観ばかりではなく、まさに三丁目の夕日のような明日はもっと幸せになれるという希望をもっているからのような気がします。
c0134569_21101888.jpg

単に昔はよかったとは思わないんです。
だけど希望を持って生きているときほど幸せなことはないんです。
c0134569_2110217.jpg





この拙ブログほぼ4年かかりましたが今回で1000回続きました。
いいかげんな内容もたくさんありますが、自分でもよく続いたと感心します。

これもひとえにコメントを下さる皆さんや、目には見えないけどこのブログに来ていただいている皆さんのおかげです。
一人旅に行ってカメラを構えるときは、皆さんにどうやって見せて、どのように説明しようかと考えながら撮っています。
だからこそ続けられたんです。
最近は海外に出かけるのが少なくなってしまったので今後どうなるかわかりませんが、今後ともよろしくお願いします。

1000にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-05-22 22:16 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 バンコク パッポンの夢の跡 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 21日

KING'S GROUPのQUEEN'S CASTLEの看板だけで、ここの場所がわかる人はなかなかのタイ通。
但しタイ検定には出ないだろうし、知っていることもそれほどの自慢にはなりません。
バンコク シーロムのパッポンにある有名なゴーゴーバーなんです。
但しここは日本人男性よりも、ファランのお客が多いんです。
c0134569_19261849.jpg

ゴーゴーバーが何たるものかは、巷にいくらでも解説している方がいらっしゃるのでそこをご覧いただけばいいのですが、昼間のパッポンの解説はあまりないでしょうね。
c0134569_19263025.jpg

パッポン通りの夜は、そこが道だとはわからないくらい露店が密集してでているのですが昼間は完全な道になります。
ですから昼間には道のあちらこちらに露店を畳んだコンテナーが点在しています。
c0134569_19265115.jpg

毎夕、フォークリフトを使ってこのコンテナを移動させ組み立てて、またしまうという繰り返しを毎日毎日やっているのです。
c0134569_1927180.jpg

夜が明ければ、兵どもの夢の後、ツワモノが飲んだビールの空き瓶空き缶が山のように積まれています。
c0134569_19271255.jpg

空き瓶や兵どもが夢の跡
c0134569_19274320.jpg

パッポンの微笑みもタニヤの微笑みも日本人男性が見る幻であることが多いらしいですよ。
c0134569_1927569.jpg


999にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。

望遠レンズの展示会
[PR]

by travel-arrange | 2011-05-21 20:42 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 ファランの老夫婦のタチレクでの食事 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 20日

ミャンマー タチレクの屋台で食事をする、ファランの老夫婦。
リタイヤしての旅行でしょうか。
長期休暇をとってのバカンスでしょうか。
c0134569_2157254.jpg

いずれにしてもほほえましい。
幸せなご旅行に見えますね。
綺麗な先進国で長く暮らしていると、こんな道端での食事は衛生状態が気になってしまうのが普通です。
特に奥様の方が。
もしこの方たちが日本人の夫婦だったらびっくりしてしまいますね。
c0134569_21571184.jpg

旅先でゴージャスな食事をするのも楽しい旅行。
現地の人たちが普段食べる食事をするのも楽しい旅行。
安かったことが自慢になるわけじゃないし、高いからといって必ずしも美味しいわけでもない。
その食事がいくらだったかなんて、そういう比較の仕方をしない人がファランには多いような気がします。

998にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-05-20 22:11 | ミャンマー タチレク

semスキン用のアイコン01 ミャンマーのガソリン屋台 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 18日

日本ではガソリンスタンド
アメリカではGus Station
ミャンマーにあるのはガソリン屋台なんですね。
ご存じない方のために解説すると、青い小屋の右側にある瓶に入った液体がガソリンなんです。
バイクに入れるんだったら、これぐらいの量で足りるんですよ。
タイで売っていたガソリンはもっと赤ぽいものでしたが、ここのガソリンは黄色っぽい。
c0134569_2171085.jpg

ミャンマーのガソリン、タイ産ではなくて中国産なのかもしれません)
(中国のガソリンが黄色いかどうかは知りませんが。
実際にバイクに乗ってきたお客さんにはこうして瓶からバイクのタンクにガソリンを注ぎます。
c0134569_2172180.jpg

ガソリン屋台のおじさん、やっぱり民族衣装のロンジーですね。


997にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-05-18 21:15 | ミャンマー タチレク

semスキン用のアイコン01 ミャンマーの床屋と客の真剣勝負 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 15日

どこの国に行っても必ずあるのが床屋さん。
”世界の床屋”という写真集を作ったら売れないかな?
床屋さんやお店の内装も写真に撮るんですけどね、この写真集の面白いところは、自分の切る前と切った後の写真を載せるんです
どうでしょう、この企画?

ミャンマー タチレクの床屋さんです。
c0134569_19221374.jpg

お客も、床屋の真剣勝負のような眼差しですね。
変に切ったら容赦しないぞという雰囲気が漂っていますよ。
c0134569_19222336.jpg

男の髪型なんて、自分が気にするほど人は気にしていない。というのが私の持論なんですけど。


996にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-05-15 19:31 | ミャンマー タチレク