だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2011年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 ソウルで見つけた”東京”ナンバー semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 29日

ソウルの路地で見つけたバイク
最近日本でも”富士山”みたいな風変わりなナンバーがありますが、このナンバープレートは見たことが無い。
c0134569_19383035.jpg

ジョークとしてつけているのだと思いますが、これがタイでしたらわかるんです。
多くのタイ人にとっては漢字は象形文字でしかないから、どんな単語が書いてあってもただのイメージになってしまいます。
しかし韓国の人たちは漢字が読めるから”東京”は誰でもわかるはず。
この国での”東京”という漢字は何のシンボルなんでしょうかね。
都会でかっこいい東京?
大都会東京?
c0134569_1938466.jpg

少なくともこうしてかわいいナンバープレートにしているぐらいですからネガティブな意味ではないと思うんですよ。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-06-29 20:03 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 侘び寂びはありませんが錆はありました semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 27日

やはりどこの国に行っても、ちょっと面白いものを探し歩いてしまいます。
この駐車場のかたち、日本で”モーテル”と呼ばれてたホテルで見かけましたが、車のお尻が隠れていません。
ですが韓国ではこのタイプのホテルの駐車場はよくある形でして、このホテルいわゆる”モーテル”の類ではなくておそらく・・ですが普通のビジネスホテルではないかと思います。
c0134569_20364871.jpg

いや、けしてホテルの駐車場ばかり取っていたわけではありません。
立派な観光客として行くべきところは行きますよ。
c0134569_20365948.jpg

光化門です。
建物の様子から古いものではなくて、近年建て直したもののように思えます。
c0134569_20372376.jpg

色が鮮やかですからね。
c0134569_20373742.jpg

この色使い、韓国独特のものなのでしょう。
鮮やかな緑色の使い方が日本人の感覚に無い特色かもしれません。
c0134569_20382372.jpg

と韓国建築にはすぐ飽きてしまって、こういうものに目が行きます。
c0134569_2039254.jpg

光化門には侘び寂びはありませんが、それでも錆はありました。(このフレーズを考えるのに5分)
c0134569_20391252.jpg

瓦の文化もきっと朝鮮か中国から日本にやってきたのでしょうね。
c0134569_2039273.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません

さくらんぼ
[PR]

by travel-arrange | 2011-06-27 21:04 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 ここはタイ?あなたはコンタイ? semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 26日

某所にてある関係者の密会が開催されておりました。
一人がビアシン、残り4人はチャーンであります。
右側にナムケーンのグラスがあるのも見逃さないでくださいね。
c0134569_15585350.jpg

ビアシンにIMPORTEDの文字が。
ここはタイではありません。
c0134569_15591443.jpg

なのに、王様と王女様のすぐ下でタイ料理を囲んでの歓談が続いておりました。
c0134569_1559346.jpg

タイレストランといっても、いつもいくようなお店ではございません。
タイ国政府商務省認定レストランなんですよ。
新宿の歌舞伎町にあるお店です。
c0134569_160042.jpg

人気のお店らしく、私たちが食べているときにもお店の入り口で待っている方がたくさん。
私たちは2時間というお約束でしたので、2時間過ぎたころからお店の人に、「そろそろお時間ですので・・・」攻撃をかけられましたが、最後に注文したカオパッドが出てこないことを反撃材料にして2時間半の宴会を繰り広げました。
c0134569_1601784.jpg

満腹になってお店を出た後はまずタイ食料品店へ。
小さいお店ですが、あまりにも徹底したタイ人必需品の品揃えで感激しました。
この看板ですがお店は2階にあります。
一人ではなかなか入るのには勇気が必要な場所でした。
しかしお店の人も、来ているお客さんもプロ(?)のタイ人ばかり。
タイ語が飛び交っております。
c0134569_1603110.jpg

これで終わりではないんです。
次はこれもまた一人では絶対に入れない歌舞伎町の地下のカラオケのお店。
おそらくお客のほとんどは日本人だと思うんです。
しかし歌を聴いていると、ここはどこ?あなたはコン タイ?
というような人ばかり。
カメラで動画を撮ってしまいました。
声は聞けるけど顔は見えないからいいでしょう。だけどノリだけはわかりますよ。



今日のメンバーの中の先達に披露していただいた歌。
実は私この歌のCD、タイで買ったものをいつも車の中で聞いていたんです。



4人の皆さん
ありがとうございました。
お疲れ様でした。今の時点でまだだれもブログに書かれていないところを見ると、今も疲れて寝ていらっしゃるのか?

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-06-26 16:41 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 ソウルの裏道で懐かしいものを発見 semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 24日

ソウルに行っても、繁華街ばかりを歩いていたんじゃ面白い写真は撮れません。
できるだけディープなところを、と探して歩きましたが何分にも慣れないソウル、どこに行けば何があるのか見当もつきません。
c0134569_17433656.jpg

とりあえず裏道、細い路地を歩きます。
道で調理をしています。
といっても、露店ではなくて調理場が裏道にあってここで調理して店の中に運ぶようです。
c0134569_17434654.jpg

あれこういう専門店は海外ではあまり目にしたことがありませんね。
専門店といっても、一般の方には馴染みがないもの。
c0134569_17435754.jpg

理化学機器とでもいうんでしょうか。
c0134569_17441386.jpg

実は私は昔はこういうのを毎日使っていまして、馴染み深い器具ばかりなんです。
こういう化学実験装置で毎日遅くまで実験をしていました。
一般の方には一見大それたモノに見えるかもしれませんね。
実際はそうでもないんです。
化学実験の基本は料理と全く同じ。
熱をかけて煮る、かき回す、冷やす。それの繰り返しなんです。
c0134569_17442557.jpg

ですから毎日遅くまで実験していても頭は使うことはなかったんです。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-06-24 17:59 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 パパは満足メヘンディ semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 21日

タイフェスの十分の一ぐらいの規模のバングラフェスですが、食べ物やさんばかりではなくこういうカルチャーものもあります。
ヘナで皮膚に絵を描くメヘンディ。
詳しいことはハート*フールさんのWebへどうぞ。
ペースト状にしたヘナを皮膚に書いて乾かして、しばらくしてから取ると刺青みたいに模様が残るんです。
今は書き終わってドライヤーで乾かしているところ。
c0134569_20244574.jpg

パパはメヘンディをやってもらって満足そうですが・・・
「ねえー、パパー、はやくどこかにいこうよー」
という感じですね。
c0134569_20245828.jpg

別な場所に200円でヘナのペーストが売っています。
c0134569_2025872.jpg

今度は注目されているお嬢さん、
どうやら首に描いてもらっているようです。
c0134569_20252029.jpg

書かれている部分が盛り上がっているのが良くわかります。
今の季節、ここに描いてもらうと人から見られて注目されちゃいそうだけどいいのかな。
c0134569_20253060.jpg

完成しました。
c0134569_20254188.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-06-21 20:51 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 バングラデシュフェスティバルでの私の課題 semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 20日

今回のバングラデシュフェスティバルには一つ課題を持っていきました。
それは普段あまり使わない(使い切れない)短焦点レンズ キヤノンEF50mm f/1.8 IIを使って、絞りを調整しながら被写界深度の学習をすること!
AVモードにして、絞りの調整に集中します。

まずは売られている帽子などを。
Tv(シャッター速度)1/1000  Av(絞り数値)2.8  露出補正0
ISO感度100  レンズEF50mm f/1.8 II
c0134569_2047350.jpg

こういうものを撮ると被写界深度が良くわかります。
EOS7Dのオートフォーカスは手前のものにピントを合わせる性質がありますね。
Tv(シャッター速度)1/250  Av(絞り数値)2.8  露出補正0
ISO感度100  レンズEF50mm f/1.8 II
c0134569_20471249.jpg

写真のお上手な方は、絞り数値で背景のぼけ方があらかじめイメージできるんでしょうね。
Tv(シャッター速度)1/1000 Av(絞り数値)2.8  露出補正0
ISO感度100  レンズEF50mm f/1.8 II
c0134569_20472029.jpg

先ほどのブレスレットを撮ったときの絞りが2.8でしたからもっと開けてみて1.8にしてみます。
私のイメージでは1.8だとほぼ1点にしかピントが合わなくて全体にもっとぼけると思っていましたが、結果はそうでもありませんでした。
Tv(シャッター速度)1/4000  Av(絞り数値)1.8  露出補正-1/3
ISO感度100  レンズEF50mm f/1.8 II
c0134569_20473697.jpg

ここはフェスティバルの会場から出た代々木公園の中。
遅咲きの薔薇が咲いていました。
薔薇の向こうにぼんやり見えているのが女性の姿かどうかもわかりません。
手前と背景の距離が遠いと絞り5.6でもこうなるんですね。
Tv(シャッター速度)1/125  Av(絞り数値)5.6  露出補正-1
ISO感度100  レンズEF50mm f/1.8 II
c0134569_20474575.jpg

これは7.1まで絞っています。
何枚か撮って後ろの親子が、親子だとわかるまで絞ってみましたが、ここまで絞らなくてはいけないとは。
Tv(シャッター速度)1/250  Av(絞り数値)7.1  露出補正0
ISO感度100  レンズEF50mm f/1.8 II
c0134569_20475260.jpg

写真の本には絞りとぼけの関係が簡単に書いてありますが、実際は絞り一つとっても難しいものです。
ですからカメラは最初は短焦点でじっくり勉強しなくちゃいけないということが良くわかります。
といいつつ、記録するためにはついズームに手が出てしまいますね。
Tv(シャッター速度)1/400  Av(絞り数値)6.3  露出補正0
ISO感度320 レンズTAMRON 18-270mm
c0134569_20472770.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-06-20 21:22 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 コレハ ナンデスカ?  ナーンデス semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 19日

久しぶりの「日本のアジア」
さて今回は・・・
c0134569_20384093.jpg

先週のkimcafeのブログにちらっと「バングラディシュ フェスティバル」の文字が!
フフフ、見落としませんでしたよ。
タイフェスが中止になってしまった今年、すっかり代々木公園のイベントを忘れておりましたが、バングラディシュがあったんですね。
早速出かけてきました。

代々木公園に朝11時前に来たのですがいったいどこでやっているのでしょう?
毎年のタイフェスでは毎年この場所にゲートが出ていましたが。
しかも歩いている人が少ない。
日にちを間違って来てしまったんだろうか。
c0134569_20385379.jpg

ちなみにこれが上の写真と同じ場所の去年のタイフェスのゲートです。
c0134569_20391199.jpg

ああ、ありました。
少し公園を入ったところに奥ゆかしい看板が。
c0134569_20392016.jpg

屋外ステージにも人はまばらです。
WE ARE TOMODACHIですって。
震災の日本を慮ってくれているのですね。
ただ、実際海外で「ワタシタチ トモダチ ネ」なんて声をかけられたら絶対警戒しなくてはいけませんが。
c0134569_20393519.jpg

私はバングラディシュには行ったことがありませんし、日本人にはあまり馴染みのない国。
そこで改めて調べてみました。
人口は1億5222万1000人(世界7位)で日本より多いんです。しかもシンガポールやバーレーンなどの面積の小さい国を除くと世界で最も人口密度の高い国なんだそうです。
「黄金のベンガル」とも言われていた時代もあったが、現在では貧困国の一つに数えられるとのことです。
c0134569_20395976.jpg

さて、kimcafeさんは記事に載せていたぐらいですから、ご本人が来ていらっしゃるはずです。
kimcafeさんの今までにブログ記事から推測してみましたが、それを考えると歩いている人皆kimcafeさんに見えてしまう。
所詮お会いしたことが無い方を探すのは無理な話です。
探すのはあきらめて先にお昼を決めましょう。
バングラディシュはインド圏ですから、世界的に勢力があるインド料理との差別化は難しそうです。
実際日本でバングラディシュレストランというのはあまり見たことがありません。
c0134569_20401259.jpg

白い背景でバングラディシュを強調しているのかと思いきや、ああ、そういうことなんですね。
白い紙の後ろには”イ”のような文字が。
いえいえ細かいことは申し上げるつもりはありません。今日ここに出店していただいただけでも感謝しますよ。
次回は紙をはがして”ナマステ・・・”の方で出店されるんでしょうかねえ。
c0134569_20402356.jpg

この方、ずっと大きな声を上げて店頭でナンを焼いています。
「コレハ ナンデスカ?  ナーンデス」 「コレハ ナンデスカ?  ナーンデス」   「コレハ ナンデスカ?  ナーンデス」 「コレハ ナンデスカ?  ナーンデス」 
耳にこびりついてしまいました。
c0134569_20404645.jpg

バングラデシュフェスティバルのビールはナーンですか?
インドのカールフィッシャー デス。
c0134569_2041016.jpg

ビールはナーンでも500円デス。
c0134569_20411190.jpg

タイフェスよりたかーいデス。
c0134569_20412495.jpg

こちらはナーンデスカのおじさんの横で静かにチャパティを焼いていたおじさん。
笑顔をありがとう。
c0134569_20414183.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-06-19 21:39 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 韓国のずしっと重い部分 semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 18日

ソウルの地下鉄、今は1号線から9号線まであって、特に番号の大きい新しい地下鉄の駅は広々として綺麗です。
地下鉄の乗り換え通路には日本のようにお店があったりしますが、驚いたのはそこで勝手(と思われる)に個人で持ってきたものを並べて売っている人がいること。
日本でしたら駅員が飛んできて止めそうですが、許容しているのがいいですね。
もっと驚いたのは、地下鉄の列車の中で乗客だと思っていた人が突然大きな声を出して物を売り始めたり(バンドエイドみたいなものでした)、物乞いが列車の中を移動して乗客に頼んでいたりしたことです。

地下鉄の乗り換え通路にイーゼルが何脚も立ち何か掲示してあります。
c0134569_1772361.jpg

写真でも掲示してあるのかな、と思ってみるとどうも最近の北朝鮮からの攻撃の被害を掲示してあるようです。
c0134569_1773973.jpg

そういえば、韓国の同僚と食事をしていたとき、彼がチラッと
「同じ民族が分断され対立している国は、今や世界でここだけだ」
と吐き捨てるように言っていたことを思い出しました。
c0134569_1774960.jpg

ソ連が崩壊してロシアになったり、東西ドイツも統一されたんです。
きっといつかは統一の日が来ることでしょう。
問題はそれにかかる時間なのですが。
c0134569_178225.jpg

またもし統一できれば、それはそれでドイツのように長い苦しい調整期間が必要となるでしょう。
c0134569_1781262.jpg

経済成長を成し遂げてきている韓国ですが、背中には日本には無い重いものを背負っています。
地下鉄の中で見る若者は、日本となんら変わらないように見受けられますが、この厳しい現実を日常的に意識して生活しているんですね。
c0134569_1782247.jpg


韓国の男性は、満18歳で徴兵検査対象者となり、満19歳までに検査で兵役の判定を受けます。判定が1~3級の者は「現役(現役兵)」、4級は「補充役(公益勤務要員)」、5級は「第二国民役(有事時出動)」、6級は兵役免除者、7級は再検査対象者となります。1~4級判定者は、30歳の誕生日を迎える前までに入隊しなくてはなりません。なお、満20歳~28歳で、各種高校、2年制・4年制大学、大学院、師範研修院の在学者、一部大学浪人生は、入隊時期を延期することもできます。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-06-18 17:46 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 だまされたのか?そうでないのか? semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 17日

ソウル、南大門の屋台
おばさんの後姿を見ながら料理が出来るのを待ちます。
c0134569_19234581.jpg

どうやら先に頼んだものが焼けてきたようです。
頼んだのはギンナンでした。
c0134569_1924018.jpg

出てきたビールはカスです。
カスフレッシュ、変な名前ですが先日の焼肉のときのマックスビールと味は似ています。
苦味が少なくさぱりした味です。
イカは春雨といっしょに炒めてくれました。
このイカと春雨炒め、うまいんです。
特にイカが新鮮(のように感じられて)プリプリしています。
軽く炒めてあるので、イカが生に近いんです。
O-ナントカは今はヨーロッパで繁殖しているらしいので、ここにはまさか来るまいと勝手に思いながら味わっていました。
c0134569_19241021.jpg

拡大して写真を撮りましたが、その間我慢し切れなくてギンナンが一串減ってます。
ポリ袋にお皿が包まれているのが変ですが、後で水洗いをしなくても済むようにしているようです。
屋台ですからね。
c0134569_19242011.jpg

さて全部綺麗に食べ終わってお勘定です。
私   「いくらー?」
おばさん(躊躇なく) 「ニマンハッセン ウォン!」
私 (心の中で) 「ウッ、やられた!これだけで28,000ウォンだって!」
高いと思いつつ、値段表もないし言葉は話せないし抗議のしようもありません。
私は動揺を悟られないよう、10,000ウォン札を3枚出しておつりを貰いました。

さて28,000ウォン、韓国のウォンは桁が大きいのでソウルに来たばかりの私にとっては、それでなくても何でも高いように思えてしまいます。
実際の両替したレートで換算してみると、2,200円ぐらいです。
瓶ビール1本、イカと春雨の炒め物一皿、ギンナン串4本
ビール600円、炒め物1,000円、ギンナン600円という感じかな?
やっぱり高いような気がします。

東京の有楽町のガード下の屋台も今は外国人向けの観光地化していて、屋台なのにも関わらず結構高い。
それと同じような感じなんだろうか?
それtもやはり、一人で来たハングルが話せない日本人観光客だと思って吹っかけてきたのか。

微妙にすっきりしない。
日ごろだまされたっていいんだよ、と標榜しているスクムビットは一人悩みながらホテルに帰ったのでありました。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-06-17 20:03 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 聞いたことがあると思ったら焼肉屋の名前だった semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 14日

高級焼肉のレストランもいいけど、やっぱり賑やかな屋台で食べなくっちゃ。
南大門・・・聞いたことがある名前なので有名なところだろうと思い行ってみました。
地下鉄4号線の会賢(Hoehyeon)で降ります。
c0134569_20573223.jpg

地図にゲート6と書いてあるところがここです。
おそらく南大門と書いてあるに違いありません。(ハングルのわかる方、そうですよね)
考えてみるとこの名前を知っていたのは、日本でそういう名前の焼肉屋に行ったことがあるからでした。
さすがに日本で焼肉屋の名前になるだけあって繁華街です。
c0134569_21113193.jpg

一人ですし初めてのソウルの屋台ですからどこの店に入ろうか迷っていましたが、強引にこのおばさんに私の迷いを断ち切っていただきました。
この屋台、上の地図の赤丸のあたりに出ています。
c0134569_2116127.jpg

「何にする?ヤキトリ?鍋もうまいよ」(実際には何を言っているのか言葉はまったくわかりません)
といろいろ勧められましたが、それほどお腹もすいていないしとりあえず店に並んだものを指して頼みます。
c0134569_21182416.jpg

私が頼んだものの一つはこれ、イカです。
そういえばパタヤの海岸でもイカを頼みましたっけ。
甲殻類、貝類、イカタコ類は危なそうだけど、仕事は済んで明日は帰るだけだしまあ、イーカ。
c0134569_21215642.jpg

それと、もう一つつまみになるものを焼いてもらっています。
c0134569_2122458.jpg

隣には若いお姉さん二人連れがやってきました。
観光客のようですが日本人ではないようです。
今日の写真はすべてコンデジ、サイバーショットDSC-WX1
すべてノーフラッシュですが、手持ち夜景モード、良く撮れています。
以前も書きましたがこの手持ち夜景モードの仕組み、カメラを趣味にする人にとってみればインチキ写真と言われてしまいそうな技術です。
以下がソニーのその説明です。
1回のシャッターで6枚の写真を高速連写、その6枚の写真を高精度に重ね合わせながらノイズを除去して、1枚の夜景写真に合成します。これにより、従来の高感度撮影よりもなめらかな画質で、ひときわ美しい夜景写真を残せます。
c0134569_21235634.jpg

今日は前座のお話。
真打のお話は次回なんです。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2011-06-14 21:40 | ソウルにて