だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 箸が転んでも笑っちゃうラテン系 semスキン用のアイコン02

  

2012年 10月 27日

ちょっと前の話ですが、スイスの会社へ出張した時の夜のパーティ。
世界各地から参加者が来ているのですが、やはり言葉が同じ人たちが一つのテーブルに集まります。
日本人は私たち3人だけですから、わざと離れて座りました。
私がいたテーブルはラテン系の国から来た人たちばかり。
c0134569_22102151.jpg

ここにいるメンバー、みんな別な国の人たちですが英語だけでなくスペイン語を理解できるようです。
今回会ったばかりですが、異様に盛り上がっています。
何で笑っているかというと、お互いの国の言葉で乾杯をなんと言うか聞きあって、何回も何回も皆の言葉で乾杯しています。
日本ではなんというのだと英語で聞かれたので「乾杯」だと答えると、みんなカンパイ、カンパイと言い合ってワインを飲みます。
c0134569_22143438.jpg

スペイン語の会話には入っていけませんが、どうも先ほどから繰り返し言っているのは、乾杯の話だけ。
何がそんなに面白いのかとこちらが思ってしまうほど、飽きもせず乾杯の話で乾杯し、飲んで笑っての繰り返しです。
c0134569_2216365.jpg

やっぱり陽気、皮肉っぽく言えば能天気のラテン系の諸君。
こちらも、見ているだけで楽しくなります。
c0134569_22195491.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません

ナツメ
[PR]

by travel-arrange | 2012-10-27 22:33 | スイス

semスキン用のアイコン01 秋晴れの朝日の部屋での独り言 semスキン用のアイコン02

  

2012年 10月 21日

今朝は4時半に目が覚めました。
それもそのはず、昨日は夕方6時半には寝ていたんですから。
昨日は会社の仲間とバーベキューでして、朝早くから市場で買い物して準備して、調理して、片付けして疲れていたんです。
なんで私がこんなに活躍せざるを得なかったのか。
会社の若者が現場で動かないんです。気が利かない、先が読めない。体を動かさない。
(写真は今日のお話とは関係がありませんが、リトルワールドに建つ韓国の家です)
c0134569_6543465.jpg

その前日の金曜日、会社で講演をしてもらったコンサルタント会社の社長が、大変興味深いことをおっしゃっていました。
「時代が変わって、社会が変わっている」
(このあたりだけだったらよくある陳腐な言い回しですが)
この一つの例として、「社員に提案型営業」をさせる時代は終わった。とおっしゃるのです。

提案型営業をするには、自分の会社の内容はもちろん、相手のこともよく知り分析し、顧客が何を本当に望んでいるのかがわからなくてはいけない。
顧客は実は「モノ」を買いたいわけではない。「解決策」を買いたいのだと考えるのが提案型営業です。

私もずっとこうあるべきだと思っていました。ここにこそ売れる仕組みがあると考えていました。
ですから営業社員に対しても、このようなことが実践できるように仕向けてきたつもりでした。
c0134569_65449100.jpg

ところが、もはやそういう時代ではないと言われたのです。
講演が済んだパーティーの時、この社長に聞いてみました。
「私は提案型営業こそが営業の神髄だと思っていました、それがどうして古いんでしょうか?」
「確かに提案型営業自体が悪いわけではありません。しかしスクムビットさん、今までそのように指導されてどれだけ成功してきましたか?なかなか難しかったでしょ。
もはやこれを社員にやらせようすることが古いんです」

確かに言われる通り、提案型営業をやらせようとしてもなかなかうまくはいきません。
仕向けても仕向けても、現実にはこちらが考えるようにできない社員の能力の低さにため息をついていました。
自分が「近ごろの若者は・・・」という禁句が出そうになっているのをこらえて、これも自分が年を取ったせいであって経験の少ない若者にはもっと丁寧に教えてやらなければいけないのだと、今まで自分自身に言い聞かせていたのに。
c0134569_655567.jpg

しかしさらに社長は、
「最近の若手社員は、昔より自分で考える能力が低いのは明白です。ゆとり教育の問題なのかもしれません。日本の社会が低成長ながら安定しているせいなのかもしれません。
もうこういう過度な期待はやめて、若手社員にはある一定のマニュアル化した営業活動をさせるのが一番本人たちのやるき、やりがいをひきだすことができるんです」

本当でしょうか?最近の若者は昔より考える能力が低いなんて、なんとなく感じてはいても口に出せることではありません。私は
「それでは、彼らが育たないではないですか、本人たちも面白くないでしょう。一生マニュアル化した仕事をさせるのは気の毒ではないですか?」
社長は
「彼らは、それで役職が上がって給与が上がることよりも、ある一定の仕事の中で喜びを見出したいと思っているのです。
中には自分で一生懸命考えて期待に応えられる若手もいるかもしれません。しかしそういう優れた社員が50人か100人に一人いればその会社はラッキーです。そういう人が会社の将来を担えるのですから。

そして結果として社内での給与の格差は大きく広がっていくでしょう。ですから一時期流行っていた成果主義という制度も実は均一化した評価制度であって、もはや古いことなんです。

しかしそれもしかたありません。今の若者の社員の大多数は、苦労して自分で考えるということによる大きな報酬より、マニュアル化された仕事でのそこそこの給与の方を望んでいるのです。
その状態を早く認識して、誰にでも実行できる仕組みを会社(経営層)が考え、それを指示していく。
実際すでにそれを実行している会社がうまくいっているんです」

最近になって久しぶりのショッキングで納得させられたお話でした。
社会が変わっていることに気が付いていなかったのは、若手社員ではなく自分の方だったのです。

しょうがないことなんでしょう。しかしこれでは成長著しいアジアの国のエリートたちとの競争には敗北してしまいますね。
c0134569_77540.jpg


今朝、私の部屋には気持ちがいい朝日が差し込んでいます。
朝早くこの秋、初めてつけた暖房のエアコンも切って、これから今日一日何をするか考えましょう。
何もしなくてもいい、というのが休日の朝の嬉しいところです。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2012-10-21 08:42 | 名古屋

semスキン用のアイコン01 夢のカラクリ ♪ 名古屋の秋 semスキン用のアイコン02

  

2012年 10月 16日

3台の山車が集まった名古屋のお祭り。
実に雰囲気がいいんです。
地域の人たちが自主的に伝統を受け継いでいるのですが、観客は多からず少なからず。
商業的な雰囲気は一切せず。
警備もゆるくて危険な山車を回すところも、ロープなど張っておらずにぎりぎりのところまで近づけます。
この近所のローカルなお祭りなのですが、山車は立派なもので素人の手作りのようなものではありません。
お囃子を奏でる子供たちは月に欠かさず二回練習を続けているそうです。

最近田舎ほど、古くからの商店街はシャッター商店街となり、車でしか行けない近郊のショッピングセンターは日本全国同じようなつまらないチェーン店ばかり。
それに引き替え、ここ名古屋のローカルさは、今や本当の都会のように思えます。
c0134569_2292387.jpg

さてこの山車、それぞれにカラクリ人形が乗っているんです。
近くの地元のおじさんが話していました。
「昔、子供のころはこのカラクリ人形が怖かったんだよなあ」
暗い中で提灯に白く照らされたこの人形は確かに子どもにとってはおねしょをしてしまいそうな怖さかもしれません。
c0134569_221065.jpg

この人形は唐子の采振人形。つるつるの白い肌をした人形ですが、光の影のせいでうつむいたり、横を向いたりすると表情が変わるような気がします。
c0134569_22105282.jpg

左奥が更科姫(鬼女)、右側がサンピン(従者)だと思います。
大将人形の平維盛はおそらくこの奥で、写真を撮ることができませんでした。
c0134569_2211967.jpg

どんなお話を演じているのかわかりませんが、更科姫が突然般若のお面をかぶって鬼女に変わります。
そしてサンピンが逃げ回るのでした。
サンピン、最初から泣きそうな顔でしたからね。
詳しくはココをクリック
c0134569_22112761.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2012-10-16 22:35 | 名古屋

semスキン用のアイコン01 広井神明社の花車例大祭 semスキン用のアイコン02

  

2012年 10月 14日

私の住まいの近くでは名古屋の駅前付近にもかかわらずローカルなお祭りがしょっちゅう開催されています。
今回のお祭りも、通勤途上にふと町内の掲示板にポスターが貼ってあることで気がつきました。
広井神明社の花車例大祭で、この土日に伝統の山車(だし)が繰り出されるというものです。
特に土曜日の19時から21時は提灯をつけた近所の3輌の山車が集合し、神明神社で山車のからくりが奉納されるらしいのです。
暗い夜に提灯をつけた山車の写真がポスターに載っています。
これは一脚を持って撮影に行くしかないでしょう!

家から歩いて5分ほどの神明神社の近くに近づいていくと、お囃子の音が聞こえてきます。
路地を出て視界が広がったそこには、提灯をたくさんつけた山車がいました。
c0134569_228269.jpg

それぞれの山車は、この近所の町内会が保存管理しているそうです。
これは紅葉狩車。
c0134569_2284769.jpg

紅葉の模様が、まさに秋のこの季節にピッタリです。
山車の下(一階部分)にはスペースがあって、ここにお囃子をしている子供たちが乗っていて音が聞こえてくるのでした。
c0134569_22114622.jpg

7時からの三車集合で全部の山車が揃っていましたので、写真を撮ってすぐに帰ろうと思いましたが、一応カラクリというものを見ていきます。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2012-10-14 22:15 | 名古屋

semスキン用のアイコン01 シュールの後にははね海老 semスキン用のアイコン02

  

2012年 10月 08日

怒涛のような日本各地巡業の2週間が過ぎ、緊張が切れ少しぼーっとしております。
全国各地を回ったのにもかかわらず、忙しすぎて写真も写せず。
埋め合わせに、また名古屋の家の近所の写真でご勘弁を。

さて、何度も書きますがここが名古屋駅から歩いて十数分の家の近く。
阿波踊りや、郡上踊りはこのアーケード商店街でやっていたのです。
しかしながらイベントのないときは、本当に人気のない商店街。
円頓寺商店街と書いて”えんどうじ”と読みます。
c0134569_20392954.jpg

商店街の路地に「銀座」があるのはやはり都会だから?
右側に見えるビルは地下鉄の駅の名前にもなっている国際センタービルです。
c0134569_2040068.jpg

昔からお寺や神社の近くには色街がつきものだったようですが、ここもそんな作りですね。
c0134569_20402378.jpg

ロックバー テラゾ
この店もWEBで確認すると、現役のお店のようですが、なかなか夜一人で入るには勇気がいりそうです。
c0134569_20403985.jpg

このお店は円頓寺商店街の一番端にある五條橋のたもとにあるので、この名前のようです。
結構昔からある有名な店で、知る人ぞ知るお店だとのことです。
c0134569_2041827.jpg

さて、円頓寺商店街を少し外れると、委員の看板の下に何か人形のようなものが見えます。
c0134569_20412485.jpg

私は最初これを見て、医院で使っていた人体模型を外に放り出してあるのかと思いました。
シュールな人形です。
院長先生の制作なのでしょうか。
c0134569_2057136.jpg

患者がこれを見て入るとは思えない。
c0134569_20413942.jpg

気を取り直して、もう一度円頓寺商店街へ。
名古屋のエビフライはタモリが有名にしたものですが、やはりエビフライ専門店があるあたりはほかの地域にはない特徴ですね。
c0134569_2042549.jpg

一度入ったことがあります。
エビを一匹そのまま揚げるのではなく、すしネタにあるように開いて揚げてある。
これがなかなかうまいんです。
kimcafeさんが過去行った店にあったでしょうかねえ。
もしなければお勧めです。
・・・・と思って念のため確認したら・・・

さすがですねえkimcafeさん、2010年の3月に既に訪問済みではないですか。

c0134569_20421937.jpg

ワタクシ今はこの近くに住んでいるんですよ。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2012-10-08 21:08 | 名古屋