だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2013年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 韓国で売られている樽型乳飲料の中身は? semスキン用のアイコン02

  

2013年 05月 30日

ソウルのホテルの前のコンビニで迷っています。
この樽型のプラスチックの容器に入った飲み物は何でしょう?
ハングル語が読めないので推測するしかありません。

周辺状況から・・・
1、冷蔵ケースで上の段にはmilkと書かれた紙パックがある→乳製品だろう
2、他の飲み物と比べて陳列している数が多く、広いスペースを取っている→韓国の人たちは皆知っていて、よく飲まれているものと考えられる
3、上段の緑文字のものが多いが下段には同じ形の色違いのものがある→上段が基本製品、下段の赤はイチゴ味、オレンジはオレンジ味、青は推測不能

私の推測の結論は
1、少し変わった容器で売られている牛乳、赤はイチゴ牛乳
2、飲むヨーグルト
3、豆乳
c0134569_1051163.jpg

こんなこと考えていても結論は出ません。
もうホテルの近くですから買って飲んでみればいいのです。
一番売れ筋と思われる緑色のものを買いましょう。
c0134569_105259.jpg

うーん、見事に推測がはずれました。
ほんのり甘く、牛乳と卵のやさしい味。
ミルクセーキです。
これはいけます(甘い物好きな人には)

海外ではやっていて、かつ日本人の味覚に合うものは必ずといっていいほど売られている日本。
なぜこの味が売られていないんだろう?


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-05-30 06:04 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 韓国の1+1、2+1という売り方 semスキン用のアイコン02

  

2013年 05月 29日

無念、最後のイカタコでお腹いっぱいになってしまったので、ホテルに戻ります。
これはサトウキビを絞っているんですね。
明洞の屋台では絞りかすを見せて、本物ですよ新鮮ですよということをアピールしているようです。
ちょっと後ろ髪惹かれますが、これミャンマーで飲んだことがあって、甘いんだけど青臭くて今一つなんですよ。
パスです。
c0134569_937531.jpg

ホテルの前にあるコロッケ屋
いまさらコロッケを食べるつもりはないんだけど、これなに?
ポテトコロッケと、チーズコロッケの間にある”あんコロッケ”1,500ウォン(150円)です。
日本にはアンパンがあるんだからおかしくもないのでしょうけどね。
c0134569_9394481.jpg

コロッケは食べられないけど、どうしよう?このままホテルの帰ったら寝るだけだ。
ちょっとコンビニをのぞいてみましょう。
棚に書いてある1+1とか2+1の意味わかりますか?
これ1個買ったら1個ただ、2個買ったら1個無料ということなのです。
日本ではこういう表示の売り方ありませんね。
もし同じことやるんだったら、2個を一つにラップして2個での値段をつけるはず。
こんなところにも感覚の違いがあるの面白いです。
c0134569_941568.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-05-29 05:33 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 明洞のイカタコでもうお腹いっぱい semスキン用のアイコン02

  

2013年 05月 28日

イカタコは食事の間の中休みで食べたのですが、いつまでたってもなくなりません。
そのうち顎が疲れてきたのと、お腹の中でイカタコが膨れてきて、もう今日の夕食はこれでおしまいという感じです。
ありゃ、違う種類のイカもありますね。
c0134569_9155341.jpg

これはなんでしょう。
見た感じはカルメ焼を膨らまさないで、ぺちゃんこの煎餅みたいにした感じ。
でもおばさんは小さい鍋を使って箸でそのなかをくるくるかき混ぜながら作っているから、きっとカルメ焼の韓国版でしょうね。
ハングル語で書かれていると完全にお手上げです。
最後のデザートに食べたいところですが、まだイカタコが食べきれません。
次の機会にいたしましょう。
c0134569_9162752.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-05-28 06:15 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 NAGOYAでタイ感★名古屋のタイフェス semスキン用のアイコン02

  

2013年 05月 27日

土曜日の夕方、昨年代々木公園のタイフェスに行って、その後一人で名古屋のタイフェスにも行ったなあ、とぼんやり考えていました。
c0134569_20304266.jpg

そういえば今年も名古屋でもタイフェスあるんだろうか、と調べてみるとまさに今日明日ではないですか。
ということで昨日の日曜日に名古屋のタイフェスに行ってまいりました。
(ソウル編は次回にスキップします)
c0134569_2031647.jpg

今年の東京のタイフェスは雨にたたられましたが、名古屋の久屋大通公園、昨日も今日も快晴です。
世々日公園と比べるとそうとうこじんまりしていますが、客があふれかえるというようなことはありません。
この後ろ姿はタイの正装をした日本人のお嬢さん。
タイとどういう関係なんでしょうね。
c0134569_20343918.jpg

代々木公園では、タイフェスの中身をご案内できませんでしたから、タイフェスというものをご案内いたしましょう。ほとんど内容は代々木と変わりがありませんから。
c0134569_20384043.jpg

出店している店は大きく分けて3つあります。
モノの販売、飲食店、それと政府関係や関係機関などです。
雑貨屋さんでいられているものはたいていタイで見たことがあるもの。
おそらくチャトチャック市場などで仕入れてくるのでしょうね。
それでもここで売られているものを見ると、ああこういうものが日本人の女性の好みなんだなとわかります。
c0134569_20425185.jpg

これはタイ大使館の出店だったと思います。
実際タイの工芸品をこの場で作らせてもらえるブースでした。
c0134569_20453121.jpg

お客さんが一度に多く来るから、ガイヤーンも焼いてカットしておかなくてはならないんでしょう。
日本のタイフェスですからやむをえませんが、やはり本場で焼き立てを食べたいものです。
しかし、日本人観光客の多くはタイの屋台でガイヤーンなんか食べないでしょうけどね。
c0134569_2049028.jpg

このビアシン缶、今年の代々木でもありましたね。
c0134569_20503022.jpg

私は一人ですからビールは飲みません。
マモアンのジュースいただきました。
値段はビールと同じ400円。
c0134569_2052448.jpg

名古屋でもステージで出し物をやっています。
まずタイといったらムエタイ。
c0134569_20545643.jpg

演ずるのは皆さん日本人でしたが。
c0134569_20533739.jpg

フルーツカービングを舞台でやって、解説しているんですよ。
これは広い代々木公園のステージではできないでしょうね。
c0134569_20543439.jpg

代々木ではあまり見かけない、タイ式マッサージ。
気持ちよさそうです。
c0134569_2056107.jpg

衆人環視の中、ここでマッサージしてもらうのはちょっと恥ずかしいです。
c0134569_20562961.jpg

道には違法駐車のTUKTUKが数台、
中でもこれは真っ黒に塗装して完全に自家用車になっていますね。
c0134569_20583998.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-05-27 06:11 | 日本のアジア

semスキン用のアイコン01 イカの足をくちゃくちゃ食べながら、明洞を歩く semスキン用のアイコン02

  

2013年 05月 26日

ソウル 明洞の屋台です。
ソーセージ食べて、卵のお菓子のようなもの食べて、レモネード飲んで。
さて次は何にしようかな。
これは魚のすり身を揚げたテンプラ。
c0134569_8584588.jpg

ここですり身を成形して揚げています。
こういうの揚げたてはうまいんだよなあ。
ただ先ほど食べたソーセージが胃にガツンときはじめて、揚物はちょっとヘビーだ。
c0134569_921495.jpg

ちょっと一休みして、イカ食べよう。
そういえば私はこういうところでイカ食べることが多いなあ。
これ、イカだけでなくタコも入っていますよ。
c0134569_942080.jpg

タコだけ入った袋、イカだけが入った袋がありますが、ここはイカタコミックスといきましょう。
袋を指さすと、お兄さん50,000ウォン(500円)ですって。
少し高いかなあ。
まあいいや。
c0134569_955820.jpg

袋に入ったイカタコをそのままくれるのかと思ったら、お兄さん私の指差した袋から中のイカタコを取り出し、プレス付の鉄板に並べます。
ああ、そうか、この場で温めなおしてくれるんだな。
1分ほど温め、はいどうぞ。
c0134569_974954.jpg

一人で食べるには結構量が多いです。
歩きながら、イカとタコを交互に食べますが、食べても食べてもなくなりません。
どんなものかというと、イカはよくあるおつまみのイカみたいなものですが、タコは乾燥してしまったタコの刺身みたいな味。
それでも噛みごたえがあり美味しいです。
お腹の中で水分を吸って膨れてきそうな感じです。
c0134569_912430.jpg

明洞を歩く韓国美人に混ざって、イカの足食べながら散策を続けました。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-05-26 05:56 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 レモンの絞りかすを見ていると口の中がすっぱくなる semスキン用のアイコン02

  

2013年 05月 25日

引き続き明洞の屋台を物色します。
明洞には日本人観光客も多いから、表示に日本語が書いてあることもあるのですが、基本はハングル。
英語表記も少ないため文字を読んでもそれが何かがよくわかりません。
このレモンの絞りかすの山は何でしょうか。
まさか韓国の人はレモンを絞ったままの酸っぱいジュースが好きだとか?
うわー、見ているだけで口の中に唾液がたまってくる。
c0134569_956692.jpg

同じ店が他のところにあって、日本語で書いてありましたのでわかりました。
ようはレモンを絞って砂糖と水を加えてジュースにしているんですね。
c0134569_9595822.jpg

さっきのソーセージでのどが渇いたから、このジュースと、隣にある目玉焼きのお菓子のようなものをいただきましょう。
c0134569_1014691.jpg

レモンジュース2,500ウォン、目玉焼きのようなもの1,000ウォン
目玉焼きのようなものは、少し甘く、かといってお菓子のようでもなく?な味でした。
レモンジュースはタイ式でポリ袋入り。
これは予想通りの味でしたよ。
c0134569_103466.jpg

これで今晩の夕食がおしまいとはいきませんので、まだ続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-05-25 05:49 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 明洞の屋台での買い食いが今晩の夕食 semスキン用のアイコン02

  

2013年 05月 24日

さて、昨晩は焼肉と焼酎ビール割をたらふくいただきましたが、今日は一人で夕飯を食べなくてはいけません。
これが一番苦手なんです。
バンコクでしたら一人でラーメン食べちゃうんだけど、あまり来る機会がないソウルですから韓国メシたべたいですしね。そうはいっても一人でレストランに座るのは嫌です。
そんなことを考えながら夕方明洞を歩いていると、昼間にはなかった屋台がたくさん出ていました。
これは以前来たときにも見たことがあるジャガイモくるくる揚げ。
これ新大久保にもありました。
c0134569_9371214.jpg

くるくる揚げを物欲しそうに横目で見ながら、気が付きました。
そうだ!どうせ一人なんだから今日はこの屋台のものを買い食いして夕食にしてしまおう。
そうと決まると、屋台のC組グルメがやけにおいしそうに見えてきます。
まずはこれだ。
ソーセージ5本串、普通のソーセージと、中にチーズのようなものが入っているようなものが串刺しになっています。
c0134569_942810.jpg

売っているお兄さんはなかなかカッコいい。
c0134569_9451254.jpg

指をさして買ったら、3,000ウォン(300円)ですって。
韓国ウォンは桁が一ケタ多いので一見高く感じますが、最後の0を取ればいいので換算が簡単です。
これにケチャップと、マスタードをかけて食べます。
c0134569_10102096.jpg

一人で歩きながら食べると嬉しい。
何か明洞に馴染んできたような気がします。
c0134569_94326.jpg

さて、次は何を食べようかな。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-05-24 06:22 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 韓国の焼き肉のタレは玉ねぎ? semスキン用のアイコン02

  

2013年 05月 23日

無事ソウルの到着し、すぐに仕事です。
私が明洞のホテルに到着したら既に訪問先の方が私を迎えに来てくれていて、その方の工場へ向かう途中仕事の話です。
その工場が一体どこにあったのか、地図を見てこなかった私にはまったくどちらの方向へ走っているのか皆目見当もつきません。
1時間以上走ったでしょう。いったいソウルからどれくらい離れているのか聞いたら60kmぐらいじゃないかと言います。
工場を見せてもらい私もプレゼンした後、お食事の誘いがありました。
(そういうことになるのじゃないかと半ば期待はしていたのですが)
そして想像どおり、その工場の近くのローカルな焼肉屋へ。
まず炭が出てきます。
c0134569_2036012.jpg

手前のお皿に入ってるものは何でしょうか。
玉ねぎのような野菜に薄いドレッシングのようなものがかかっていますね。
韓国にはいろいろな種類のキムチがありますから、
「これはキムチですか?」
と聞くとそうではないと言います。
その横に見えるのはコチュジャンでその上にあるお皿には生のニンニクが入っています。
日本でしたら、とにかくビールを持ってくるのがお約束ですが、この地ではそうではないようです。
いつまでたってもビールは来ず、相手の二人は生のニンニクをボリボリやり始めました。
私も郷に従えで食べてみましたが、ニンニクはニンニク。
辛くてすきっ腹にヒリヒリ滲みます。
忘れたころにビールが出てきましたが、このビールには韓国焼酎を入れて飲みます。

そして焼肉はお店のおばさんが来て焼いてくれ、焼いた肉をハサミでチョキチョキ。
c0134569_2051124.jpg

この肉を先ほどの不明だった手前の野菜ドレッシングの上にちょこんと載せてくれます。
そうなんです、これは焼き肉のタレなのでした。
焼肉は日本の焼肉と違いまったく味が付いていませんので、この野菜ドレッシングと一緒に食べます。
正直言うとちょっと物足りない感じ。
でも必ず野菜と一緒に食べるので健康的かもしれません。
そしていつのまにかテーブルにはお決まりのたくさんの小皿が出ていました。
c0134569_20514366.jpg

ちなみに以前聞いた話ですが、今の韓国は日本以上の食糧輸入国。
牛肉はほとんど輸入品なんだそうです。
今日ごちそうしていただいたのもOGかUSビーフなんでしょうね。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-05-23 05:25 | ソウルにて

semスキン用のアイコン01 大変だ!パスポートを持ってこなかった! semスキン用のアイコン02

  

2013年 05月 22日

ソウルなんて、九州並みの近さ。それに航空券は九州往復よりも安い値段です。
それでも外国には外国。
セントレア11:50の出発ですが、一応2時間前には空港に着くようにしましょう。
家を出たのが9時ちょうど、そして名古屋駅を9:20に出発して9:48に到着です。
本当に名古屋の人は空港が近くて恵まれていますね。
座席にチケットホルダーが付いているなんてなんて気が利いているんでしょう。
いかにも日本的な心遣いだなあ。
c0134569_8485968.jpg

名鉄のミュー特急、社内に先頭車両についているカメラの画面が映し出されていて嬉しいなあ。
速度は120kmぐらいが最高速度ですね。
このあたりまでは、ブログの文面を考えながらネタ写真を撮っていたのです。
c0134569_8491244.jpg

そのたった30分後。
最初の写真にそっくりですが、決定的に違うのは切符の指定席の内容。
よく見てくださいね。
中部国際空港10:07発名古屋10:35到着
そう!なんと名古屋へまた戻っているのです。
c0134569_8493286.jpg

話を元に戻しましょう。
セントレアに9:48に到着し、余裕でガラガラのアシアナ航空のチェックインカウンターにe-チケットとスターアライアンスカードを差出し、預け荷物を置いて手続きを待っていると、カウンターのお姉さんが
「それではパスポートをお願いします」と言います。
私の頭の中が突然急速に回転しだし、周りを気にせず大声で言った言葉は
「アッ、パスポート忘れた!」
頭の中に思い浮かぶのは数日前に見た家の中の棚に置いてある赤いパスポートの画像
あれをそのまま置きっぱなしにして、ここにやってきてしまいました。
さあ、どうしましょうか。
出発2時間前にここに着いたんですから、名古屋-セントレア間が30分であることを考えると、今から家に取りに帰っても間に合うはずです。
お姉さんが心配そうに
「間に合いますか?一応受け付けは11:10までですが。もし取りに行くのでしたらここに連絡先の番号を書いていってください、11:10過ぎて戻られないようであればお電話します」
という経緯なのです。
名古屋駅に10:35に着けば、それからタクシーで家に戻り、そのまま名古屋駅に引き返せば10:50の特急に乗れるはずです。
そうすれば11:20には空港に着くから10分遅れになるけどなんとかなるだろう!
そう思って気分を変えまたブログネタのために撮った写真が3枚目の写真なのです。

しかし現実はそんなに理屈通りにはいかないものですね。

名古屋駅でタクシーに乗りましたが、名古屋駅前です。信号が多くて走っている時間よりも信号待ちの時間の方が長い。タクシーの運転手さんになんとかまた10:50までに名古屋駅に戻りたいんです、とお願いしましたが、運転手さんは気の毒そうに、無理かもしれないねえ、と言います。
自宅に戻ったのが10:45分
こりゃアウトです。

それでもあきらめるわけにはいきません。
次の直通特急は11:20ですがその前に11:01発の普通特急があります。
なんとかそれに間に合って、後は電車の中で天命を待ちます。
すると、11:15ころに、アシアナのカウンターから携帯に電話がありました。
「今、どちらにいらっしゃいますか?」
電車の中だと告げると、具体的にどの電車か尋ねられます。名古屋11:01発の特急だと言うと
時刻表を見ているようです。すこし間があり
「はい、わかりました、空港に着いたら電車の先頭から降りて急いでカウンターにお越しください」
とのこと。
これはどういう意味?
きっと乗らせてくれるいうことに違いありません。

空港を降りてカウンターに走ると
途中にアシアナの制服のお姉さんが待っています。
一緒に走って、手荷物チェック、出国審査と次から次へとお姉さんたちがリレーのように私をパスしていきます。
どのお姉さんたちも一緒に走ってくれますが、私は一人ずっと走るだけ。
息が切れて、最後の搭乗口まで一緒に走ってくれたお姉さんにお礼を言いたかったのですが、息が切れて言葉も出ません。
c0134569_8494555.jpg

当然のことながら、免税のたばこは買えず、客先へのお土産も買えず。

ちなみに出発は定刻11:50よりも早い11:45でした。
なめてました、日本に一番近いパスポートが必要な外国韓国。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-05-22 09:54 | 空港と搭乗

semスキン用のアイコン01 インド人のタンブンの花輪はやはり派手 semスキン用のアイコン02

  

2013年 05月 20日

SRI MAHAMARIAMMAN TEMPLEはヒンズー教のお寺ですが、タイの人たちはやはりピーやお寺に供える
花輪พวงมาลัย (プワング マーライ) を供えるようです。
c0134569_20442081.jpg

でも気のせいか派手なヒンズー教に合わせたのか花輪も派手めで値段も少し高そうですね。
シーロムのこの一角、このお寺があることからわかるように、インド系の人が多く住んでいるようです。
実際ベジタリアンレストランもいくつか見受けられますから。
c0134569_20463448.jpg

印僑はお金持ちが多いですからね。
タンブン(こうは言わないと思いますが)も張り込むんでしょうね。
c0134569_20472661.jpg

明日からソウルへ行ってきます。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-05-20 05:41 | バンコクの風景