だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 おかしなかしぱん semスキン用のアイコン02

  

2013年 11月 26日

最近日本では高級食パンがブームだそうで。
私も名古屋に来てからは結構高級食パン買っています。
名古屋駅に近いので、駅に行けば超高級パン屋がいくつもあるんです。

パンは日本がうまいですね。
タイは論外、ドイツのパンは根本的にパンの種類が違います。

上海でも焼き立てパンを売る店があり、ものは試しにと買ってみました。
といっても普通のパンでは面白くない。
これ↓がカレーパンらしきものの横に置いてありましたのでてっきりカレーパンの一種かと思いましたが。
c0134569_21565358.jpg

中に具は無し。
外側のそぼろみたいなものにも特別な味は無し。
うーん、上海の食べ物はよくわからん。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-11-26 21:59 | 中国 上海

semスキン用のアイコン01 上海の健全マッサージのお値段は semスキン用のアイコン02

  

2013年 11月 25日

バンコクに行ったときにはマッサージは欠かせません。
あの強制的にヨガをやらされるようなマッサージは終わった後が爽快なんです。
上海でも一度は行ってみたかったんです。
でも看板に書いてある値段が本当かどうかわからないし、ぼったくりにあっても言葉はできないし。
食事をした後寝るまでに時間があったので、中国人社員に聞いてみました。
すると、ここでいいんじゃないですか?と他人事だと思って目の前の看板を指さす結構テキトーな感じ。
写真と数字から判断すると、足マッサージ88元(1,500円ぐらい)オイルマッサージ198元(3,400円ぐらい)です。
c0134569_2113981.jpg

テキトーな中国人社員ですが、それでもマッサージの受付までついてきてくれて値段を確認してくれました。
看板のとおりのようです。
とりあえず1時間ほどの足裏マッサージを頼んでやってもらいました。
タイ式の方がいいような気がするけど、まあまあですね。
終わってからバンコクのようにチップを出すと、おつりの12元(200円ぐらい)だったのに驚いたように喜んでくれました。

しかし、こんな一流ホテルのマッサージ屋の値段を紹介するなんて、私のブログを読んでくださる方には申し訳ない。
翌日、近くを散策して値段チェックです。
写真ではメニューがよく見えないかもしれません。
一番下が、60分のマッサージ50元(850円)、その上が45分のオイルマッサージ60元です。
やはり昨晩のホテルのマッサージは高かったようです。
c0134569_2110411.jpg

ここも値段は先ほどのところとほぼ同じ。
どうも50元とか60元がこのあたりの相場のようですよ。
c0134569_2112283.jpg

ところでマッサージや床屋の料金はその国の人件費に比例します。
だってまさに道具は手や腕だけなんですから。
これはレストランの求人ですが、
服務員2500元ー3000元/月ですから、月給43,000円から50,000円ぐらいですね。
c0134569_21105314.jpg

最近のタイですと同じような仕事は7,000バーッぐらい(最低賃金が上がってもう少し多いかもしれませんが)でしょうから、20,000円強
やはり上海の物価はタイよりずっと高いようです。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-11-25 21:27 | 中国 上海

semスキン用のアイコン01 大閘蟹(上海蟹)の季節 semスキン用のアイコン02

  

2013年 11月 24日

今年は上海に3回も行きました。
中国ですから、中華料理がうまいと思うでしょ。
ところが、いいお店にあたっていないせいか、どこで上海料理を食べてもうまくないのですよ。
まず味にパンチがない。
辛くもなく、塩分控えめで、少し甘い。
c0134569_8465879.jpg

現地の社員がいますから、おいしいところに連れてってねとお願いするのですが、食べている本人はうまいうまいと言っているのに私にはいまいち。
c0134569_8471493.jpg

まずいというと気を悪くしそうですので、正直なことは言えません。
これは生きたエビを紹興酒に浸したもの。
運ばれてきたときはボールの中でエビが紹興酒に酔っ払いパチパチ跳ねていますが、そのうちみんな酔っ払って静かになります。
静かになったところでいただくのですが、それほどおいしいものではない。
それに前回、何かの料理でお腹を壊したこともあり、生ものは避けたいところです。
c0134569_8544994.jpg

上海では野菜料理が安くてうまいと言います。
確かに、たくさんの野菜を炒めたり煮たりするものは、日本の中華にはないもので少しいけます。
c0134569_8493033.jpg

私があまりうまそうな顔をしていないのに気が付いたのか、現地社員が突然
「近くの店に肉まんの店があって、人が並んでいたから買ってきましょうか」
といって買ってきてくれました。
こんなもの持ち込んでいいのかしらと思いつつも、堂々と開けて見せてくれたので私もいただきます。
c0134569_8515299.jpg

最後に出てきたのが上海蟹。
中国では大閘蟹と書くようです。
これは日本のモズクカニの仲間で今がちょうどシーズンの淡水の川で取れる蟹です。
c0134569_8573471.jpg

これは絶品なんです。
食べにくいし、食べる部分も少ないんですけど、蟹の味が濃くて本当にうまい。
これで一つ1000円ぐらいですが、その価値は十分あります。
このレストランのNo.1でした。
蟹をただ蒸しただけのものですから、これを中華料理というべきではないかもしれませんが。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。







!!!靴みがき!!!
[PR]

by travel-arrange | 2013-11-24 09:04 | 中国 上海

semスキン用のアイコン01 ドイツ軍隊に迷い込む semスキン用のアイコン02

  

2013年 11月 23日

ドイツ マインツの街角。
市電のドアの上にVolksbankと書いてありますね。
広告のようですが、フォルクスはワーゲンでおなじみ、「市民の」という意味でしょうから市民銀行と言う意味でしょう。
c0134569_20382468.jpg

私は学校時代、必修の第一外国語がドイツ語でした。
しかも普通の学生が2年までに終了するところを、なんと4年間もかけて単位をとったという熱心さ。
最近でこそなくなりましたが、ドイツ語の試験に落ちて卒業できないという夢を卒業後何年もみることがありましたっけ。
c0134569_20395831.jpg

そんなありさまですから、ドイツ語は全く読めない聞けない話せない状態です。
c0134569_20405857.jpg

観光地だろうと思って、ある古い建物にづかづか入っていくと何かその建物の中だけが観光地とは異質の雰囲気です。
写真を撮ろうと思いましたが、なんとなくカメラを出しづらい。
後ずさりして、入口の地面を見るとこのマークです。
c0134569_20401366.jpg

これどこかで見たことがあるような。
ナチスのマークであるわけがないし・・・
と調べてみるとこれです↓
ドイツ連邦軍の紋章である鉄十字というんだそうです。
c0134569_20402570.png

この建物ドイツ連邦軍の建物で、その中に入り込んでしまったようです。

どこにも、立ち入り禁止なんて書いてなかったようだけど。
ああ、ドイツ語で書いてあっても読めないんだった。

ドイツの不思議なところは、観光地や博物館であっても説明書きがドイツ語ばかりで英語の表記が少ないこと。
外国人には説明する気がないようです。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-11-23 20:59 | ドイツにて

semスキン用のアイコン01 マインツのもうひとつのステンドグラス semスキン用のアイコン02

  

2013年 11月 19日

ドイツ マインツの街角
c0134569_2010119.jpg

ヨーロッパの街にはこうしたオープンカフェがあって、それはいかにも日本にはないおしゃれな感じがします。
c0134569_20104599.jpg

外でコート着ながらコーヒーを飲んでお話しするのは日本人からすれば、なんでそんな寒いところで・・という感じがしますがそれがいいのでしょう。
c0134569_2012614.jpg

赤い旗の左端に見えるのは、また教会のようです。
c0134569_20111730.jpg

外は寒いですからとりあえず入ってみましょう。
シャガールのステンドグラスがあった教会より大きくて立派です。
c0134569_20125672.jpg

おお、ここにもステンドグラスがありますね。
シャガールのステンドグラスに感動しましたので、ここでもじっくりと。
c0134569_2014132.jpg

ううっ、シャガールを見た後だからでしょうか、貧弱な画に見えますね。
c0134569_20141429.jpg

絵が漫画のようです。
c0134569_20142883.jpg

このステンドグラスの顔、実際どこかで見た漫画のような気がしていました。
作風から作者を探すのはなかなか困難なことなのですが、30分かけて探し当てました。
業田良家という漫画家の絵に似ているんです。
この漫画家の漫画はなかなか魅力的なのですが、このステンドグラスは今一ついただけません。
c0134569_20314457.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-11-19 20:38 | ドイツにて

semスキン用のアイコン01 シャガールのステンドグラス 最終回 semスキン用のアイコン02

  

2013年 11月 10日

ドイツ マインツのザンクト・シュテファン教会にあるシャガールのステンドグラス。
今回が最後です。
何回も写真を撮っているうちに、教会の椅子にカメラを押しつけながら固定して撮るとどうもよさそうなことに気が付きましたよ。

c0134569_1955548.jpg

c0134569_19561414.jpg

c0134569_19565349.jpg

c0134569_1957991.jpg

c0134569_19573222.jpg

c0134569_1957555.jpg

c0134569_19582292.jpg

c0134569_19584172.jpg


教会の中が蒼く光って息をのむ美しさでした。



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-11-10 20:22 | ドイツにて

semスキン用のアイコン01 シャガールはステンドグラス作家でもあった semスキン用のアイコン02

  

2013年 11月 09日

シャガールがステンドグラスを作っていたなんて全く知りませんでした。
日本でもシャガールは人気で、とこどきシャガール展が開かれますが、もちろんそれは絵の展覧会です。
c0134569_19434015.jpg

ステンドグラスは調べてみると、結構あちらこちらにあって、
フランス:ランスのノートルダム大聖堂、メッスのサンテティエンヌ大聖堂
スイス:チューリッヒのフラウミュンスター教会
イスラエル:エルサレム郊外のシナゴーグ
イギリス:ケント州のオールセイント教会
なんてところにあるそうです。
ステンドグラス作家もやっていたのですね。
しかも普通のステンドグラスではなく、シャガールの絵そのもの。

いつものCASIOのコンデジですが、それなりに撮れましたのでご覧ください。
c0134569_19452628.jpg

c0134569_19461273.jpg

c0134569_19462497.jpg

c0134569_1948364.jpg

c0134569_19473482.jpg

c0134569_19475579.jpg


お願い、もう一回引っ張らせてください。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-11-09 19:14 | ドイツにて

semスキン用のアイコン01 マインツ シャガール 蒼の世界 semスキン用のアイコン02

  

2013年 11月 08日

ドイツのマインツ
フランクフルトからドイツ国鉄で30分ぐらいの場所です。
フランクフルトンの展示会でのスタッフとしての仕事ですが、展示会最中は足元を見て市内のホテルがすごい値上がりするのでここに泊まることにしたのです。
移動日の午後半日時間が開いたので、すぐに行けるところを探したらザンクト・シュテファン教会というのが近くにあるようです。
c0134569_19114952.jpg

別に教会の歴史に興味があるわけではないのです。
教会の説明に「シャガールのステンドグラス」と書かれていてちょっと引っかかりました。
(突然今思い出しましたが)私はシャガールが好きでして、学生時代自分の部屋にポスターが貼ってあったぐらいです。
ほほう、ここだな!
c0134569_19144795.jpg

ところが入口がどこかよくわかりません。
人も少ないし。
c0134569_19185094.jpg

もしかして今日はお休みなのでしょうか。
とりあえず建物を回ってみると・・・
ああ、これがきっとステンドグラスなんだな。
しかし外からでは何もわかりません。
c0134569_1914625.jpg

どうも、あそこから人が中に入っていくようです。
c0134569_19192018.jpg

こういう教会は日本の観光寺院のように、 「参拝者受付」とか「拝観料」
なんて看板がないので入口がわかりにくいのです。
しかも扉は常時締まっていて、入る人が開けて入るというもの。
c0134569_19193786.jpg

私も入ってみましょう。
シャガール、シャガール・・・
おおっ 蒼い!
教会の中全体が蒼いんです。
これがシャガールのステンドグラスなのか。
絵とは違って、抽象的な模様を描いたのかなあ。
ちょっと期待していたイメージと違いました。
きっとこの蒼さがシャガールの芸術なんだ。
c0134569_19252159.jpg

なんて自分でストーリー作りながら正面に目をやると。
アッ、これだ!これは紛れもなくシャガールです。
c0134569_19301630.jpg


フッフッフ、
このネタでちょっと引っ張らせてもらいますよ。



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-11-08 19:33 | ドイツにて

semスキン用のアイコン01 成田空港ガラガラ semスキン用のアイコン02

  

2013年 11月 05日

三連休明けの火曜日、
成田空港にやってきました。
今日のフライトは14:55発のCA930上海経由深セン行き。
私は上海までの搭乗です。
それにしても人が少ない。チェックインカウンターも出国審査も、手荷物検査もほぼ素通り状態でした。
今ANAのラウンジにいますがここもお客は全部で十人もいないのではないでしょうか。
c0134569_13375025.jpg

人が少ないのをいいことにいつも遠慮して撮らない写真を、ipadを使ってカシャカシャ。
c0134569_13391835.jpg

今日のお昼は名物ANAそばをいただきましたので、これで一食分助かった。
c0134569_13415796.jpg

なんてことは、このラウンジを使う皆様は考えないことでしょう。

いつも思いますが、ここ、お酒、しかもタダ酒が好きな方には天国のようなところですね。
c0134569_1345388.jpg

もともと一人では基本的に飲まない私ですし、上海に着いたら迎えの人にも会わなきゃいけませんから、ここは蕎麦と、おむすびとコーヒーと、チョコレートぐらいにしておきましょう。
c0134569_1347315.jpg

ああ、それから喫煙室に行ってタバコ吸ってね。
c0134569_13481515.jpg

中国ではこのブログを閲覧することができません。
次これを見るのは名古屋でということになります。
今回は成田ー上海ー名古屋なんです。
先々週はドイツ、今週は上海だなんて、まるで世界を股に掛けるビジネスマンみたいだぞ。
実態は、一食分の昼食がタダになって喜んでいる小さい男ですけど。

それでは行ってきます。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2013-11-05 13:54 | 空港と搭乗