だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2014年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 日本で食べたいのがタイ飯、タイで食べたいのが日本食 semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 30日

明日から12月。
今年は海外出張が多かったです。
1月バンコクとヤンゴン、4月上海、5月上海、6月香港、8月上海、10月上海とバンコクそして明後日からまた上海です。
ということで撮ってきた写真もごちゃごちゃして、どの写真をブログに出していないのか混乱してしまいます。

今日の写真は1月のバンコク、ワットアルン近くのチャオプラヤー川です。
c0134569_19224638.jpg

今日の名古屋は夕方から雨が降ってきて肌寒いですが、今もこの時間バンコクでは暑くて、チャオプラヤー川を吹き抜ける風が心地よいんでしょうねえ。
c0134569_1923023.jpg

タイに住んでいれば、日本の冬が懐かしいし、日本に住んでいればタイの暑さがうらやましい。
日本で食べたいタイのタイ飯、タイで食べたい日本の日本食。
人間の気持ちはへそ曲がりですね。
c0134569_19231897.jpg

是非来年は仕事ではなくて休暇でバンコクやチェンライに行きたいものです。
c0134569_192356100.jpg

さて果たして今日の写真、すでに出した写真があったでしょうか。
撮ってきたのが自分自身だから行ってきた順番に出さないと、どうもわからなくなってしまうんですよ。
c0134569_19233679.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-11-30 19:33 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 バンコクの鴻恩提灯 semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 29日

バンコクの下町。
といってもBTSプラカノン駅からすぐのところなんですが。
何をやっているのでしょうか。
サワッディークラップ、と挨拶をして、写真を撮っていいか聞きます。
上半身裸のおじさん、返事はしませんが、頷いてくれた感じ。
c0134569_23105856.jpg

こりゃ提灯に紙を貼っているんですね。
鴻恩
鴻恩という熟語の意味は知りませんが、「鴻」という漢字は知っていました。
私の出身高校は古い学校でして、その時代がかった応援歌の中に「燕雀何ぞ巣を出でし鴻鵠の意図知らんかな」という歌詞があったんです。
意味は未だによくわかっていないんですが、全部覚えさせられたんです。
c0134569_2311493.jpg

糊をつけた紙を提灯の骨組みに一枚張ると、乾かします。
c0134569_23142023.jpg

漢字の提灯を作っているのですから、この方は華僑なんでしょうね。
タイにやってきたのは先代でしょうか先先代でしょうか。
バンコクの文化の中ですが、仲間の華僑のために華僑の文化を維持しています。
c0134569_2315181.jpg


鴻恩ですが、調べてみました。
大きな恩恵。大恩。という意味だそうです。

私ももちろんですがこんな熟語を使う日本人はもういないでしょうね。

「仇討禁止令」より 著者:菊池寛
身命を賭して土佐兵を撃ち退け、徳川家長久の基《もとい》を成せば、お家繁盛のためにもなり、御先祖以来の御鴻恩《ごこうおん》に報いることにもなるではないか。土佐兵の恐い臆病者どもは、城に籠って震えているがよい....



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-11-29 23:35 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 バンコクの小さな運河でたそがれる semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 26日

バンコクの運河
子どもが上流から流れてくるお供えの花を取ろうとしています。
子どものしぐさをを見ていて、フッとある種の懐かしさを感じたんです。
c0134569_6595930.jpg

ああ、自分にもあんな時代があったなあ。
流れてくるものが本当に欲しいんじゃないけれど、取ってみたいという好奇心だけでわくわくして、工夫しながら捕まえようとする楽しさ。
やっている最中には、夢中になって服が汚れることや、親に怒られることも忘れているんだけど、心の底には終わって家に帰れば必ず家族と夕ご飯が待っているという安心感がある。
c0134569_71783.jpg

何をやっていても、親をはじめとする周りの人たちの庇護に包まれている安らぎ。
そんな昔の幸せな感覚に引き戻されたようでした。
c0134569_722358.jpg



今日のブログを書きながら、そうか、今はその庇護してくれた親を自分が庇護するときなんだと、
先ほど、遠くで一人で暮らす老いた母に久しぶりに電話をしたところです。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません

モノクロはこちら
[PR]

by travel-arrange | 2014-11-26 22:06 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 カブトガニは食べ物(のはず) semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 25日

さて海辺の市場、亀が売ってりゃカブトガニもある。
日本では天然記念物ですが、天然記念物だから食べないというより、形が薄気味悪くて食べようと思いませんよね。
c0134569_21554986.jpg

以前、カブトガニはその卵を食べると聞いたことがありますが、外から見る限り卵は抱いていない模様。
左上の白いトレーに入ったものがヒントになるかも。
香辛料や、甘辛タレ(想像)がいっしょにパックされていますね。
香草や唐辛子と一緒に煮て、タレをつけて食べるのでしょうか。
c0134569_2156299.jpg

これもタンブンで逃がしてあげればいいのに。
c0134569_21561314.jpg

ただし、生きてるかどうかは定かではありませんでした。

犬山の紅葉
[PR]

by travel-arrange | 2014-11-25 07:54 | バンコクの市場

semスキン用のアイコン01 タイ人は亀を食べるか、食べないか semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 24日

バンコク湾にほど近い市場。
魚介類がたくさん売られています。
c0134569_1546577.jpg

イカが多いです。
近海でイカがたくさん取れるのでしょうね。
c0134569_15462627.jpg

網の下にいる生き物が動いています。
重しを載せてあるということは重しがなければ逃げて行ってしまうということ。
カメです。
タンブン用に買って逃がすために置いてあるのか。
それとも。
c0134569_15465727.jpg

蟹を食べるのはわかるんです。
蟹はタイ語でプー、有名なプーパッポンカレーは
プーปู=蟹。パッ(ト)ผัด=炒める。ポンผง=粉。カリーกะหรี่=カレー
ですからね。
c0134569_15474711.jpg

亀はタイ語でเต่า タゥ なんだそうです。
料理の名前にタゥが付くものがあるんだろうか。
c0134569_15471273.jpg



タイ人の奥さんがいると思われる方のブログにこんな記事がありました。(現在ブログは休止中の様子)

「市場の食べ物を売っている場所でこの亀を売っていたから亀を食べるのだと思った。
おかしいな?と思いながらも亀の写真を撮った。家に帰ってタイ人にこの亀を食べるのかと聞いた。
「食べないわよ。タンブンよ。」と一笑にふされた。
さらに彼女は続けた。
「肉なんかないわよ」
食べないのに亀に肉がないとどうして知っているのか?
不思議な女だ。」




にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-11-24 16:16 | バンコクの市場

semスキン用のアイコン01 サワディークラップの国でミンガラバー semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 21日

スワナブーム空港をひたすら南に南に行くと海にぶつかります。
ここはそのあたりのバンコクと言えども超ローカルなタラート(市場)。
(地名がわからないのでこんな書き方しかできません)
c0134569_21215171.jpg

タイではどこにでもあるタラートですけど、海が近いですから、海産物が主体です。
c0134569_2122411.jpg

お姉さんたちが集まってイカをさばいているようですね。
同行しているタイ専門家が突然お姉さんたちに声をかけます。
「ミンガラバー!」
あれ、その言葉なんだっけ?
お姉さんたちはいっせいに笑顔に。
c0134569_2122192.jpg

ははあ、このお姉さんたち、ミャンマーから来ている人たちのようですね。
確かに顔にタナカをしている。
c0134569_21223127.jpg

ミャンマーもだんだん安定してきているから、きっといずれ祖国に帰る日がやってくることでしょう。
c0134569_21224679.jpg

写真撮らせてくれてチェーズテンバレー(ありがとう)

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-11-21 21:40 | バンコクの市場

semスキン用のアイコン01 実用版 バンコク 東バスターミナル 時刻表 semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 18日

今日は保存版、バンコク東ターミナルの時刻表です。
これを見ればエカマイのバンコク東バスターミナルからバスで行ける先と時刻がわかります。
c0134569_20435956.jpg

例えば下の時刻表の一番上の行、タイ語を抜かして書くと
EKAMAI-PANOMSARAKAM  115  122  3  5:00-21:00  1
すなわちエカマイからパノンサラカム行き
その後の115と122の二つの数字の意味はよくわかりません。
料金だと思うのですが、子供料金、大人料金かな?
その後の3は所要時間、5:00-21:00まで1時間ごとに出発します、という意味ではないかな。
(解釈が違っていたらごめんなさい)
c0134569_204499.jpg

実は今日の写真、時刻表と銘打っていますが、出したかったのはまたトイレの標識。
下の写真の下の方にあるでしょ。
これは男も女も両方赤色。
やっぱり色で男女の区別はないようです。
c0134569_20442059.jpg

私もここからバスでどこかに行きたい。
c0134569_20443015.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-11-18 20:58 | バンコクの乗り物

semスキン用のアイコン01 体の線は少し崩れているけど、滑らかな線が美しい semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 17日

今回バンコクで泊まったのはBTSのプラカノン駅前。
隣のエカマイ駅の近くにパタヤ方面に行くバスのターミナルもあります。
c0134569_2025195.jpg

バスに乗って旅する時間はないけれど、ターミナルを見物しておきましょう。
実際自分が乗るときには、荷物はあるし時刻表を見たり、切符を買ったり、乗るバスを探したりしてターミナルの写真を撮る余裕がないものですが、乗らないとなるとそのあたりは気が楽。
あちらこちら余裕で写真を撮っていられます。

ということで目についたのがターミナルの端に泊まっているトラックです。
もう相当なお年寄りで体の線が崩れているけど、ボンネットの滑らかな線が美しい。
c0134569_2034757.jpg

生きているんでしょうか?
タイヤは古いけどパンクはしていないようだし。
荷台に乗っているのもゴミではないようですね。
c0134569_2051244.jpg

プレートがないからメーカーもわかりません。
形からして古いアメリカのトラックのような気がしましたが、右ハンドルだから違うでしょうね。
それにしても50年以上経っているのではないでしょうか。
ここまで働いて役に立っている姿を、このトラックを作った人に見てほしいものですね。
c0134569_20212036.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-11-17 20:28 | バンコクの風景

semスキン用のアイコン01 これはいい!タイのお土産パッションフルーツジュース semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 11日

まだまだバンコク編は続く予定ですが、帰国後の一枚の写真が本日のネタ。
ホテルの隣に日本のマックスバリューがあったのです。
正確に言うと通常簿スーパーであるマックスバリュの売り場面積を小さくしコンビニエンスストアを一回り大きくしたマックスバリュタンジャイ(MaxValu Tanjai)
買い物に行く時間もなかったのでここで名古屋の単身赴任の私のためにバカなモノ買ってきました。

M-150を代表とする栄養ドリンクと缶ビールとジュース。
まだほとんどが冷蔵庫に入っていますが、期待していなかった割にヒットだったのが、紙パック入り ザクロ100%ジュースとパッションフルーツ100%ジュース。
c0134569_20592519.jpg

日本でもザクロジュースはたまに見かけますが、パッションフルーツは見たことがありませんね。
タイのジュースですから甘いのですが、冷やすと甘みが薄くなり酸っぱくてうまい!
c0134569_20443463.jpg

ちなみにマックスバリュには日本の調味料なども売っているし、何しろ値段もセブンより少し安い。
例えばコンビニで買うと1本10バーッ(33円)のM-150は9バーッ(30円)
ねっ、安いでしょ。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-11-11 21:01 | バンコク 物の値段

semスキン用のアイコン01 タイの常識 女は青色、男は赤色 semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 10日

私のこのブログ、7年以上もやっていると書く内容にある種の傾向が見えてしまうわけでして。
ブログは人を表すなんて言う言葉が、そのうちに諺になるかもしれません。

自分でこの記事内容の統計を取ったことはありませんが、必ず上位に出てくるであろう内容が旅先のトイレの話。
今日も今まで何回か書いた、トイレの男の色と女の色についてです。

日本人は小さいころから男は青で、女は赤という色付けが刷り込まれているに違いないのです。
そしてそれが常識だと思い込んでいます。
幼稚園で子どもが男を赤で表し、女を青で表すような絵を描いたら、先生は、「これはおかしいよ」と注意するに違いありません。

ですからこんなトイレの標識があると完全に面喰ってしまう。
バンコクのレストランのトイレの標識。
もしこの標識にWOMEN MANと書かれていなかったら日本人は十中八九間違った方のトイレに行くに違いありませんね。
c0134569_20495590.jpg

ちなみにタイでは男が赤で女が青という常識なわけでもありません。
男も女もそのカラーは黒でもない赤でもない黄色でもない緑でもない。
要は決まっていないんです。

なぜ、このトイレの標識の色のことに私がこれほどこだわっているのか?
それは私が元来へそ曲がりで、常識と思われていることが常識ではなかったことを発見すると、それ見たことかと嬉しくなってしまうからです。

もしどこかの国(例えばスコットランド)で、スカート(のように見える)の印が男を表していたりしたら、私は狂喜乱舞してしまうでしょう。

昔、学校の先生に食ってかかったことがありました。
問題:次のカッコ内の数字を答えよ  1,3,5,( )

先生の答え:7

私の答え:1,2,3,4,5,6のいずれでもよい。なぜならこれはある人がサイコロを振ったときの出た目の数字を順番に書いたものだと考えることができ、次の目は1から6までのいずれかであるから。
この時先生に褒められていたら、私ももっとましな大人になったことと思うんですが。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。





↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません
[PR]

by travel-arrange | 2014-11-10 21:14 | バンコクの風景