だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 働くトラクターと働く子ども+ラジウス semスキン用のアイコン02

  

2010年 04月 03日

ネパールで街中にトラクターを見かけることがあります。
日本でしたらトラクターは農業専門の機械ですが、エンジンで動く牽引車ですから色々なことにつかえます。
それに何といっても小回りが利きますからね、せまいカトマンズではぴったりです。
工事現場に砂利を運搬するトラクター。
c0134569_1791355.jpg

ここではこれから道の舗装をするようです。
c0134569_1793378.jpg

ドラム缶の中はコールタールでした。
c0134569_1794675.jpg



工事現場では大人たちに混ざり、いやむしろ肉体労働は子どもたちがやっています。
これもネパールに残るカーストのせいなのでしょうか。
街中でそろいの制服を着た子供たちを多く見かけるカトマンズで、こういう働く子どもたちの姿を見ると心が痛みます。きっとこのような境遇の子どもたちを見ると、私も含めてほとんどの日本人は心が痛むんです。
c0134569_17104367.jpg

私は世界と比較したときに今の日本が格差社会だとはまったく思いません。
むしろ行き過ぎた平等主義ではないかとさえ思います。
しかしこれは日本人が自分のまわりの人が幸せでなければ、自分も幸せになれないと感じる傾向が強いからだと思います。
日本は日本人の意思で、貧乏な人も少ない、だけどお金持ちも少ない社会にしてきたんでしょうね。
c0134569_17105259.jpg


また理屈をこねてしまいました。
閑話休題
カトマンズの町で見つけたラジウス。
灯油を付属のポンプで加圧してガス化させて火力にするストーブです。
昔学生のとき山登りでこれを使っていました。形はその頃からまったく変わっていません。
燃料は灯油ですから、こぼれても引火することがなく安全ですし、灯油を気化させて火をつけますから火力も強いんです。
c0134569_17112193.jpg

この灯油式のラジウスに対して、ガソリンを使うものをホエーブス(通称ブス)と言っていました。
私のクラブでは安全面からブスの使用は許可されていなくて、もっぱらこのラジウスばかり。
カトマンズでは今でも街中で現役のコンロとして使われています。
c0134569_17113718.jpg


blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
                    コメントもお待ちしております。↓
[PR]

by travel-arrange | 2010-04-03 17:54 | ネパール カトマンズ