だまされたっていいんだよ

tratra.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 バンコクで究極の欲望を満たす体験を semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 11日

ここはバンコクの歓楽街として有名なパッポンの近くの路地です。
私は最初このパッポンと言う名前を耳にしたとき大きな勘違いをしていて、ニッポン人が行く歓楽街だからタイの中でパッポンといわれているのだと思っていました。

初めて聞いても何かの隠語のような淫靡な感じがする名前ですね。
実際はパッポンは中国系タイ人のパッポンパニッチ一族の名前なんだそうです。

このあたりは、お姉さんたちが水着姿で踊っているゴーゴーバーや、外国人観光客相手のぼったくり夜店や、偽物ブランド屋がたくさんあります。
c0134569_2274051.jpg

私はブランド物に興味が無いのですが、このルイ・ヴィトンもどきのゴルフバック、
ここまで”私はルイ・ヴィトンじゃないです”と主張するデザインであれば、日本の税関もパスするような気がしますがどんなもんでしょうか?
c0134569_2210033.jpg

淫靡なバーの看板。日本語が読めるお客さん、いらっしゃいまーせー。
タイの街角で突然、この日本語が目に入るとびっくりしますね。
この看板をじっと読んでいる自分にはっと気づきあたりを見回して、そうか外人には読めないんだと少し安心して胸をなでおろしたりして・・・
c0134569_2214187.jpg

昼間の裏通りも楽しいものです。
c0134569_22184018.jpg

タイトルをご覧になって来て、見て、がっかりされた方、ごめんなさい。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
↑読み終わったらぜひワンクリックをお願いします。
            コメントもお待ちしております。↓

[PR]

by travel-arrange | 2008-04-11 22:39 | あやしいタイ